フランスの農家は、強制給餌なしで作られた「天然」フォアグラを販売するために戦う

フランス東部のアルザスの農家は、ガチョウを強制的に食べさせずにフォアグラを生産する方法を開発しましたが、物議を醸す繊細さの名前を保護する規則のために、彼女はまだその名前で彼女の製品を販売することは許可されていません。

フランス北東部のBas-Rhin地域にあるEberbach-GundershoffenにあるMeyer農場は、1985年からフォアグラを生産しています。

アリーヌ・マイヤーは、ガチョウに無理やり餌をやることなく、伝統を続けるつもりだと言います。

「個人的には、私はそれをするのが好きではない」とマイヤーはフランス・ブルー・アルザスに語った。彼らが幸せになるのを見るのは嬉しいし、彼らが最後まで歩き回っているのを見るのが好きだ。

文字通り「脂肪肝」と翻訳されたこの製品は、人気のあるフランスの珍味であり、しばしばお祝いの季節に提供されます。

リッチでバターのようなフォアグラは、全体で販売されるか、滑らかなムース、パフェ、パテに変わり、トーストで食べたり、伴奏として提供したりできます。

動物愛好家は生産方法を攻撃した。彼らは、肝臓を太らせるためにガチョウやアヒルに強制的に餌をやるのは残酷だと言います。

ハーブ入りの塩漬けの新鮮なフォアグラのサービング(イラスト)。© AP / M.スペンサー・グリーン
ハーブ入りの塩漬けの新鮮なフォアグラのサービング(イラスト)。© AP / M.スペンサー・グリーン

自然な食事パターン

マイヤーは、ガチョウは移動の準備をする際に自分自身を貪り、肝臓を膨らまさせるエネルギー備蓄を構築する自然な本能を持っていると説明しています。

彼女は彼らにトウモロコシ、小麦、大豆の豊富な食事を与えますが、蜂蜜に浸したパンやサルタナなどのおやつも追加します。

「それは私たちのようなものです。側に少しの楽しみがあれば、もっと食べるに違いない」と彼女は言った。

農家は、群れの肝臓を最大限に育てようとしていないと説明しました。「私の目標は400〜500グラムに達することですが、強制的に育てられた肝臓では、1キロ、1.2キロまで行くことができます。」

フランス南西部の農場でトウモロコシを強制的に食べさせられているアヒル。© ボブ・エドメ/AP
フランス南西部の農場でトウモロコシを強制的に食べさせられているアヒル。© ボブ・エドメ/AP

マイヤーによると、プロセスは可逆的であるため、動物にとって有害ではありません。

「特定の種類の飼料をカットし、基本的な食事のみを維持することをテストし、肝臓は再び縮小した」と彼女は言った。

しかし、この「天然フォアグラ」は、強制給餌動物のために予約されている公式のフォアグラアペラネーションを受ける権利がありません。

マイヤーは、早ければ来年も自分のバージョンを販売できることを望んでいると述べました。

従来の強制給餌よりも生産に2〜3ヶ月長くかかり、価格は伝統的なフォアグラの3倍で、1キロあたり530ユーロです。

https://www.rfi.fr/en/france/20231225-french-farmer-battles-to-market-natural-foie-gras-made-without-force-feeding

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks