障がい者向けデジタルコーチ

フランスの新興企業が、精神障害者や認知障害者を企業に取り込むためのコンピューター・アプリケーション一式を開発しました。

フランスでは、100万人以上の自閉症スペクトラムや知的障がいを持つ人々が暮らしており、これらの障がいを持つ子どもの8割が学校に通えず、成人の9割が障がいを理由に職場に行くことができません。この排除によって、彼らやその家族は社会的に孤立し、目に見えなくなってしまうのです。

このような背景から、スタートアップ企業であるAuticielは、2013年に携帯電話やタッチスクリーンタブレット向けのさまざまなデジタルアプリケーションを開発することを決定しました。Auticiel社の社長兼創設者であるSarah Cherruault氏は、「これらの機器は、自閉症の人々の企業への参加を促進する効果があることが証明されています」と説明します。

“私たちは主にタブレット端末に特定のアプリケーションを展開しています。これらのソフトウェアは、この携帯端末を、私たちが障害補償ツールと呼ぶものに変えてくれます”。「例えば、言葉が不自由な方には、音声合成や絵文字を使い、表現できるようにします。私たちの小さなプログラムは、日常生活をより簡単にするための簡易チュートリアルも提供しています」とサラ・シェルオーは付け加えます。

この原則は企業にも当てはまる、とAuticielの創業者は言う。

専門的な活動の実践においても、同じ原理が適用され、ソフトウェアは、例えば、仕事の一日の詳細なスケジュールを与えることによって、タブレットのユーザーをガイドします。これは、私たちが支援している人々の多くが時間の区別がつかず、この時間管理の欠如が仕事をする上で大きなストレスになっていることを考えると、非常に重要な情報だと思います。また、デジタルアシスタントは、機械の使い方を指導したり、同僚との接し方をアドバイスするなど、お客様のニーズに合わせた教材を配信しています。このデジタルツールは、日常生活に完全に溶け込み、その人のプロファイルに完全に適応して、あらゆる困難の克服を支援します。

より速く、より自律的に

神経科学の研究者、技術者チーム、医療・教育分野の専門家からなる科学委員会と密接な相乗効果を発揮しています。このコ・イノベーションと呼ばれる開発プロセスにより、オーティシエルの最新デバイス「アビレオコーチ」が開発されたのです。

タブレット端末とユーザーのプロファイルに合わせたソフトウェアで構成されるこのシステムは、1年半にわたって企業での実環境でテストされました。このデジタルコンパニオンは、専用のコンピューターサーバーに常時接続されており、スーパーバイザーのリモートサポートも容易に行えます。このプロジェクトのテスト段階は、CNRSの科学的調査によって検証され、障害者労働者が非常に早く、自立して専門的なスキルを身につけることができることが示されました。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20220910-un-coach-numérique-pour-personnes-en-situation-de-handicap

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks