アセアンを二分するビルマ事件

1月18日(火)、アセアン諸国の外相がビルマの政治危機について協議する予定であった。しかし、この東南アジアの組織の輪番議長を務めるカンボジアは、一部の閣僚がCovid-19のために渡航が不可能であることを理由に、このイベントを取り消した。少なくとも、それが正式な理由です。

クアラルンプール特派員のGabrielle Maréchauxと。

サイフディン・アブドゥラにとって、答えやすい質問とそうでないものがあるようだ。しかし、マレーシアの外相は、カンボジアの指導者がビルマ軍との会談で物議を醸した1週間後にクアラルンプールに報道陣を招き、ビルマ軍のクーデターを合法化したと多くの人が見ていることから、質疑応答のゲームを行いました。という質問には、「ノー」という答えが返ってきた。昨年策定した基準について、本当に進展がない限り、アセアンに政治的代表を出すべきでないという考えは変わっていない。

しかし、パンデミック以降、しばしば行われてきたアセアン閣僚の物理的な会合がオンライン会議にならなかった理由を尋ねると、ある種の違和感を覚える。「いいですか、私はカンボジアのリーダーには答えられないんです」と彼は話し始める。多くの大臣が移動できないため、会議がキャンセルされたことを教えてくれたのだ。少なくとも、彼がWhatsAppでアセアンの閣僚に語った理由はそれだ。

1967年にこの組織が選んだモットーが「一つのビジョン、一つのアイデンティティ、一つのコミュニティ」であるとすれば、ビルマの政治危機以来、特にカンボジアの輪番議長が始まって以来、この結束の約束はますます実現が難しくなったように思われる、と研究者のDavid Huttは今年初めにThe Diplomatウェブサイトに掲載した社説で指摘した。

多くの未解決問題

ビルマ軍によるクーデター1周年を数日後に控え、この会議の中止は多くの疑問を残したままである。まず、カンボジアの指導者フン・センの政権に対する立場についてだが、マレーシア外相は次のように分析している。「マレーシアは、カンボジアの指導者としてビルマに行く権利があると信じているが、カンボジアが現在アセアンの議長国であることを考えると、ビルマに行くならどうすべきか、他の指導者に相談することもできたはずだとも考えている。

この点については、シンガポールも首相声明を出し、カンボジアに対し、訪問時のように軍事政権だけでなく、アウンサンスーチー氏の国民民主連盟も含めて「ビルマのすべての関係者に働きかける」よう求めていることが明示されている。

メールマガジン購読

また、カンボジアのフン・セン首相が自らの外相をアセアンのビルマ特使に任命したことも、少なくともアセアンのメンバー間で議論が必要な点である。この点について、マレーシアの外相はほとんど何も語らなかったが、それには理由がある。「通常、この種のことは会議で議論される(中略)今日、キャンセルされた後、我々はすぐに新しい日程が与えられることを望んでいる」。

分裂したブロック

この首脳会談を待つ間、ビルマ問題は、特にインドネシア、マレーシア、シンガポールが、ビルマ政権を抑えるという立場を堅持し、ブロック内をますます分裂させているようである。しかし、東南アジア諸国連合が依然としてビルマの軍事政権をボイコットするか受け入れるかのジレンマに陥っている一方で、問題は別のところにあるという見方もある。歴史的に孤立だけでビルマ軍団の決意が妨げられたことはないのだから、とビルマ専門家のBertil Lintner氏はビルマの独立メディアThe Irrawaddyの社説で、「制裁でも関与でもビルマ軍を動かすことはできない」と見出しを付けて断言している。”

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220118-le-cas-birman-continue-de-diviser-l-asean

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks