フランスプレスレビュー 2022-09-11

愛されなかったチャールズ3世

昨日ロンドンで正式に国王として宣言された故女王の長男は、Le Journal du Dimanche紙の一面で、「この仕事に耐えられるだろうか」と問いかけている。これから臣民の愛を勝ち取らなければならない新英国君主は、Le Parisien Dimancheの一面で、「英国で最も嫌われている女性」と指摘される妻カミラと並んで挨拶している。

同紙は、昨年5月のイプソス社の世論調査を掲載し、英国王室メンバーの人気度を調査している。わずか14%の評価で、チャールズはまさにこの世論調査で6位につけており、当時彼の3倍の人気を誇っていた亡き母が、さらにその上を行く人気を大きく占めているのです。

昨年5月にYouGovが実施し、Le Journal du Dimancheが引用した別の世論調査では、回答者の32%が当時の皇太子を「良い王になる」と考えていた。しかし、Le JDDは、「彼の即位が彼の人気を高める可能性がある」と疑っている。

リズ・トラス・バッシング

もちろん、女王が亡くなった時点ですでに雑誌報道は始まっていたのだが、イギリスでは新しいイギリス首相の個性がその興味を引いたのだ。週刊誌『Le Point』に掲載されたLiz Trussの激烈な肖像画。同誌によると、「彼女のトップへの昇格は、それほど明白ではないようだ」という。カリスマ性はまったくなく、感情を微塵も表に出さない冷血動物で、話術も下手。機械的に固められた笑顔、常に反抗的に上げられた顎、金属的な声は、とてもテレジェニックとは言えない。ユーモアのセンスもあり、対人能力も高いが、それでも国会議員やジャーナリストの背中に手を回すのは難しい」と同紙は言う。

ル・ポイントは、この「心の反逆者」リズ・トラスが、19歳で自由民主党を離党する前に、「君主制と原子力の廃止、そして麻薬の合法化」以上のものを求めていたことも回想している。

L’Expressにのみ掲載されている肖像画のスケッチですが、同じような内容です。「リズ・トラスは、師である “BoJo “のように、しばしば政治的決断を下す際にコインを裏返し、そして驚くほどの熱意をもってそれを支持しました。王政廃止を主張する熱心な自由民主党員であった後、激しい王党派の保守党員、親欧州派であったが、熱烈なブレグジット派となった。彼女はサッチャー派だと言うが、高インフレの時代に減税を始めるという彼女の考えは、最も正統な保守派を震え上がらせる。鉄の女の元財務大臣、ノーマン・ラモントは彼女に『これはひどい間違いだ』と警告した」と『エクスプレス』紙は回想する。

ラシュディのノーベル賞パンタロンネード

結論から言うと、文学的な極論。ちょうど4週間前、哲学者でエッセイストのベルナール=アンリ・レヴィが、刺されたばかりの友人サルマン・ラシュディに来年10月のノーベル文学賞を授与するようLe Journal du Dimanche紙に訴えたことを紹介した。

メールマガジン購読

良いアイデアか悪いアイデアか?L’Expressに掲載されたPierre Assoulineの警告は、悪い、非常に悪い。このゴンクール・アカデミー会員によれば、「もし、ノーベル文学賞が世論の圧力によって死刑囚ラシュディを受賞させるようなことがあれば、それはスウェーデンのこの機関の波乱に富んだ歴史にまた一つ誤った一歩を踏み出すことになるだろう」という。そしてそれは、より良い、異なるものに値するこの作家の比類なき作品に泥を塗ることになるのです。しかし、ノーベル委員会のメンバーは、口出しされることを嫌います」とピエール・アスーラインは言います。出版社や文学界のロビー団体、政府から受ける圧力は逆効果で、自分たちの票を操作しようとする耐え難い試みと見て、彼らを怒らせている」と『L’Express』で述べている。悪魔の詩』の作者はノーベル文学賞を受賞できるのか?1ヵ月後の答え。読む時間です。あるいは読み直すために…。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220911-à-la-une-charles-iii-le-mal-aimé

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks