ファッション:キャットウォークにスポットライトを

スポットライトで覆われた金属のアーチ、花輪や伝統的なランタンに混じった小さなランプ…アフリカのファッションショーは照明に大きな賭けをしている。LEDのおかげで消費電力が少なく、光の蕩尽。ファッションとアクセサリーのデザイナー、サラ・コドヨがLife hereに登場です。

[ja] ファッション:キャットウォークにスポットライトを – powered by Happy Scribe

アフリカここでの生活

そして、アフリカのファッション・キャットウォークの常連がその線上にいるのです。サラ・コジョこんにちは。

Nathalieさん、こんにちは。

今朝は、モデルではなく、ファッションショーにおける光の使い方に興味があるようですね。

そう、ドレスや衣装、帽子やジュエリーを発表するのと同じくらい、重要な存在になっているからです。アクティビティや作品を設置する際、照明が最も重視される分野となっています。スポットライトで覆われた巨大なアーチ、吊り下げられたピラミッドや花の滝、長い編み目模様、小さなランプ、伝統的なタッチの巨大なランタン、時にはモデルが通過するたびに細部が光るチェーンなど、ますます複雑な照明構造が使用されるようになりました。

サラは?この光の使い方は、実は都市部で増えていることを真似たものです。

そう、例えばナイジェリアでは、年末のお祭りのたびに、街の大通りにレゴや宮殿、お姫様、アフリカヤシの木、伝説の動物たちが、色とりどりのLEDを使ったストリングライトだけでデザインされ、花開くのだ。これらは、毎年何千人もの観光客を魅了する本物のアトラクションです。

だから、このライトは南アフリカのファッションウィークのランウェイでも重要な要素になっている。

確かに南アフリカでは、ライトアップによってパレードが非常に近未来的な印象を受けます。デザインは、時々、完全にマトリックスの映画から来たという印象を受けます。また、ショーによっては、モデルがライトバーをアクセサリーとして持って歩いているようなものも行われます。

サラ教えて!これってエネルギー効率悪いよね、2022年ではかなりリーズナブルなんだけど。

と言われるかもしれません。ナタリー…醜いのは、美しいヴィシーだ。エコロジーとエコノミーを両立させたこの照明は、中国からの大量輸入により、トレンドから欠かせない存在になりました。当初は非常に高かったコストも、供給が需要を上回ったことで低下している。輸入業者は今、形や柔軟性、リードタイムの使い方、さらに品質の面でも競い合っている。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/la-vie-ici/20220224-mode-pleins-feux-sur-les-podiums

Default image
Antenne France
Articles: 652