ロシアによるウクライナ攻撃までの4カ月間

ロシアのウクライナ侵攻の起源は数年前に遡るが、モスクワとキエフの軍事的エスカレーションにおいて、この4ヶ月は極めて重要であった。事実の再認識

昨年11月、ウクライナ国境での異常な軍隊の動きがアメリカを心配させ、元駐ロシア大使のウィリアムズ・バーンズを派遣し、クレムリンの情報機関と話をさせた。11月2日です。キエフ政府は今月末までに、9万2千人のロシア軍が国境に集結し、ロシアの弾道ミサイルが保管されていると推定している。

11月15日より、黒海でのプレゼンスを強化し、演習を実施した。ウラジーミル・プーチン、エマニュエル・マクロンと電話で「挑発」。

12月、挑発と交渉

12月初め、プーチンは要求を発表した。2つの条約を準備しているNATOにウクライナが加盟しないことの保証と、旧ソ連圏の国々からNATO軍を撤退させることだ。ロシアの指導者は、国境にそのような軍隊を置くことを常に拒否してきたのである。同時に、ジョー・バイデンは侵攻した場合の制裁の脅威を振りまいている。ロシアのガス輸出に極めて戦略的なガスパイプライン、ノルド・ストリーム2が「レバレッジ」として使われる可能性があるのである。

 

その10日後、モスクワは軍事演習のためにベラルーシに兵士を派遣し、クリスマス前後にはNATOが同盟に加盟している東欧諸国の軍を強化する。

メールマガジン購読

ワシントンは8,500人の部隊を厳戒態勢に置いた。モスクワはウクライナ近郊とクリミアで新たな作戦を開始した。1月14日から16日にかけて、キエフがロシアのハッカーによるとする大規模なサイバー攻撃があり、ウクライナの機関紙、過激派、メディアのサイトに影響が及んでいます。

2月:協議が加速

2月2日、2月中旬のロシアとベラルーシの軍事演習の発表後、ワシントンは3,000人の兵士を東ヨーロッパに再配備し、同時に当事者は非常に激しい外交の連続を開始することになる。毎日の電話、ウクライナとモスクワへの出張、それは今日、「嘘つきポーカー」の連続と言える。プーチンは熱くなったり冷たくなったり、ある日は平和を約束し、次の日には戦争を約束した。当時のアメリカの声明は、非常に警鐘的なものだった。

その5日後、プーチンはフランス大統領と会談した後、妥協する用意があると言い出した。NATOは欧州における新たな武力衝突の現実的な危険性を主張し、フランスはルーマニアへの軍事的な援軍の可能性を発表した。

2月中旬、クレムリンはウクライナ国境への軍の一部撤退を発表し、これらの軍が残ることに疑問はなかったと説明するが、NATOとワシントンは、デスケーリングの兆候は見られないという。

ここからが加速度的に進む。2月17日以降、ウクライナ東部で衝突が増加した。ロシア軍は7000人増員し、アメリカ情報部は国境沿いに15万人を数えた。 その2日後、ウクライナ軍は兵士2名の死亡を発表した。

2月21日のブレークスルー

そんな中、2月21日(月)に最後の希望が生まれました。エリゼ宮は、ロシアとアメリカの大統領が会談の原則を受け入れたと発表した。この希望は、クレムリンによって打ち砕かれた。クレムリンはこれを否定し、この会談を「時期尚早」と考えた。

そして同日、プーチンはロシアのテレビ番組で、ドンバスの分離主義共和国の独立を認めるという極めて攻撃的な演説を行ったのである。アントニオ・グテーレス国連事務総長は声明で、ロシアの決定を「ウクライナの領土保全と主権の侵害」と見なすと述べた。米国は分離主義地域に対する制裁を発表した。ドイツとフランスもロシアの演説を非難したが、外交の扉は開いたままである。

しかし、すべてのピースはすでに整っている。新たに承認された分離主義共和国は2月23日にロシアに支援を要請し、ロシアの軍事介入が間近に迫っていることはもはや疑いようがないのだ。

 

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220224-les-quatre-mois-qui-ont-conduit-à-l-attaque-de-l-ukraine-par-la-russie

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks