ポッドキャスト:フランスの学校でのChatGPT、プラカードマン、最初のフランスの年金

フランスの学校でのChatGPT、プラカードマン、最初のフランスの年金 – powered by Happy Scribe

こんにちは、サラ。

こんにちは、アリソンです。さて、今回のエピソードの冒頭は外注に出すことにしました。

面白いね。では、私のイントロが嫌いなんですか?

ああ、そんなふうに受け取らないでください。いえいえ。私はChat GPTを使っているんですよ?このチャットボットは、非常に会話的な方法で対話し、驚くほど包括的なテキストを生成するものです。そこで、フランスの学生によるチャットGPTの利用について、学校や大学から懸念が高まっているというポッドキャストのコーナーのイントロとして、このボットにお願いしました。そして、その回答をテキスト音声合成ソフトにかけたところ、こんなものができました。

こんにちは。このコーナーでは、フランスの学生によるチャット GPT の利用の増加と、学校や大学における懸念についてご紹介します。近年、フランスの学生の間では、情報へのアクセスや課題を完了するための迅速かつ便利な手段として、チャットGPTが広く普及しています。しかし、この利用率の上昇に伴い、学校や大学からは、AI技術に頼ることが批判的思考や学問の健全性に与える影響について懸念の声が上がり始めています。このコーナーでは、こうした懸念と、学校や大学が取るべき対応策を探っていきます。チャットGPTの話題と、フランスの教育におけるその役割について掘り下げていきますので、ご期待ください。じゃあ、私は荷物をまとめて帰りますね。ええ、そうです。

悪くはないでしょう?学問の誠実さとか批判的思考とかいう問題が出てきて、それを餌にしたわけでもないのに、かなり退屈じゃないですか?ロボットボイスは仕方ないとして、スリリングなイントロでもない。

いや、その通りだと思います。それは…確かに魅力的ではないな。私のために何かをしてくれるわけでもない。でも、まあ、すべてのポッドキャストが、常に魅力的であるわけではありません。ノーベル文学賞ものでもないでしょう?

ええ、努力はしているんですけれどね。でも学生たちはこの当たり前のことに賭けていて 学校でチャットボットを使い始めているのですつまり、何人かはそれで宿題を済ましてしまうのです。他の学生は、実際にもっと深く使っています。

さすがはビジネスパーソン。

修士論文の執筆にChat GPTを利用したテオさん。彼は明らかに特定されることを望んでいません。彼はチャットボットに、文献レビュー、論文の構成、そして方法論の作成を依頼しました。

それは

機械が書いたものを全部使ったわけではないが、非常に信頼できる構造を思いついた、と彼は言う。しかし、機械が書いたものをすべて使ったわけではありません。彼は読書をしていたので、意味のない部分を書き直したのです。しかし、その機械が良いアイデアを与えてくれたので、それを論文に使ったと言う。さらに、これは孤立したケースではなく、彼の友人の何人かは、チャットGPTをさらに使いこなし、それが生成したものをすべて疑うことなく受け入れているそうです。

そこが心配なんですよね。考える必要がないのです。また、自分で調べるということを学んでいないことになります。

その通りです。誰がどのように使っているのかを把握することは、心配なことです。多くの教師や教授が、私の学生のうち誰が文章を書くのが下手で、誰がコンピュータを使ったことがあるのか、と言おうとしているのです。先週、理科大はフランスの大学として初めて、いや、世界でも初めて、チャットGPTやその他のAIテキストジェネレータの使用を禁止したところです。目視せずに使うのは不正行為にあたるというのです。

しかし、禁止令を出せば、実際、問題は解決するのだろうか。

たぶん、ない。Aiはなくならない。コンピューターはすでに、たとえばニュースビジネスで、短い記事を書いたり、ニュース番組を読んだりすることにまで使われているのです。

ええ、日本などではそうですね。ああ、正直に言えば、我々の仕事がかかっているんだろう。

ええ、多くのことが危うくなっています。そして、それは悪くもなり、良くもなる、見方によっては。テクノロジーは非常に速く進化しています。計算能力により、これらの機械は人間が生成した膨大な量のデータを使って学習することができます。公平に見てまあ、本やネットにあるものを全部使っているんですけどね。これをディープラーニングと呼びます。これが、私たちが耳にする、キャッチフレーズの一つです。昨年の夏、ソルボンヌ大学のコンピュータサイエンスの教授だったジャン・ガブリエル・ガラシアは、大衆科学月刊誌「ラ・ルシェルシュ」で研究の倫理について書いているコラムの一部を、チャットGPTならぬテキストジェネレータで書いていたそうです。

本当にすごいと思います。少し、いや、恐る恐るでしたが、文章の質の高さに驚きました。私は非常に単純な質問をしました。自動生成、アイデアの盗用、科学的整合性など。

への促しだったんですね。

機械?これだけです、ええ。とても感心しました。私は2ページの論文をdeepelを使ってフランス語に翻訳したのですが、非常に幅広い語彙と正しく構築された文章で、よく構成されていました。いくつかおかしな点がありましたがわかりました、でも…

テストに合格したんですか?

ある意味、そうですね。ウィキペディアのようなもので、非常に一般的な文章が書かれています。しかし、興味深いことに、製紙工場と呼ばれるものについて言及されており、科学的生産における製紙工場の役割について議論されています。

製紙工場とは?

そう、製紙工場とは、科学論文を作ることができる機械なのだ。科学者たちは、あまり正直ではなく、ジャーナルに送り、受理されることを望んでいる。

機械が調べ物をしているうちに、この現象を拾ってしまったのでしょうか。

この機械がどんなものを生み出すのか、見てみたかったからです。私はとても感動しました。というのも、「ああ、これは盗作だ」と思ったからです。というのも、このテキストの生成は、私たちが盗作と言ったときに念頭に置いているものとはまったく違うからです。盗作はある意味、強盗です。人を盗み、その人の名前に書かれたものを横取りする。そして、ここでは、すべての人口の言葉を再利用しているだけなのです。そして、これはまさに私たち全員が行っていることです。だから、盗作とは言い切れないのです。ですから、どのような違反行為なのか、どのような問題を抱えているのかを特定するのは難しいのです。

実際に文章を読んでみると、機械に書かせたものを読んで、とても平坦な文章だったので、とても面白いと思っています。あなたが言ったように、それは悪いウィキペディアのようなものです。とても平坦で、ほとんど。製紙工場は存在し、彼らは論文を雑誌に投稿する、と書いてありますが、何の例も挙げていません。引用もされていません。つまり、おっしゃるとおり、この盗作という考え方は、どこから盗作しているのかがわからないのです。このことは、学問や研究の場でどのように利用されているのか、どのように関係しているのでしょうか?

教育に関して、文章を書くと、残念ながら、私の生徒の何人かに比べれば、良い方だと思います。すごく良いとは言えないけど、すごく悪いわけでもない。

大学の現場で教授や先生として使われているときは、気づかないかも?

いや、そうかもしれない。そして、「そうか、彼はあまりオリジナルではないんだ」と。でも、これは正しいことなんです。

学生の皆さんの中で、これらのツールを使って論文を提出したことがある方はいらっしゃいますか?

まだです。私はコンピュータサイエンスの教授なので、学生に書いてほしいのは、たぶん問題を解決することなんです。ですから、文言はそれほど重要ではありません。問題は、教えるとき、訓練するとき、そして論文などを書かせるとき、何が難しいかを理解し訓練するのを助けることです。だから、こういう道具を使うと、たとえ平均点が取れても、問題は訓練されないということです。だから、ある意味、教育システムの失敗なんです。

どのような意味で?教育システムの失敗とはどういう意味でしょうか?

これを使って文章を書きたいという生徒がいること。

ある意味、何?成績にこだわりすぎて、勉強のための勉強という観点で考えていないから?

はい、その通りです。私たちは、今日、彼らがその試験を受けることがとても重要であることを承知しています。しかし、ある意味、良い教育とは卒業証書ではなく、彼らが何を学ぶかに基づいているのです。そして問題は、もしこのテクニックを使ってしまうと、彼らは学ばず、将来的に文章を書くことができなくなることです。しかし、問題はむしろ教授の方にあると思います。なぜなら、学生から罵倒されたと感じたら、それは本当に不快なことだからです。これは問題生徒というより、教授の問題だと思います。

だから生徒より先生にとって悪い、と。ええ、だって。

もちろん、大きな問題の1つは、生徒のテストと評価になるでしょう。ええ、そして。

友達は試験やテストが好きなのは知っています。私の子供たちも、ほぼ毎週受けています。

これは、多くの教育システムの基盤となっています。ティエリー・ド・ヴュリエとこの話をしました。彼は、Evidence Bというスタートアップの創業者で、小学生や高校生が語彙と数学を学ぶためのモジュールを開発しました。このモジュールには認知心理学のアイデアが使われていますが、AIツールを使って、苦手な生徒のために特別にパーソナライズすることも可能です。実は最近、文部科学省が国内の全小学校に数学のモジュールへのアクセスを提供しました。ということは、何かあるんですね。教育におけるAIの活用について話を聞いた。彼はもちろん、それに熱中しています。しかし、そのためには教師が授業やテストに対するアプローチを見直す必要があると言います。

あなたが何かを評価するとき、あなたの評価の形式がチャットGPTによって書かれた良い論文によって提供されることができるとき、あなたの評価はもう機能しません。私たちはそれをチートGPTと呼んでいます。

あなたが言っていることは、フランスの教育制度が多くの基礎になっているようですが。このテーマを研究し、エッセイを書き、考えを組み立て、論文を提出する。このようなツールが、私たちのやり方を見直すきっかけになるとおっしゃるのですか?

だから、フランスにはバカロレアがあるんです。象徴的な評価です。

これは、高校卒業時に行う大きな例の試験で、口頭試験と筆記試験があり、過去12年間に学んだことをすべて確認するものです。

その通りです。しかし、ここ数年、常に評価が行われるようになり、バカロレアはもう高等教育の重要なタイミングではなくなってきています。ですから、フランスの教育制度では、その場その場で評価することがますます増えています。これが1つの答えです。もうひとつは、私たちは世界中で電卓の大量導入効果を目の当たりにしてきました。電卓が登場したとき、JPPと同じように、「足し算や引き算をしなくなったら、大衆学習が台無しになる」と言われました。ですから、電卓があることで影響がある、と言う人はまだいます。しかし、生徒が知識を得る能力を高めるこれらのツールは、もちろん、教師やアカデミー、試験などの評価方法を変えるよう迫ります。でも、それは簡単に対応できるような気がします。

フランスは中央集権的な教育システムですから、そのお話は興味深いですね。トップダウンなのです。現在のような教育システムで、学生にとって効果的なツールを導入できると思いますか?

非常に中央集権的なシステムです。文部科学省があり、アカデミー・インスペクターがあり、そして他の教師がいる、と書いていますね。しかし、フランスの教育制度で最も強力なものは、教師の教育的自由です。すべての教師は、自分がどのように教えるか、このツールを使うか使わないかを決定する能力を持っています。ナショナルカリキュラムがあります。これは非常にトップダウンです。しかし、このナショナルカリキュラムの中では、教師の鍵である教育学は自由なのです。フランスでは今、チャットGPTについて多くのグループが活動しています。チャットGPTで答えを出し、何が正しくて何が間違っているのか、情報源は何か、チャットGPTの情報源になぜ偏りがあるのかをチェックするために、チャットGPTをどのように利用できるのか。そして、より良い知識を構築するための方法です。ですから、先生がこれらのツールを使って、生徒が批判的思考をする能力を高めることができると思います。それが先生のやり方です。それを禁止する先生もいれば、使う先生もいます。

つまり、先生方には、このようなツールを使うか使わないか、大きな自由があるということですね。先生方は、特定のツールを使うように、また創造力を発揮して既成概念にとらわれない発想をするように、先生方を励ますのが仕事なのです。しかし、このようなテクノロジーに対してオープンであることや、生徒の評価や生徒との関わり方を見直すことで、教師の文化や教師としてのあり方をどのようにお考えですか?

私はEdTechのスタートアップを立ち上げたので、ICTの使用については楽観的である必要があります。もちろん、COVIDは世界中の教育システム、フランスでさえも、教師の自信とこのツールの使用における進歩を支援します。ですから、アーリーアダプターもいれば、この新しいツールを試したい人もいますし、デジタルツールはいらないという人もいます。どれも良いことだと思います。良いのは、教師が使用するツールに自信を持っていることです。一般的な恐れや義務である必要はありません。

彼は明らかに、これらのツールを普及させることに既得権益を持っています。今のところ、私は少し懐疑的です。特に若い子たちには、まだ批判することを学んでいない段階で、このようなツールを手にすることになるとは考えられません。

見てみよう。A.

60歳で定年を迎えるという歌フランスでは今 年金の話が盛んです

今だ、サラ政府は定年退職の最低年齢を62歳から64歳に引き上げる改革を進めています。うまくいっていません。議会で激しく議論されています。何百万人もの抗議者が通りに出ています。

現役の人が退職者の年金を負担する現在の制度は、第二次世界大戦終了後の1945年に創設されました。でも、最初の年金はもっと古くて、サラ、17世紀と14世紀のルイまで遡るんだ。おお、すごい。太陽王。そうです。彼はまず海軍に光を当て、次にバレエダンサーに光を当てました。彼が最初の勅令に署名したのは1673年9月22日だから、450年前のナンシーだ。

では、なぜこの2つの職業なのでしょうか?海軍とバレエダンサーというのは ランダムな集団のように見えますが

そうなんです。ジャン・バティスト・コルベールの発案です。

ルイ5世14世の財務大臣。

ええ、でも英国海軍の事務総長でもあります。さて、当時フランスは、1672年に始まったオランダ戦争で知られている戦いをしていました。フランスはスペイン領オランダの領有を目指し、特に強力な海軍を持つイギリスとスペインを相手に戦っていました。そのため、フランスは海上での戦力を補強する必要があったが、少なくとも優秀な船員の確保に苦労していた。当時は、いわゆるプレス・ギャングと呼ばれる人たちに頼ることが多かった。これは最悪の場合、宿屋で酒を飲まされ、頭を殴られ、目が覚めたら軍艦の中で鉄格子に入れられていた、というものである。

そのため、多かれ少なかれ強制的な登録が行われています。おそらく、最もやる気のある人や規律正しい人を巻き込むには、最適な方法ではないでしょう。

コルベールはそれを理解していた。彼は、このシステムはうまくいっていない、海軍をもう少し魅力的にする必要があると考えました。そこで彼は、海兵隊員が年齢別に登録されるシステムを考え出し、それを奨励するために、転職した場合の無効年金などの特典を提供しました。

戦争ではよくあることでしょう。

そして、1673年の勅令で、英国海軍の傷病兵のための基金を導入した。船員たちは、賃金の約2.5%という少額の寄付をしました。この基金は、西海岸のロシュフォールと南部のトゥーロンにある2つの大きな病院の建設と維持のために使われたのです。ちなみにロシュフォールの病院は、ずっと後の1788年にようやく開院し、船員の未亡人や孤児を受け入れることになった。

なるほど、これは負傷者のためのものだったが、どうして老齢年金になったのだろう?

17世紀には、そしてその後も長い間、人々は文字通り倒れるまで働き続けました。

だから、引退は怪我をしたのと不倫で結構なことだった。

ええ、その通りです。もちろん、貯蓄や家族のいない人たちにとっては、とても厳しいことでした。そこでコルベールの制度は、海兵隊員の老後のためのセキュリティーネットを提供し、それは今も存在しています。それは、海軍特殊部隊(Establisement Nationale des Invalides de la Marine)、つまり海軍の特殊部隊として知られています。これは特別な制度で、医療と年金のための基金があります。

年金です。では、これらの特別な制度の1つ、それは脅威にさらされているのでしょうか?今、年金制度改革の一環として、これらの特別な制度を廃止することが検討されています。42の特別な制度があり、多くの場合、肉体的にきつい仕事をしている人たちのために設けられています。

いいえ、実際には、それは脅威ではありません。どういうわけか、海兵隊の年金はまな板の上に乗っていないのです。それはそれでいいのだろう。

なるほど、これが海兵隊か。では、バレエダンサーはどうでしょう?

ルイ14世は大のバレエファンであったことが判明した。12歳で初めて人前でバレエを披露し、治世を通じてダンスの振興に力を注いだ。海軍から25年後の1698年には、パリ・オペラ座のダンサーのための年金制度を定めた勅令に署名している。40歳定年制を導入し、2010年にサルコジ大統領(当時)が42歳に引き上げるまで、この制度は維持されました。そして、今回の年金改革案では、パリ・オペラ座バレエ団の154人のダンサーも特別な制度を維持することができるのです。サラ、この年金改革によって、多くの人々が街頭に出てきたのは言うまでもありません。

ええ、最初の2回のデモにはフランス全土で200万人以上が参加し、さらなる抗議行動も計画されています。

そして、このような抗議行動でメッセージを伝え、もちろんメディアの注目を集めたいのであれば、気の利いたスローガンを書いた、わかりやすい看板が必要です。ここフランスでは、価値のあるデモでは、両手をV字に広げた背の高い男が、4原色の大きな大文字でキャッチーなスローガンを書いた大きな看板を掲げているのを見ることができるのです。

あの人、見たことある。そして、彼の写真は多くの代理店カメラマンに取り上げられ、これらのデモを取り上げた新聞の一面を飾る写真になることが多いのです。

そう、彼のプラカードはとても特徴的だからだ。最近 ロンドンで行われた NHS 看護師の給与改善を要求する集会で、そのプラカードを見かけました。

ロンドンで?

ええ、その通りです。それで考えたんだ、この男は現象なんだとね。彼は誰なんだ?そこで、フランスの新聞が呼んだプラカード・マンについて、もう少し調べてみようと思いました。ジャン・バティスト・レデという名前で、ヴォルトワーヌという名前で活動しているんですが、これは金庫を連想させますね。

ヴォルトロンです。

彼は小学校の教師を退職し、ブルゴーニュ地方で質素に暮らしている。そして、フルタイムの活動家になっている。詩人でもあります。気候変動対策、社会正義、女性の権利、動物の権利、ベジタリアン、平和デモなど、あらゆる行進に参加し、プラカードを持って先頭を走っています。彼の出世作となったのは、2010年の年金改革デモの際に掲げた「民衆の怒りに耳を傾けろ」でした。そして、彼は今日もこの問題で非常に積極的に動いています。

I.

1月31日のデモの直前にパリのカフェで取材した。

私は、社会権、エコロジー、平和、世界民主主義のためにフルタイムでコミットすることを決意しました。それが私の人生です。私の家庭では、まったく幸せなことばかりではなかったので、子どもの頃からレボリューションしてきました。和気あいあいとした家庭はない。

愛想がない?

全然違いますよ。だから、まず自然や動物に親しみを覚えたんです。それが私の最初の家族でした。そして、第二の家族は、私が20歳のとき、社会的権利や平和などのために尽力したことです。私はいつも反乱を起こしています。

ジョン・バティストさんの有名なプラカードに「L’Ere, Listen to People」というのがありますね。

そう、民衆の怒りだ。

そのため、頭上に掲げる特徴的なプラカードによって、知名度が上がり、非常に目立つようになりました。

叫ぶように。叫んでいるようなそれは叫びだ。叫びなんだ、いつも叫びなんだ。

より良い世界を。グラフィックアートについて一言。これが写真に撮られ、時には世界中に送られるからです。

メインカラー、ベーシックカラーである黒、赤、青、緑を選び、大きな大文字で書きました。それから数年後、もうひとつ黄色を入れたのは、フラッシュみたいだからです。写真で私の看板を見ると、とても派手なので、それがいいんです。また、文字が大きいと、デモの時に遠くからでもよく見えるというメリットもあります。

また、身長が1.92と非常に高いので、このプラカードを遠くからでもよく見えるのです。それで、年金改革反対のデモに行くためにやった最新のものです。なんて書いてあるんですか?

マコンと生まれ、大統領と首相は辞任し、年金改革を止めろと書いてある。

文字通り撤回しなければならないということですが、年金改革も撤回しなければならないと言うのですから、言葉遊びですね。

だから、賢いんですね。そうですね、アイデアをくれたのは友人です。だいたい、デモの前に長い時間をかけて考えるので、アイデアは自分で見つけるんです。何度も何度も。夜中でも、新しいメッセージを考えることがあります。そして、そう、常に別の側面があるのです。2つのメッセージは常に重要です。

道具です。ここで大きな黒いカードを回してみてください大きさはどのくらいですか?いつも同じ大きさなんですか?

いつも1メートル大、1メートル40センチ。

長い、いつも。それで、この背面には

世界有数の資産家であるベルナール・アルノーの写真。

LVMHのトップなんですね。彼はそうです。

ルイヴィトン、何NCなど。

だからシャンパンの高級品。

そう、贅沢品だ。ベルナール・アルノー氏の問題は、彼が何年も何年も税金天国を利用してきたということです。彼は数十億を6つのタックスヘイブンに預けている。6つです。年金を払うお金がない、障害者を助けるお金がない、貧しい人を助けるお金がない、緊急の課題であるエコロジー移行に投資するお金がないと言うとき、私たちはたくさんのお金を持っています。しかし、このお金はすべてタックスヘイブンに多数存在しているのです。バハマ、デラウェア、モナコ、ルクセンブルク、リステイン、などなど。これはまったく不公平であり、耐え難いことです。

もちろん、EUはタックスヘイブンの取り締まりを強化する施策をとっています。

十分ではありません。ベルナール・アルノーのような人に対する税金を数人分決めていますが、それは大方効率的なものです。

この10年間で、どれだけのデモに参加したかご存知ですか?

いいえ。

つまり、数百?

私の答えは、戦うときも、愛するときも同じです。自分が何をしたかなんて、数えちゃいけない。数えない。あなたは行くのです。世界の不正に気づくだけでなく、そのために自分の人生を生きなければならない」というアルベール・カミュの言葉を引用させてもらいました。素晴らしい言葉です。私はこの人が大好きです。私たちはより良い世界のために常に戦わなければなりませんが、平和的に、しかしやる気をもって戦わなければならないのです。

あなたはもう引退しています。では、どうやって生活し、どうやってこれらの資金を調達しているのですか?パリに住んでいるわけではありませんから。だからブルゴーニュから通っているんですね。

そう、電車に乗ったり、ボチボチと。年金はトップクラスではありませんが、子供もいない、テレビもない、車もない、銀行にもお金を預けていないので、何とか生活していけるだけのお金はあります。

貯金はないのか?

私は自分の財産を持っていません。

全財産をデモにつぎ込むのか?

そうですね、詩の分野では、パリやフランスの書店でサインをした詩をたくさん書きましたから。

ジャン・バティストさん、特にパリではデモが暴力的になることがありますね。暴力に巻き込まれるような不快な経験をされたことはありますか?はい、あります。

1995年のある時、アラン・グーペールの年金改革に反対するデモもありました。彼は首相だった。フランスは1カ月近く封鎖され、私はジュイシエ大学で他の人たちと一緒に捕まり、一晩中拘束されました。でも、それは昔の話です。

ちょっと暴力的になってきたら、いつも離れているんですか?

どうなるんですか?慎重です。例えばドゥマンジでは、人の足の上を歩いたり、転んだりしないように、他の人に気を配らなければなりません。私の看板は大きいので、いつも強く握っているせいか、事故は一度もありませんから。何が起こっているのか、あらゆるところに目を配ることが大切です。例えばドゥマンジでは、他の人のサインに注目するのが好きなんです。ボブ・マーリーが言ったように、人は立ち上がり、立ち上がり、自分の権利のために闘うのです。それが大事なんです。だから、彼は私が愛する人々のパンテオンの中にいるのです。また、私はパリで難民やウイグル人のための移動式エージェントを組織しています。農薬撲滅のためのデモ行進を行い、エコロジー省に歓迎されました。移動販売で素晴らしいのは、いつもいい人たちに出会えることです。有名な人、そうでない人、いろいろな人に会います。でも、僕には上下関係がないんです。蝶に優越感を感じない。それが私の人生哲学です。

デモをやっていると、ほとんどコミュニティがあると言いますが、ほとんどの人はいい人なんですが、ちょっと抵抗があったりするんでしょうか?いつも先頭を走っているじゃないか、と言う人もいるかもしれません。ちょっと注目されすぎているのかもしれませんね。

なぜなら、ほとんどの人は、私のところに笑顔でやってきて、「ああ、神様、あなたの看板が大好きです」と言ってくれるからです。素晴らしいですね。あなたはいつもここにいますね。でも、私はすぐに返事を返します。また、あなたは喧嘩をし、婚約しています。あなたはどこにでもいるから、どこでも私を見かけると言う。だから、私は褒め言葉を返します。

ある日突然、何があなたを立ち止まらせるのでしょうか?

私はよくジョークを言うんです。どんな冗談にも、その中に真実があると言ったのです。それは、私がこの世を去って他の人生を始めるとき、この中に横たわっているとき、私は二重の顔を持っているだろうということだ。

偽底?

そう、デモに行くためです。

つまり、棺桶の中に仕掛け扉があるということですね。すごいイメージですね。

そうです。だから、昼でも夜でも、いつでも出られると彼は言っていました。しかし、イメージといえば、パリのデモで、いくつかの看板が、同じ大文字と同じ4色を使って、彼の作品のミニバージョンのようだったことに気づきました。スローガンはもちろんパンチが効いていないし、持っている人もわざわざ頭上に掲げているわけではないので、あまり目立ちません。しかし、お世辞にも真似とは言えない。さて、番組もいよいよ終盤。スポットライト・オン・フランスは、ラジオ・フランス・インターナショナルの制作です。このエピソードはセシル・ポンピニーがミキシングを担当しました。

ご質問やご意見はございませんか?ぜひご連絡ください。ぜひお聞かせください。スポットライト宛にメールを送ることができます。[email protected]. また、Instagramのspotlight on Franceでも私たちを見つけることができます。

過去のエピソードはrfiでご覧いただけます。E nglish.Comなど、ポッドキャストを入手できるところで入手できます。3月9日にまた戻ってきます。それでは、サラ、さようなら。

じゃあね、アリソン。

シュアレです。

はい、そうです。24時間で100%、35時間でラ・セーヌ、その他は彼女をチップタックします。この人生を日雇い労働にしよう。搾取する側の奉仕だ

最も壊滅的なグループ。この法律の対象者に

好意を持っている。国が実行したのは Le plafolement des indemnities, on n’peux pas s’courer.C’est parcourer d’et le salarié.

カーター、君は行くんだ

なるように。

オン。

トップ・トドLet’s go!レッツゴー!


フランスの教育者がChatGPTのような新しいAIベースの技術にどのように取り組んでいるか、そしてそれが教育、評価、学習にどのように影響するか。フランスのデモで最も有名な男であるヴォルトゥアンは、フルタイムの活動家としての生活について語っています。そして、フランスの年金制度の17世紀の起源。

チャットボットChatGPTによって書かれた論文を提出するフランスの学生の増加に直面して、有名なSciences Po大学は最近、詐欺や盗作に対する政策の一環としてその使用を禁止しました。しかし、人工知能はここにとどまり、フランスの教育者はそれを把握しなければなりません。コンピュータサイエンスの教授Jean-Gabriel Ganascia(@Quecalcoatle)は、研究雑誌にコラムを書くためにテキストジェネレータをテストし、その結果に非常に感銘を受けました。教師にAIベースの学習ツールを提案するスタートアップの創設者であるThierry de Vulpillières(@tdevul)は、フランスの教師と教授は、学生をどのようにテストし、評価するかを再考する必要があると述べています。(@0’を聴く)

パリのほとんどの大きなデモの正面には、V字型に腕を伸ばして、大きな大文字で鮮やかな色のキャッチーなスローガンが書かれた巨大な看板を掲げている男性が見えます。フランスのメディアが彼を吹き替えた「プラカードマン」は、気候正義、社会正義、女性の権利、動物の権利、そしてもちろん年金改革など、闘争の収束の一環として何百もの行進に参加しています。Voltuan(@Voltuan)という名前のJean-Baptiste Reddéは、彼の人生をアクティビズムにコミットすること、とても目に見えることがどのようなものか、そしてパリのカフェで彼のスローガンを考え出すことについて語っています。(@19’18”を聴く)

労働者が現在の退職者の年金を支払うフランスの年金制度は、第二次世界大戦末期の1945年に設立されました。しかし、最初の年金は、ルイ14世が海軍とバレエダンサーの勅令に署名した17世紀にさかのぼります。最初の年金は450年前の1673年9月22日でした。(聞く @14’15”)

セシル・ポンペアニによるエピソード。

https://www.rfi.fr/en/podcasts/spotlight-on-france/20230209-podcast-chatgpt-in-french-schools-voltuan-the-activist-the-first-french-pensions

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks