フランスは、特に若い男性の間で、日常の性差別を振り払うのに苦労している

#MeToo運動にもかかわらず、フランスの高等権庁(HCE)の報告書によると、多くの若い男性が女性に対する差別的または暴力的な行動が許容できると見ており、フランスでは性差別は「警報」なレベルにとどまっている。

「フランスでは性差別は減少していない。それどころか、その最も暴力的な症状のいくつかは悪化しており、若い世代が最も影響を受けている」とHCEは報告書に書いた。それは状況を「警報」と表現した。

2,500人の調査に基づいて、独立した諮問機関であるHCEは、ほとんどの回答者が原則として性差別を拒否したが、「実際には性差別を拒否していない」ことを発見した。

「女性の権利に否定できない進歩」があったが、HCEは、#MeTooの5年後、「フランス社会はあらゆる分野で深く性差別的なままである」ことを発見し、特に25〜34歳の年齢層の間で、性差別的なステレオタイプや決まり文句に対抗するのは難しいことが判明した。

行動を変えることを余儀なくされた

回答者の37%は、パートナーの要請による無防備なセックス(12%)やアルコールや薬物の影響下でのセックス(7%)など、合意のないセックスを経験したと答えた。

質問された女性の90%は、性差別のために日々の行動を変えたと答えました。半数は外出したり、一人で活動をしたり、好きなように服を着たりするのをやめました。

質問された女性の80%は、性別のために男性よりも人生で「あまりよく扱われない」と考えた。

「男性主義者」の決まり文句

しかし、男性は「心配を感じる」のが難しいと感じたり、性差別的な行動に個人的に責任を感じなかった、と報告書は発見した。

彼らの4分の1は、「性的暴行にあまりにも多くの注意が払われている」と言って性的暴力を軽視した。

報告書は、25-34歳の年齢層の「男性主義的な決まり文句」を強調しました。約20%は、社会で「男性として尊敬される」性的搾取について自慢しなければならないと答え、男性の4分の1近くが「尊敬を得るためには時には暴力的でなければならない」と述べました。

年齢に関係なく、40%は女性が子供の世話をするために働くのをやめるのが普通だと感じました。

35歳未満の半数だけが、65歳以上の79%と比較して、ポルノにおける女性のイメージが「問題」であると判断した。

HCEは、女性を「沈黙させる、または信用を落とす」ことを目的としたソーシャルメディアでの「男性主義者の襲撃」で、フランス社会全体で男性の「反発」を特定した。

状況の悪化は、オンライン暴力、ソーシャルメディアでの言葉による虐待、「野蛮な」コンテンツのポルノ制作などの新しい現象に起因している。

回答者の大多数は、フランス当局は問題に取り組むのに十分なことをしていないと述べた。

メンタリティを変えるキャンペーン

「普通の性差別は暴力的な性差別の温床である」とHCE会長のSylvie Pierre-Brossoletteはフランスの通信社AFPに語った。

それと戦うためには、幼い頃からメンタリティに影響を与える対策を講じる必要があります。

彼女は教育における「大規模な行動」とオンライン領域のより厳格な規制を求めた。

彼女はまた、昨年数人の議員がセクハラスキャンダルに巻き込まれた後、政治における性差別的な暴力と戦うための公的で独立した権威の創設を提唱した。

メンタリティを変えるために、HCEは、子供のためのジェンダーのおもちゃを禁止し、ジェンダー平等を尊重することを条件に企業に公的資金を条件とすることを推奨しました。

ピエール・ブロソレットは、フランスが反性差別の日を記念した日の報告書をエマニュエル・マクロン大統領に手渡した。

マクロンが調査を受けた後、HCEは「性差別がどのように始まるかを常に知っているが、どのように終わるかを知っている」というスローガンで公共および民間メディアの広告キャンペーンを実施しました。

https://www.rfi.fr/en/france/20230123-france-struggles-to-shake-off-everyday-sexism-particularly-among-young-men

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks