フランスプレスレビュー 2022-08-31

一年中が地獄のようだ

一日たりとも休む暇がない」とリベラシオンは嘆息している。夏の初めから、気候変動が地球を揺さぶっています。繰り返される熱波、干ばつ、火災、嵐、洪水…北半球は、激しく絶え間ないエピソードの夏シーズンを経験しました。数々の記録を塗り替え、恐るべき未来を予感させた夏。

リベラシオンの取材に応じたアメリカの気候学者ノア・ディフェンボー氏は、「気候変動は、化石燃料の燃焼という、一方では多くの利益を生み出し、その上に非常に複雑な工業化経済と社会が成り立っていることの望ましくない副作用だ」と説明する。この状態からの移行は、巨大なオーシャンライナーを方向転換させるようなものだ」とアメリカの気候科学者は言う。たとえ数年後に最も野心的な排出削減目標が達成されたとしても、その間も汚染は続き、今以上の温暖化、ひいては上記のような今までにない現象が起こることが予想されるのです。ノア・ディッフェンバウは、「極めて単純なことです。産業革命以前に比べれば、今日でも地球温暖化は1.1度しか進んでいないのです」と結論づけた。もし、2度以上の上昇になったらと想像してください。小さなことかもしれませんが、その差は相当なものでしょう。

そして実際、『リベラシオン』誌によれば、フランスに関する限り、「この災害の夏は始まりに過ぎない」のだという。今日は歴史的な夏」であり、「数十年後には古典的な夏」になるだろうと、Météo Franceは警告しています。エネルギー転換担当大臣のAgnès Pannier-Runacherは、さらに踏み込んで、昨日、「専門家はこのテーマについて非常に明確である」と述べた。2022年の夏は、おそらく皆さんが経験したことのない、あるいは今後20年間で経験することになる涼しい夏となることでしょう。

そして、凍えるような冬?

この暑い夏が終わると、凍えるような冬がやってくるのでしょうか。そして、暖をとるためのガスや電気は足りるのだろうか?これが、新聞のコラムを埋めるもう一つの大きな関心事である。「エネルギー危機:政府は最悪のシナリオに備える」、Le Parisien誌の見出し。「停電を回避するために、30分、1時間、あるいはそれ以上の間、近隣地域、町全体、地理的な地域が停電し、暗闇に陥り、時には暖房も使えなくなることを想像してください。来年の冬、政府が何としても避けたい災害シナリオである。しかし、温度計が零下を大きく下回り、私たちの資源がフランス人のエネルギー需要を満たすことができなくなった場合のシナリオが、今日想定されるのだ。

その結果、「この最悪のシナリオに直面し、新学期が始まって以来、共和国大統領からエリザベート・ボルン首相や閣僚まで、行政府が個人や企業に節電を呼びかけない日はない」とLe Parisienは指摘する。

原子力が犠牲に?

ル・フィガロ誌は「どうやってここまで来たのか」と問う。確かに気候的な危険はありますし、ウクライナでの戦争もあります。しかし、この新聞は、「現実は、エコロジストとの小さな政治的取り決めのために、15年間、エネルギー主権を保証する原子力の一部を自発的に犠牲にしてきた」と嘆いている。フェッセンハイムは閉鎖され、フラマンビルはまだ開通しておらず、約30基の原子炉が停止している。

メールマガジン購読

シザー効果…

実際、エマニュエル・マクロンは「有名なハサミ効果に直面している」とLe Midi Libreは分析する。原子力発電やグリーンエネルギーに大規模な投資をするための予算的余裕はなく、インフレの急進によって成長のエンジンであり税収源でもある消費が止まっている状態では、時間が足りません。そのため、オイルショックの時と同じように、節電の呼びかけが始まっています。Aminimaソリューションですが、実装はそれほど簡単ではありません。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220831-à-la-une-une-saison-en-enfer

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks