ブラジル:リオデジャネイロ植物園

救世主キリストの麓にあるリオデジャネイロの植物園は、街のシンボルのひとつです。ブラジルと海外の多様な植物を鑑賞できる場所で、137ヘクタールのうち55ヘクタールが一般公開されています。

リオデジャネイロの特派員より

エレーヌと4人の子供たちは、植物園の大部分とテーマ別の温室を見学した後、巨大な竹の木陰で一休みしている。ランの温室から出てきたところだそうです。

“ランの美しさに感動しました。バニラが蘭の花であることを知りました。緑が多いこの街をよく映し出していると思います。それが、私たちにポジティブな印象を与えたのです。この街に溢れる植物を見て、私たちはポジティブな印象を受けました」と語る。

1808年にポルトガル王ドン・ジョアン6世によって設立された植物園で、最も高いもので50m近くもある皇帝ヤシの並木道で知られています。植物園で40年間研究しているマーカス・ナドルズさんに案内してもらった。と説明する。

この噴水は、大通りであるバルボサ・ロドリゲス通り(インペリアル・パーム通り)の真ん中にある。そのすぐ隣には すまうま フランス語で「カポキエ」。作曲家のトム・ジョビンは、この木のふもとに座ることを特に好んだという。

ヤシの木の幹に生える地衣類が示すように、混沌として暴力的で騒がしい都会の中の安らぎの場所、植物園の空気もまた清らかである。ベアトリスさんは、サンパウロから娘さんと一緒に、写真に撮りやすい鳥や小猿を観察するためにやってきました。

“人間がすでに自然に対して与えてしまったもの全てについて考えるための、休息の場であり、リラックスするための場である。これからの時代、とても大切な場所です。子どもたちのために」と。

メールマガジン購読

なぜなら、植物園には何よりも科学的な目的があるからです。ブラジルの植物相と絶滅危惧種のセンサスにおけるパイオニアであり、ブラジル最大の植物園を所蔵しています。

“植物園は見学する公園ではなく、一般に公開された研究機関である “とよく言われます。私たちは、この庭園が生み出すサイエンスを、訪ねてくる一般の人々に見せるためにあらゆることをしています」と、マーカス・ナドルスは言う。

参考:東京・六義園

大西洋岸森林やアマゾンなど、ブラジルのさまざまなバイオームを表現したエリアがあり、来場者の環境保全への意識を高めることも目的としています。と研究者は付け加える。

森林を復元するには、50年から70年かかります。それを破壊するには、1週間足らずです。これは不均衡で不公平なスピードです。このため、この植物の知識の仕事は保全ツールであるため、非常に重要です。

アロイドのコーナーでは、マーカスが探検から持ち帰った最新の標本を見せてくれる。ブラジルでは、2日に1回、新種の植物が発見されています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/senteurs-et-couleurs-jardins-d-ici-et-d-ailleurs/20220820-brésil-le-jardin-botanique-de-rio-de-janeiro

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks