自治体の観光スポットにあるマルセイユ港のデータセンター

大きすぎる、エネルギーが多すぎる…市内の港にあるコンピュータデータを保存および共有するこれらの巨大なセンターは、マルセイユを世界で5番目のインターネットハブにしています。自治体の問題:それは都市とその住民に何ももたらさないだろう。

自治体の観光スポットにあるマルセイユ港のデータセンター – powered by Happy Scribe

マルセイユ港には、数千個の金属製キャビネットが保管されています。これらのインフラを管理しているのは、デジタル・リアリティ社のマネージング・ディレクター、ファブリス・コキオです。

サージェントプールからマルセイユ、あるいはマルセイユからシンガポールまで、データパケットを115ミリ秒、0.11秒で送ります。例を挙げましょう。シンガポールや東京、ボンベイにいる友人が、あなたのインスタグラムのページを見たいと思うでしょう。

1棟16メガワット、2万5千人都市に匹敵する電力を持つ3棟。データセンターはエネルギーとスペースを消費する。この港湾地区には土地が少ないので、自治体としては他のプロジェクトも開発したい。

データセンターを建設するために、経済的に有用な土地を無条件で、しかもマスタープランなしに植民地化するようなことが行われているのです。

Sébastien Barleはマルセイユの副市長で、エコロジー移行を担当しています。

データセンターは確かに非常に大きな土地を占有しています。現在では3万平方メートルもあります。さまざまな事業者がデータセンターの設立を何十件も要請していることがわかります。確かに、これでは雇用はほとんど生まれません。デジタル社会がこれを指示するようなことは、まったくありません。なぜなら、そうしなければ、仲裁の問題が発生するからです。

用途の衝突Cap Nord Entreprendre協会のAlexandre Faci氏によると、マルセイユでは、これらのデータセンターが市の北部地区の発展にとって戦略的であることから議論が始まっている。

この地域には、官民合わせて7,700人の経済プレーヤーがおり、毎日9万人近い人々が働いています。そして実際に、中小企業だけでなく、大規模なグループや、この地域に関心を持つ多くの投資家からの要望も絶えません。データとデータのセキュリティの問題は非常に重要です。情報の流れは非常に重要であり、セキュリティの確保が必要です。データセンターの役割は重要で、確かにスペースを取っている。

また、自治体は、データセンターのストレージ容量に応じた課税を推進しているが、Fabrice Coquillot氏は、これは考えられないという。

データセンターは、固定資産税や事業所税など、すでに重税を課せられています。このような形で課税するのは、世界でもフランスだけだろうと思います。個人的には、1平方メートルや1ギガビットのデータに課税するよりも、領土に富を生み出すことが問題だと考えています。

もし、このような税が導入されるとしたら、それはヨーロッパレベルだろう。マルセイユの選出議員も、ブリュッセルにアイデアを出している。また、ドイツと同じように、エコ条件を提唱している。再生可能エネルギー100%のデータセンターで、廃熱を回収するシステムを導入する。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks