ファッションは持続可能ですか?

世界で最も汚染されている繊維産業の1つ。そして、近年加速している生産。イヴ・ミノーのすべての数字。そして、道がまだ長くても、現れ始めている解決策。起業家側では、ヨーロッパでは、消費者に近く、しばしば生産しようとしている人もいます。これは、紳士服ブランド、Loomとその共同創設者であるJulia Faureの場合です。2019年2月26日の再放送。

また、デザイナー側では、豪華でファストファッション、使い捨てファッションの代替品を検討しています。これは、大陸最大のファッションスクールの1つである、マリー・ビロンが通っていたロンドンのセント・マーティン・セントラル大学に当てはまります。

そして、製造業者もそれに夢中になっています。世界最大の繊維生産者の1つであるトルコでは、アン・アンドラウアーのアウェイデニムに関するレポートは、環境への影響の少ないデニムキャンバスを提供しています。

時には、ファッションも汚染の問題を解決できる。オランダ、アムステルダムの例では、古い中古チューインガムで作られたソールのスニーカーが歩道で拾われています。アントワーヌ・ムートー。

[ja] La mode est-elle durable?

これからご覧いただくのは、その再放送です。Accent d’Europe。ジュリエット

ハイ、お呼び出しです。ところで、ファッションの犠牲者であるファッショニスタの皆さん、こんにちは。彼らは、彼らが服を着るとき、いくつかは、どのような場合に危険に財産を費やす準備ができている惑星の行為だと思いますか?フアンは彼らに会った。

だから、今日、私は防水縫製、ハイフライとジャケットとバイクを着用し、滅びなかった。800ユーロは、あなたが10年で着ることができる作品であり、20年を持っています。そして、私が好きなことも。それは、私のようなものです。

スタイルなので、すべて外しています。靴も、スカートも、ジャケットも。それが、3万からすべての家族の価値観にアクセスする方法です。

一方では高値の高級衣料、他方では大手ブランドの使い捨てファッション、いわゆるファストファッション。そして、メンズウェア・ブランドのLoomとその共同設立者であるジュリア・フォールのように、その中間に道を見出そうとするデザイナーも増えてきている。

なぜなら、FRが死んだばかりだからです。カールはファッションが好きで、いつも同じだった。つまり、ファッションを愛することは、パタゴニアやベジャという、エシカルで手頃な価格のファッションを成功の基盤にしてきたブランドの足跡をたどる男の過剰消費とは何の関係もないのです。時間の一部であるコレクションの販売はなく、インターネット上での販売のみ、我々はそれに戻ってくるでしょう。その前に、これは古き良き時代のイヴの年代記です。イブ

ジュリエットさん、こんにちは。ここ数年、ファストファッションが前途洋々であるように見えても、デザイナーと消費者の側で反対の動きが出てきています。スローファッションを名乗るムーブメント。意図は良いのですが、道はまだ長いです。

しかし、まず最初に、ファストファッション現象の大きさを知っていただくために、いくつかの数字を提示したいと思います。フランス市場だけでも、年間60万トンの衣類が売りに出されています。環境エネルギー管理庁のアデメによると1人当たり年間20キロの衣類を消費、つまり15年前の2倍。それは単純なことで、年間500万トンが欧州市場に入荷し、同時に約400万トンが廃棄される。

加速度的に生産することは、非常に収益性が高いのですが、非常に汚染を招きます。

石油に次いで、繊維産業は世界で最も汚染を引き起こす産業です。コンチの2018年の調査によると、温室効果ガス総排出量の8%を占めている。航空輸送と海上輸送の合計よりも多い。移転した工場の中には、労働条件が悪いところもあるのは言うまでもありません。

消費者の意識が高まり、中古品の大還元が行われる現象。中古市場です。

ヴィンテージ革命は、デジタル技術によって大きく促進されました。もはや専門店は必要なく、直接服を撮影してネットに掲載し、価格を設定して販売することができます。現在、ヨーロッパ、少なくともフランスでこの市場をリードしているのは、リトアニアのヴィンテージ・スタートアップで、ユーザーの60%近くが18〜29歳であると主張しています。ファストファッションの服は品質が悪く、そのため経年劣化が激しいという問題が残っています。これは、セカンドハンドの課題にはまったく対応していません。例えば、Vestiaire Collectiveのような他のフランスのサイトは、高級品市場を確保しています。

それゆえ、新しい現象の到来である。Ève Love Cycling,

は、リサイクルの改善と訳すことができます。今回は、2つの作品を融合させることで、古いものから新しいものを作るという発想です。完全に古くなった美しい布を回収し、第二の人生を与えることで、新しいオブジェを作り上げるのです。現在、フランス人の60%が着ない服を所有しているのに対し、10年以内に一人が持っている服の3分の1は中古品になるとまで言われている。

そして、スローファッションの原則に則って活動することを謳っているブランドもあります。

これらのブランドは、生産量は少なくても、消費者に近いところで生産することを決めたヨーロッパのブランドであることが多いのです。ヨーロッパでは、企業が透明な適正価格と称するものを表示し、あまりセールスを行わないことがよくあります。また、ある製品が入手できなくなると、数カ月待って新しい製品を生産する必要がありますが、その際にもエシカルな観点から原材料が選ばれています。そして、融資をする銀行までもが、協力的なところを選んでいる。フランスのスローヤードやベルリンのサステナブルファッションマザーズなど、ヨーロッパのスローブランドを紹介するプラットフォームがあります。

Evaさんありがとうございます。来週はその中で。恍惚の表情。アラン・リシャール

と、Loomブランドの共同創設者であるJulia Faure。

このような問題意識を持っていたんですね。2年前にブランドをつくったとき?Loomを作った当初、私たちが本当に困っていたのは、服の品質でした。つまり、消費者としては、買う服にいくらお金をかけてもいいということだったのです。続くかどうかもわからなかった。クオリティが高いか低いか、わからないんですよね。それで、50ユーロのTシャツを買っても、洗濯すると青ざめたり縮んだりするんです。しかし、この服の品質の問題は、繊維産業全体を貫くものであり、ファッション界がもたらしたものであることがわかりました。もし、5ユーロのTシャツを提供しようと思ったら、Tシャツの品質、Tシャツを作る人の労働条件、そして5ユーロのTシャツを店頭に並べることによる環境への影響など、ある種のものを削減しなければならない。そこから生まれる廃棄物を誰も処理していないと言えるでしょう。

では、環境にあまり負荷をかけずに着こなそうと思ったら、ジュリア、どうしたらいいのでしょう?

何ができるのかまずは長く着ることだと思います。服を買う前に本当に必要なことは、その服が良い品質かどうかということです。私のサイズですか?本当に着れるのか?セールだからといって、2サイズ下のものを買うのはやめましょう。だって、結局この服は着ないんだもの。他のものと合わせられるからこそ、そのスタイルが本当に魅力的に映るのか。そしてこの場合、これらの質問にすべてイエスと答えれば、まあイエスです。それから、倫理的に生産されているかということです。使用する素材や環境負荷が少ないか?しかし、それは私にとっては、後の祭りである。

服を長く着てもらえると、ビジネスにもつながるのでは?利益を出したいのか?

いいえ、私たちの本当の闘いは、人々がテーブルから買うのをやめることです。ファストファッションで買うのをやめよう。だからもう、ごく一部の人が買ってくれるようになったとしても、経済的には問題ないんです。そして、長い目で見れば、企業は無限に成長するものではないのです。一定の市場規模になり、一定の成長率になり、一定の収益性になれば、年率20%の成長をする必要はないと思います。では、年率20%の成長を目指すのであれば、プロモーションを行う必要があるのかというと、マージンを削ったり、人工的な価格を提示してお客様をだましたり、それは全くやりたいことではありませんし、不誠実とさえ言えます。そして、そういうことをするブランドはちょっと不誠実なので、奨励するのはやめましょう。

ヨーロッパ訛りの強いジュリア

消費者の意識の高まりと、一部のデザイナーの関心の高まり。そして、サプライヤー側ですが、トルコは今でも繊維・既製服業界の巨人の一角を占めています。トルコは世界第6位の衣料品輸出国であり、欧州連合(EU)に対する第3位の供給国です。トルコは特にデニムやジーンズの生産で有名ですが、その生地を使って作られる関連製品も生産しており、環境への影響がしばしば批判されている分野でもあります。10年前、健康問題で批判されたアンドラウアーは、内部から変化をもたらそうとしているプレーヤーたちに会った。

イスタンブールでのジンのルポルタージュを次々と紹介。

デザイナーの工房から大量生産までトルコは繊維大国であり、絹織物の中でも特にデニムが有名です。輸出国の表彰台では、世界全体の10%を占め、中国、香港に次ぐ第3位となっています。ヨーロッパへの供給は断トツでトップです。また、トルコは中国、バングラデシュに次いで世界第3位のジンの輸出国である。デニムの問題は、他の繊維製品以上に、この生地とズボンやジャケットへの加工が、多くのエネルギーを浪費していることです。トルコでは過去15年間、この分野の企業がそうアドバイスしてきた。

それは、綿を染めることから始まります。デニムは他の生地に比べて、何度も染める必要があるため、水や電気を大量に使います。それからもちろん、洗浄の段階もあります。皆さんが使っている布製品は、ほとんどが洗濯されていません。デニムの場合は、また別です。適切な生地にするためには、洗濯と乾燥の連続が必要で、これにも多くのエネルギーが使われています。

デザイナーでもあるこの38歳のコンサルタントは、こうした問題意識から、3年前にオーガニックコットン、天然染料、すすぎ1回で繊維を柔らかくする独自のブランド「Gin Away Denim」を立ち上げました。彼女の小さな会社は、倫理的で環境に配慮したアプローチで知られるトルコのメーカー3社から生地を調達しています。さらに、この分野を知り尽くしているハーミン氏によれば、トルコで悪いのは、デニム生産者よりもジーンズブランドだという。

は、欧米のブランドがサステナブルデニムコレクションの生産を開始したことをご存知でしょうか。そして、変化を起こしているのは彼らなのです。しかし、ブランドがこうした問題にあまり関心を示さないトルコでは、この変化はまだ起こっていません。一方、常にイノベーションを求めなければならないトルコの生地メーカーにとって、サステナビリティは非常に重要なコンセプトである。近年、多くの人がそれぞれの業界で資源の無駄使いに気づき、異なる生産方法をとるために大きな投資を行っています。

イノベーショントルコ製デニムは、環境への悪影響に加え、珪肺症(けいはいしょう)という健康被害にも悩まされている。何百人もの労働者が、遺伝子を標的にして、つまり高圧で砂を投射して摩耗した外観を与えることで感染したのです。1980年代後半から2009年3月に禁止されるまでの間、全国のワークショップで盛んに使われていた。10年後、サンドブラストは完全に姿を消した」と語るのは、患者支援委員会の委員長を務め、長年にわたって世界中にコンタクトをとってきたアブドゥール・ハリム・デミル氏だ。

私たちが調べたところ、トルコにはもうサンドブラストは存在しないと断言します。誰もが知っているような健康スキャンダルを起こすのです。ブランドやメーカーは、これ以上リスクを負いたくないのです。しかも、他の国もそれに戻した。例えば、バングラデシュではまだサンドブラストを禁止していませんが、この技術を使った工房が以前ほど多くないことが知られています。

しかし、トルコの工場労働者は今、健康的な環境で働いているのだろうか。いわゆるクリーン・ウェアの全国キャンペーンの議長でもあるアブデルハリム・デミル氏は、よくわからないという。

現在、トルコのメーカーはすべて過マンガン酸カリウムをベースにした化学技術を使用しています。この方法が有害かどうか、現地調査を行っているところです。欧州化学物質庁が、過マンガン酸カリウムを有毒物質として分類するよう欧州連合に求める60ページの報告書を作成したことは知っている。世界では90%の人がこの技術で漂白されていること、その毒性は使用条件に大きく依存することを知った上で。労働者が適切に保護されているかどうか?これを見極めたいのです。

デザイナーは、パティナもなく、摩耗もなく、洗濯もされていないものしか好まず、いつかヨーロッパで過マンガン酸カリウムが禁止されることを望んでいます。化学物質の使用に加え、15年以上デザイナーやコンサルタントとしてこの分野で活躍してきたこのトルコ人女性は、最近の動向を懸念している。

ブランドと一緒に素晴らしい製品を作り上げたことを覚えています。しかし、この10年、ファストファッションの登場で、ほとんど廃棄物を出している印象があります。トルコのブランドは、生産の50〜60%をアジアのメーカーから調達するようになったため、デニム生地の品質がどんどん悪くなっているのです。ファッションも加速度的に進化しており、コレクションは常に更新され、モデルも毎回100人ではなく、300人が登場するようになりました。デザイナーがやってきた。新しいものを作るより、製品をコピー&ペーストする。

ダーヴィングがデザインしたジンを作っているサリー・テイキングも、この現象に気づいています。20年間デニム製品の縫製を専門にやってきたこのトルコ人労働者は、ますます厳しくなる労働条件を残念に思っています。

1週間以内に全コレクションの制作を依頼されています。できる限りのことはしていますが、圧倒されることもあります。しかも、時には作っている製品の価値よりも低い価格で生産するよう迫られている。消費者はそれを忘れてしまっているのですが、少し高いお金を出さないと品質の良いものは手に入りません。

逆説的だが、このダイナミックなデザイナーは、この分野の将来について、長期的な展望も持っている。

非常にゆっくりと、しかし確実に、専門家はデニムの非常に非倫理的な側面と、それが自然や健康に与えるダメージに気づきつつあります。ここでも、トルコにこの変化をもたらしているのは、主に生地メーカーである。テキスタイルフェアに行くと、よく見かけますね。誰もが、より健康的で持続可能な方法で生産するにはどうしたらいいかという問いに答えようとしています。

年間500〜1000モデルを生産する起業家たちは、トルコの市場ではほんの一握りだが、消費者がまだサステナブルファッションの概念に敏感でないことを残念に思っている。トルコでは、クレドにした謎のブランドは片手の指で数えられるほどで、その発展に苦心している。そこで、この若い女性は、北欧を中心にお客さんを探すことにした。

そして、ファッションの世界でも、意識が高まっています。昨年、栄えあるLVMH財団賞を受賞したマリーヌ・セールのショーである。シルクのスカーフをドレスに変えるなど、服のリサイクルで有名になった。オートクチュールやプレタポルテの狭い世界では、クレイジーなほどの大胆さ。

ロンドンのセント・マーチンズ・セントラル大学でも、同じような悩みを抱えていました。マリー・ビヨンさん、こんにちは。

こんにちは、英国特派員です。あの音楽はどこから来ているのか?つまり、ここで聴いているのは、セントマーチンズ・セントラルロンドン大学で行われたファッションショーの1つの音楽です。未来の才能を見出す機関として知られる、ファッション界。チャレンジ精神旺盛で、大義名分があるのがいい。その結果、明日のファッションを担う若いデザイナーの中には、より環境に配慮したファッションに関心を持つ人が出てきました。マリーさん、このグリーンファッションはどのようなものですか?まあ、素人目には、他の独創的でクレイジーな作品にしか見えないんですけどね。この手のファッションショーでお馴染みのやつね。生地が重要な役割を担っている場合、その違いはあまり分かりません。例えば、エコファッションの起源は、第二次世界大戦中、配給制のために生地を節約し、スカートを短くしたことにあると言われています。その頃、洋服もゆったりしたものが少なくなってきました。だから、セントラルのやったファッションショーでは、こういうことはまったく想像しないほうがいい。他の服に付いていないパフスリーブがあります。いかにもヨーロッパ的なスーツから、アフリカ的なスカートが登場します。また、穴と表現していますが、もちろんそれ以上に考え抜かれた、かなり驚くべき形状もあります。いずれにせよ、布を裁断したものであることはわかります。では、これらの布片は再利用されているのでしょうか?だから、ある若いデザイナーが、まるでピカソのパズルのようなカラフルなコレクションを作ったのかもしれません。これらの服は、布を切って作られていることが想像できます。

