第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース (Aperitif 365 in Tokyo)

ギャルソンレースは、1930年代からパリで開催されていたギャルソン(ウエイター)達で行われるレースで、スピードだけでは無くバランス感覚も必要です。このレースがアペリティフ365に合わせて日本で始めて開催されました。

グラスに注いだビール、空のビン、ワインオープナーをトレイに載せ、これを持って約400メートルを競います。ルールは比較的単純で、ビールがこぼれないこと、ボトルは落としても倒しても良いけれど割らないこと、競技中グラスやビンを手で持って走らないこと。(パリなどでは違ったルールのようです)

代官山を中心に60名ほどのウエイター(ウエイトレス)が集まり、4人毎レースをします。各レースで1位の人が準決勝戦を戦い、最終決戦で1,2,3位を決めます。

何しろ第1回目と言うこともあり、参加者も良くわからないようです。ふつうに歩けば、400メートル程度は完走できるはずですが、競争ですのでなかなか白熱します。早歩きより早く、競歩の様なスピードです。

予選は、すべての人が初めてと言うことで、比較的落ち着いていましたが、準決勝戦はかなり白熱しました。ゴール寸前で焦って、ビンを落として割ってしまったり、ビールが完全にこぼれてしまったりと、参加者もビールでびしょびしょになってしまったりと、来場者もだんだん応援に熱が入ってきていました。

準優勝した方は、15年前にパリで行われているギャルソンレースをテレビで見て以来、参加したかったそうです。

第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース 参加者

第一回クローネンブルグ杯 ギャルソンレース

クローネンブルグ グラス

クローネンブルグ

クローネンブルグ

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial