日本のCovid-19:少なくとも75万回分のワクチンがゴミ箱に捨てられた

日本は予防接種キャンペーンで新たなヒッチを経験していますが、流行が始まって以来、その遅さと混乱によって常に際立っています。現在、東京や他の場所では、いくつかの推定によると、何十万回ものワクチン、さらには100万回も、受け手が見つからず、有効期限に達しているため、ゴミ箱に捨てられています。

予防接種の第3段階では、政府は主にモデルナから調達しました。このワクチン担当者にとって、これはやってはいけないミスでした。「日本では、モデルナのワクチンはファイザーのワクチンよりもはるかに多くの副作用を引き起こしました。そして、モデルナでは、プラスチック、ゴム、さらには髪や髪も発見されました。その結果、人々は当然ながら疑心暗鬼になっています。さらに、オミクロン変異体は比較的無害であるため、多くの人がこの3回目のワクチン接種を余計だと考える人が多かったのです。

少なくとも75万枚のバイアルがゴミ箱に捨てられました。そして、ブースター投与を無視したこの2人の東京人は、罪悪感を感じることなく、このような無駄を悔やんでいる。

「もっと人に支持されるワクチンを開発すればいいのです。私は2回のワクチン接種の後、それぞれ39度の発熱がありました」と最初の人は説明します。

そして2人目は「私の魂と良心の中で、私は子供たちに予防接種を受けないことに決めました。マスクを永久に着用し、社会的距離を慎重に尊重することは、それらを保護するのに十分に思えます。これは母親としての私の選択であり、私たちはそれを疑う必要はありません。」

日本人の40%が2回しか予防接種を受けず、12歳未満の子供の20%だけが最初の接種を受けました。したがって、専門家にとって、この冬にオミクロンよりも危険な新しい変種が出現すれば、それは日本の健康災害になります。

関連記事:日本のCovid-19:2年後、東京は外国人観光客に国境を再開する

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220624-covid-19-au-japon-au-moins-750-000-doses-de-vaccins-jetées-à-la-poubelle

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks