第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース (Aperitif 365 in Tokyo)

ギャルソンレースは、1930年代からパリで開催されていたギャルソン(ウエイター)達で行われるレースで、スピードだけでは無くバランス感覚も必要です。このレースがアペリティフ365に合わせて日本で始めて開催されました。

グラスに注いだビール、空のビン、ワインオープナーをトレイに載せ、これを持って約400メートルを競います。ルールは比較的単純で、ビールがこぼれないこと、ボトルは落としても倒しても良いけれど割らないこと、競技中グラスやビンを手で持って走らないこと。(パリなどでは違ったルールのようです)

代官山を中心に60名ほどのウエイター(ウエイトレス)が集まり、4人毎レースをします。各レースで1位の人が準決勝戦を戦い、最終決戦で1,2,3位を決めます。

何しろ第1回目と言うこともあり、参加者も良くわからないようです。ふつうに歩けば、400メートル程度は完走できるはずですが、競争ですのでなかなか白熱します。早歩きより早く、競歩の様なスピードです。

予選は、すべての人が初めてと言うことで、比較的落ち着いていましたが、準決勝戦はかなり白熱しました。ゴール寸前で焦って、ビンを落として割ってしまったり、ビールが完全にこぼれてしまったりと、参加者もビールでびしょびしょになってしまったりと、来場者もだんだん応援に熱が入ってきていました。

準優勝した方は、15年前にパリで行われているギャルソンレースをテレビで見て以来、参加したかったそうです。

第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース 参加者

第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース

クローネンブルグ グラス

クローネンブルグ

クローネンブルグ

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  4. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  6. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  7. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る