フランスプレスレビュー 2022-09-02

フランスは冬を乗り切るためのガスと電気を求めている

「冬を暖かく過ごすか?」という見出しが『Libération』に掲載された。例年、新学期が始まると「社会の天気」が気になりがちですが、今年は「天気全般が注目されている(・・・)今年の冬はどんな天気になるのでしょう?」

そして、この未解決の問題こそが、今回のエネルギーに関する初の国家防衛・安全保障会議の「核心」であると、リベは強調する。この首脳会談に、新聞社は何も反対していない。ただし、彼の演説に「フランス人にさせうる努力の配分に関する正義の演説」が伴うことが条件である。今のところ、私たちはそこに到達していない」とLibérationは嘆いた。

その通りです。L’Humanité の一面に “The spectre of the cut” が掲載されています。なぜなら、「太鼓の音や停電の脅しを振りまいているにもかかわらず、行政は、この秋と冬に寒波がフランスを通り過ぎることを指をくわえてみて、「教育学を示す」ことにとどめている(…)」からである。しかし、共産主義日刊紙のインタビューを受けたエネルギーの「専門家」は、「むしろ心配している」とL’HUMA社は警告している。同紙は、「もしロシア大統領が10月1日に水門を完全に閉鎖することを決めたら、EUは対処できないだろう」と警告している。きらめく展望…

マクロン大統領の学校復帰の憂鬱

この秋、エマニュエル・マクロンには良くないムードが漂っている。エネルギー分野では、フランス人の過半数が彼を信頼していない。Le FigaroのOdoxa調査によると、47%のフランス人が「今後数ヶ月のガスと電気の供給を確保できるだろう」と考えているものの、60%のフランス人はエマニュエル・マクロンが「エネルギー価格の上昇に直面して購買力を守ることができる」と考えていないことが分かりました。

このフィガロの調査結果では、その他にも、84%のフランス人が、フランスはエネルギーの観点から脆弱な国だと考えていることが明らかになっています。「回答者の54%が、この脆弱性はフランスが原子力発電所への投資を怠っていることに起因すると考え、42%が再生可能エネルギーへの投資が不足していると考え、10人に4人のフランス人がこの脆弱性をウクライナ戦争に起因すると考えている(40%)、と毎日新聞は指摘する。ル・フィガロ誌は、「フランス人の26%だけが、この国の脆弱性がエネルギーを過剰に消費していることと関係していると考えています」と付け加えています。

エマニュエル・マクロン大統領にとって新年の暗いスタートは、レゼコーが今朝発表した別の世論調査でも確認された。国家元首に対する信頼度は、8月より2ポイント低い36%である。逆に、このElabeバロメーターは、エリザベス・ボルヌ首相については1ポイント上昇し、33%のフランス人が彼女を信頼していると経済日報は述べている。

ルネサンス、組織図を要求する!

政治的には、いずれにせよ、エマニュエル・マクロンは自分自身を組織化している。そして、彼の将来の党の輪郭が明らかになってきた。ルネッサンス、これはその名の通り、2週間後の9月17日に日の目を見ることになる、とステファン・セジュルネが新聞『Le Parisien』に語っている。ルネサンスの過激派が決定すれば–明らかに、それについて疑う余地はない–エマニュエル・マクロンに近いこの欧州議会議員は「事務総長」になるだろうと、彼はLe Parisien紙に驚きもせずに打ち明けている。

メールマガジン購読

したがって、組織図では、ブルーノ・ル・メール経済大臣が「アイデア担当」、アメリー・ドゥ・モンチャランが「渉外担当」、ジェラルド・ダルマニンが「研修担当」、ベランジェール・クイヤールが「党員との関係」、オリヴィエ・デュソップが「部門の組織」となっています。Aurore Bergé「対応」、Franck Riester「選挙」、Fabienne Keller「動員」、Clément Beaune「国際とヨーロッパ」、Brigitte Bourguignon「大義の調整」とStéphane Séjournéは言い、Pascal Canfinは「政府との関係担当」であると付け加えている。9月17日には、ルネッサンスの設立総会が「カルーセル・デュ・ルーヴル」で開催されると、Le Parisien誌に書いてある。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220902-à-la-une-pour-passer-l-hiver-la-france-recherche-gaz-et-électricité

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks