教皇は、「死の海」を避けるために、移住に関する汎ヨーロッパの行動を求めている

教皇フランシスコは、マルセイユの大群衆に演説し、移民を歓迎し、数千人が溺死した地中海が「死の海」になるのを防ぐために、欧州政府に一緒に行動するよう促した。

移民問題は、何世紀にもわたって文化と宗教の交差点であったフランスのマルセイユ港へのフランシスの27時間の旅行を支配しました。

土曜日の朝、地中海問題に関する教会会議を締めくくる35分間の演説で、教皇は移民を侵略者と見るのではなく、移民を歓迎するよう政府に促した。

「海で命を危険にさらす者は侵略せず、歓迎を求める」と彼は言った。

「何よりも共鳴する痛みの叫びがあり、それは地中海の「mare nostrum」を文明の発祥地から「mare mortuum」、尊厳の墓地に変えています。それは移民の兄弟姉妹の抑圧された叫びです」と彼は「私たちの海」と「死の海」を意味するラテン語の用語を使用して言いました。

カトリック信者は、教皇フランシスコがミサを行うのを聞くために、マルセイユのベロドローム・スタジアムに集まります。ロイター - ヤラ・ナルディ
カトリック信者は、教皇フランシスコがミサを行うのを聞くために、マルセイユのベロドローム・スタジアムに集まります。ロイター – ヤラ・ナルディ

国連難民機関UNHCRによると、今年は約178,500人の移民が地中海を経由してヨーロッパに来て、約2,500人が死亡または行方不明になった。

先週、イタリアのランペドゥーザ島に199隻のボートで約8,500人が到着しました。

彼の演説の中で、フランシスは人々に、より良い生活を求める移民から立ち上がる「痛みの叫びを聞く」よう呼びかけた。

彼は、移住は緊急事態ではなく、「私たちの時代の現実であり、地中海周辺の3つの大陸を含むプロセスであり、ヨーロッパの対応を含む賢明な先見性で統治されなければならない」と述べた。

イタリア、ハンガリー、ポーランドを含むいくつかのヨーロッパ諸国の政府は、移民の率直な反対者によって導かれている。

金曜日にマルセイユに到着したフランシスを歓迎したフランスのジェラルド・ダルマナン内務大臣は、フランスは島からの移民を歓迎しないと述べた。

エマニュエル・マクロン大統領とダルマナン内務大臣は、この秋に議会に提出される新しい移民法案を通じて、到着者をコントロールするためのより厳しい措置を計画している。

国内の「干渉」

マクロンは土曜日に教皇との私的な会議を開き、午後に市内のヴェロドロームスタジアムで5万人のための教皇のミサに出席しました。当局は、さらに10万人がスタジアムへのルートに並んでいると述べた。

マクロン大統領は9月23日、マルセイユのパレ・デュ・ファロで教皇フランシスコと私的な会談を行った。ロイター経由 - バチカンメディア
マクロン大統領は9月23日、マルセイユのパレ・デュ・ファロで教皇フランシスコと私的な会談を行った。ロイター経由 – バチカンメディア

一部の左翼政治家は、ミサに出席するという大統領の決定を、教会と国家を厳密に分離する世俗主義(laicité)に関するフランスの法律の侵害であると批判している。マクロンは、教皇に敬意を表して出席していると言った。

右派の他の人々は、フランシスが国内政治に「干渉」したこと、特に死の幇助の問題と憲法に中絶の権利の明書を憲法に刻むことについて批判している – マクロンのプロジェクトの2つ。

高齢者は「海の水よりも「塩辛い」と思われる威厳のある「甘い」死の偽りのふりをして、脇に追いやられる」危険がある、とフランシスは警告した。

彼はまた、「進歩への偽の権利の名の下に拒否された胎児、それは代わりに個人の利己的なニーズへの後退である」と語った。

(ニュースワイヤー付き)

右派の他の人々は、フランシスが国内政治に「干渉」したこと、特に死の幇助の問題と憲法に中絶の権利の明書を憲法に刻むことについて批判している – マクロンのプロジェクトの2つ。

高齢者は「海の水よりも「塩辛い」と思われる威厳のある「甘い」死の偽りのふりをして、脇に追いやられる」危険がある、とフランシスは警告した。

彼はまた、「進歩への偽の権利の名の下に拒否された胎児、それは代わりに個人の利己的なニーズへの後退である」と語った。

(ニュースワイヤー付き)

Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks