軌道上のデータセンター?

タレス・アレニア宇宙衛星製造の専門家は、「地球軌道へのデータセンターの設置」に関する「信頼性調査」を実施するために欧州委員会によって選ばれました。EUの目的は、ますます多くのエネルギーを消費し、環境への影響が大きな問題になりつつある陸上コンピュータサーバーファームの急増を食い止めることです。

私たちのデジタル世界は長い間「インフォベシティ」の影響を受けており、インターネットを通過するデータが多すぎて、常に保存および管理する必要があります。これまで、ハイテクメーカーは、運用ニーズと何千ものコンピュータの冷却のために化石燃料から電気を頻繁に飲み込むデータセンターを倍増してきました。

しかし、気候とエネルギー危機には、欧州委員会は、グリーンディールまたはグリーン協定と題した計画の一環として、これらのエネルギー集約型構造の環境フットプリントを制限することを決定しました。このプロジェクトは、地球の周りの軌道上の衛星データセンターで構成されます。フィージビリティスタディは、フランスとイタリアの実業家タレス・アレニア・スペースに委託されました。この軌道コンピュータサーバーの星座は、ソーラーパネルで駆動されると、宇宙の専門家であるRFIのジャーナリストであるサイモン・ロゼのマイクで、タレスグループの技術部門のイヴ・デュランドは言います。

地球と宇宙の間のデータ伝送:「大きな問題はありません」とタレスは言います

「サーバーセンターが使用するコンピュータシステムは、宇宙環境にうまく適応し、宇宙と地球の間の軌道に格納されたデータの送信は大きな問題ではありません。デジタル情報交換はケーブルを介して地上で行われますが、宇宙ではこれらのリンクは光ビームを使用して行われます」と続けるイヴ・デュランドは言います。「コンテリア、軌道サーバーはコンピュータラックの形で自分自身を提示し、モジュールに配置され、タレスがかなりうまく習得するロボット宇宙システムを使用して宇宙に直接組み立てられます。」

イヴ・デュラントは次のように付け加えます。「このサーバーの星座は、重くてかさばるバッテリーなしで行うために、太陽によって永久に照らされた軌道に配置されます。宇宙環境の利点は、スペースが限られていないことですが、この実現可能性調査では、データ重複の必要性と、これらの軌道サーバーの冗長性にも焦点を当てており、適切な機能を確保するために最適化されたメンテナンス手順が必要です。」

地球外クラウドコンピューティング

この実現可能性調査はアセンドと呼ばれています。この頭字語は、フランス語で「ヨーロッパのデータ主権と正味ゼロエミッションのための高度な宇宙クラウド」の略語です。タレス・アレニア宇宙グループは、欧州委員会によって、「軌道上のこれらの新しいインフラストラクチャに関連する炭素排出量は、地上データセンターによって生成される排出量よりも低い」ことを実証する任務を負っています。

約16ヶ月続いたこの研究は、プロジェクトに関連するヨーロッパのハイテクおよび宇宙メーカー、この地球外クラウドコンピューティングの操作性も保証する必要があります。

[ja] 軌道上のデータセンター? – powered by Happy Scribe

私たちのデジタル社会は、インターネットを通過する膨大なデータを常に保存し、管理しなければならない肥満状態に陥って久しいです。これまで、ハイテク産業はデータセンターを増設し、その運用と数千台のコンピュータを冷却するために、主に化石燃料による電力を消費してきました。しかし、気候・エネルギー危機の結果、欧州委員会はグリーンディール計画の一環として、これらのエネルギー集約的なIT構造物の環境フットプリントを制限することを決定したのです。このプロジェクトは、地球を周回する軌道上にデータセンターを設置するものです。このたび、イタリア・フランスのメーカーであるタレス・アレニア・スペース社にフィージビリティ・スタディを委託しました。タレスグループ技術部のイブ・デュランは、「この軌道上のコンピュータサーバー群は、ソーラーパネルで電力を供給します」と、宇宙専門誌「Simon Roser」に語っている。

データセンターは地上の空間と相性がいいのです。これらのデータをケーブルでやり取りするのですが、宇宙では光回線を利用することができます。これはコンピューターラックをモジュール化したもので、私たちが得意とする宇宙ロボットを使って組み立てることができます。電池がいらないように、常に太陽に照らされる軌道を目指します。宇宙空間では、余裕がある。しかし、アーキテクチャーの面では、二重化、冗長化、メンテナンスなどの必要性を考慮しなければなりません。

このフィージビリティスタディを「Ascent(アセント)」と呼んでいます。Advanced Space Cloud for European Data Sovereignty and Zero Net Emissionsの頭文字をとったものです。タレス・アレニア・スペースのグループは、これらの新しい軌道上インフラに関連する炭素排出量が、地上のデータセンターで発生するものより少ないことを実証する責任を担っています。この研究は約16ヶ月間行われ、このプロジェクトに参加するヨーロッパのハイテク企業や宇宙産業のパートナーに、まもなく宇宙で展開されるこの地球外クラウドコンピューティングの運用性を保証しなければなりません。また、質問や提案があれば、複数形のアロベースやrfi frの技術を使ったニュースを書いていただければと思います。

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20221126-des-centres-de-donn%C3%A9es-sur-orbite

Antenne France
Antenne France
記事本文: 748
Enable Notifications OK No thanks