6月23日から開催されるフランス映画祭の団長に、リュック・ベッソンが決定しました。通年団長は大物女優が選ばれることが多いのですが、今年は男性監督です。ニキータ、グラン・ブルー、レオン、フィフス・エレメント、ジャンヌ・ダルク、TAXIなど、フランス映画好きではない人でも良く知られた作品を制作しています。

フィフス・エレメントは監督が子どもの頃から暖めていたSF作品ですが、この資金調達のために低予算で別の作品を作り、この収益を利用して撮影する事にしました。この低予算で作成された映画が有名な「レオン」ではないかと思われます。

リュック・ベッソン
1959年生まれ。スキューバ・ダイバーだった両親に連れられ世界各地を転々として育つ。17歳の時にパトリック・グランペレの短編映画制作に参加し、映画界入り。エキストラを含むあらゆるポストについて映画制作を学び、モノクロの近未来SF短編『L’Avant dernier』(81)で監督デビュー。

1983年には初長編『最後の戦い』を発表。続く『サブウェイ』と、海洋映画『グラン・ブルー』で世界の映画ファンの心を掴む。90年代には、『ニキータ』(90)と『レオン』(94)、『フィフス・エレメント』(97)、『ジャンヌ・ダルク』(99)など時代の要望を見据えたスタイリッシュな話題作を立て続けに発表し、フランスの娯楽映画を力強く牽引。

2000年以降は、プロデュース業と執筆を中心に活動。製作した「TAXi」と「トランスポーター」は仏製アクション映画の水準を大幅に引き上げるヒットシリーズに。若手育成にも力を注ぎ、2001年に設立したヨーロッパ・コープは年間4本から8本の作品を発表し続ける。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-8-7

    フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  3. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  4. espace sans tabac

    2015-7-15

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  5. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  6. 2011-7-11

    フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  7. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る