それが縫製ソリューションなんですね。もう一つの解決策は、マリー、リサイクルです。

はい、しかし、まだやるべきことがあります。英国では、生地や衣服のうち、新しい衣服に加工されるのは20%以下です。一方、世界で毎年2億3,500万着の衣料が埋め立てられています。つまり、環境に良くない素材を使わなければならないのであれば、再利用した方が良いということです。だから、私たちはファストファッションに批判的なのです。そして、イギリス人は毎年平均26.7キロの服を買っているそうです。だから、スローファッション。

これは逆です。

その逆で、大手ブランドの中には、このような取り組みをしているところもあります。例えば、マークス&スペンサーでは、古着をお持ちいただいたお客様にクーポン券を差し上げています。プランBがないため、イギリスのブランドではこれをプランAと呼んでいる。実際、英国リサイクル協会は、2024年までに再生ポリエステルのみを使用して靴を作る予定のアディダスも挙げている。

ボディ、トップもマルベリーとコラボして高級バッグを発売している、そう、でもリサイクル素材だけで作られている。だから、イギリスの政治家が奨励したいやり方なんです。そのため、国会議員たちは、4000万ユーロのリサイクルプロジェクトに資金を提供するために、メーカーやブランドに対して、衣料品の販売1着につき0.01ユーロの新たな課税を課すことを検討しているのです。また、お会いしましょう。また、お会いしましょう。

オランダではキログラムで1ラウンド1ポイント5。28 Team de Waremme Bechoux, Pauline Ducruet これまでにないシャットダウン。女性、そうですね。

チューインガムの靴底を使ったトレーナーの広告。そう、アムステルダムでは、公害問題をファッションで解決しようという発想が自治体にあったのです。世界のあらゆる都市の靴底に張り付く問題。アントワーヌ・ムーテと語り合います。Antoineさん、こんにちは。

こんにちは。

あなたはオランダの特派員ですね。舗道に落ちている古いチューインガム。毎年、アムステルダムを含む全国の道路や舗道には、約150万キロのチューインガムが落ちているそうです。アントワーヌはそれをリサイクルし、ファッショナブルな靴に生まれ変わらせる。

そう、キャンディーブルーやピンク、いや、チューインガム色のスポーツシューズです。アムステルダム周辺の多くのビルボードで見ることができる、魅力的な映像です。スニーカーはチューインガムからリサイクルされたもので、首都のストリートからやってきたとポスターに書かれています。アスファルトや舗道にこびりついたチューインガムの除去は、他の地域と同様、長い間、当局にとって本当に試練の連続だった。しかし、アムステルダムの自治体は、ガム・ドックを回収し、それをリサイクルする下請け業者に送るという、これまでとは異なる方法をとることにした。そして、それは靴の底を作るためです

アントワーヌ靴底がチューインガムになっているので、とても柔らかいんですね。

チューインガムは、一定の剛性を保つために、ソールの構成比が3分の1以下になっているのは事実です。靴4足で使用済みガム約1キロ分に相当します。だから、この靴は1足約200ユーロと決して安くはない。若者にとって魅力的なブランド靴があるのと少し似ていますね。

Antoineさん、ありがとうございます。また、お会いしましょう。

またね

Accent d’Europeの製作中です。フランソワーズ・グレロ、あなたは私たちをフォローし、またソーシャルネットワークやインターネット上で私たちの話を聞いていますね。rfi frでは、画面右上の「Podcasts」タブです。そして、明日も同じ時間にここに戻ってきます。

Default image
Antenne France
Articles: 652