フランスプレスレビュー 2022-09-10

エリザベス2世、喪に服す

エリザベス二世の死後、英国の国境を越えて顕在化した感情の大きさに直面して、「国際的な」喪に服すとLe Parisienは記しています。96歳で亡くなったばかりのこの君主は、70年間在位した後、「英国の国境をはるかに越えた人々の女王でもあった」と本紙は指摘する。そして、カナダの首相がこの「世界で最も尊敬する人物」を悼み、オークランドではラグビー選手が彼女にハカを捧げ、あるいは匿名の人々が各国の大使館の前に花を供える光景を目にしたのである。従って、その喪は世界的なものであると同時に、「歴史的なもの」でもあるのです。もうこれ以上はない」と、この日々はため息をついている。

Le Figaro誌は、「この感動は、誰もが認めるものです」と断言しています。無名な人から権力者まで、共産主義中国の指導者から日本の天皇まで、あらゆるところから同情が寄せられ、ほとんど愛と言っていいほどである。ケニア大統領は「無私の奉仕の巨大な象徴」を称えた。涙があふれ、スポーツ競技は中断され、英国中の大聖堂の鐘が鳴り響いた。ロックのアンファン・テリブル-中にはアンノーブルもいる-は、孤児となった心境を吐露している。バルモラル城の暗闇の中で96歳の生涯を閉じた老婦人は、おそらく地球上で最も神秘的で賞賛に値する人物だった」と、Le Figaro誌は一面トップでこの「全世界が喝采する」君主に賛辞を送っている。

イギリス

そして今朝、ロンドンで、亡き女王の長男であるチャールズが、喪に服しながらも、実際には名ばかりの王国の国王として宣言される予定です。チャールズ3世?日刊紙『リベラシオン』によれば、彼は「移行期」の王であり、その一面には白髪で両手を広げた新国王が掲載されている。正確にはオープニングです。”英国回帰 “の時代を切り開くか。今日、イギリスは「かつてないほど経済的に弱体化し、社会的にも崖っぷちに立たされている」。王国の結束はかつてないほどもろい。英連邦の加盟国には亀裂が入り続けている」とLibérationは指摘する。

「ル・フィガロ」は、それ以外のことはほとんど書いていない。新聞は、チャールズ3世の出現は「もろい」王国の真っ只中にあると指摘し、英国政府のトップにリズ・トラスが就任したことに「この国に多くの亀裂が入っていることを物語っている」と見抜いている。

毎日新聞は、王国を揺るがす危機の主要な側面をレビューしています。第一は、「議会制度が息切れしている」という政治的危機である。Le Figaro誌によれば、「議会の母」と呼ばれるこの国は、「民主主義の教訓を他の国々に早くから与えてきたが、ここ数年、イタリアの政情不安やフランスの第四共和制を思わせるような光景を呈している」。経済的・社会的危機は、「ヨーロッパにおける記録的な貧困」と「1985年以来対ドルで最低水準にあるポンド」、健康危機は、やはり医療へのアクセス、さらには緊急治療室へのアクセスを「ますます困難」にしており、最後に、スコットランド、北アイルランド、さらにはウェールズが再統一主義の影響を受けているという潜在的アイデンティティ危機が挙げられる。ル・フィガロ誌は「シャルルは自分の王国の中で、母親が体現したようなセメントになれるかどうかを証明しなければならない」と警告している。毎日新聞は、73歳の新国王が「必ずしも刷新の最も明白な兆候ではない」と指摘し、明らかに疑念を抱いている。

サッカー連盟のリフル

雑誌『So Foot』が掲載した匿名の証言によると、フランスサッカー連盟の職員は、ノエル・ル・グラエ会長から性的なメッセージを受け取ったと主張している。この定期刊行物は、近年、この連盟内で「セクハラだけでなくモラルも」感じたため、数名の女性が辞職していると主張している。そこでフットも、2016年に「性差別的ユーモアの問題」についてのセミナーを開催したFFFでは、性差別が「芸術のランクに昇格」していると断言する。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220910-à-la-une-elizabeth-ii-le-deuil

メールマガジン購読
Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks