ロシア、東京オリンピックも標的に?

イギリスとアメリカの政府関係者は悪質なサイバー攻撃がロシア軍参謀本部情報総局GRU74455部隊によって行われたと発表しています。

2015年から19年にかけて国際エネルギーセクター、国際エネルギーグループ、病院、オリンピックなども標的にしています。
東京オリンピックの組織関係者、物流業者、スポンサーが標的の対象になりました。

5年前のドーピング疑惑以来国際スポーツ団体を標的にしているといわれており、東京オリンピックはその最も新しい例だと言うことです。
ウクライナ、ジョージアの不安定化、フランス選挙、平昌オリンピックの妨害を助け、北朝鮮や中国の仕業に見せかけたと言います。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  4. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  6. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  7. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る