新しい冷戦

安全保障会議は今日ミュンヘンで始まります。3日間、フランスのエマニュエル・マクロン大統領を含む100人以上の国家元首と政府首脳が、ウクライナでの戦争が始まってからほぼ1年後、ドイツのオラフ・ショルツ首相周辺でミュンヘンで会いました。

この世界の偉人だけでなく…毎日のL’Humanitéは、ミュンヘンで「世界的な公共救済の使命」を達成しようとする「武器産業の世界ヘビー級と大西洋同盟のチーフストラテジスト」の存在を強調し、ミュンヘン会議で「最大限の探求」を見ているL’Humaは笑う

しかし、ミュンヘンでは、通りは聞かれることを約束します。L’Humanitéは、「平和活動家(…)今週の土曜日に市内の路上で大規模なデモが計画されている」の存在を報告しています。ロシア帝国主義だけでなく、NATOの帝国主義と、プーチンの好戦主義が同盟の好戦的な台頭として育む取り返しのつかない爆発のリスクを非難する。Attac Germanyやライン川を渡る唯一の反戦党であるDie LinkeなどのNGOの活動家がそこで会った」とL’Humaは言う。

ミュンヘンでは、ヨーロッパは壁のふもとにあるだろう。キエフの西側の同盟国は「孤立している」ため、新聞ラ・クロワは一面に述べている。カトリックの日刊紙によると、「西洋人はロシアの挑戦に直面して一人でいる」。

南アフリカの目撃者で、ケープタウン沖で10日間、ロシアと中国の海軍が今週の金曜日から南アフリカ海軍との軍事演習に参加します。南アフリカがブラジル、ロシア、インド、中国とともにブリックスのメンバーであることを思い出して、ラ・クロワは、これらの海軍演習は確かにそれほど壮観ではないことを認めています。しかし、軍事ルーチンを超えて、この新聞はそれを「ウクライナの紛争に関する西洋人の立場に関するプレトリアの非同盟」の結果と見なしています。

アフリカのためのウクライナの小麦

正確には。アフリカのこのロシアマニアマニフェストに対抗するために、ウクライナは穀物を寄付しています。これは「ウクライナからの穀物」作戦です。翻訳:ウクライナからの穀物。JournalLibérationのダブルページ。12月30日から1月2日の間に、11万トンのウクライナの穀物がソマリアとエチオピアに送られたと報告されています。

「水曜日にケニアに向けて25,000トンを積んだ別のボートが残っている」とリベは言う。そして、他の2人はすぐにスーダンとナイジェリアに向けて出発するはずです。人道的活動は、約30のドナー国から集められた2億ドル(1億8700万ユーロ)のおかげで実際に資金が資金を提供しました。しかし、ウクライナ当局者はまた、これまでほとんど知られていなかった大陸への訪問を倍増させている。

ウクライナ当局者のアフリカ訪問を詳述したリベは、ウクライナでの戦争は「アフリカで予期せぬ結果をもたらした、それは「共通の原因」を作りたい、あるいはキエフを初めて大陸に近づけたいというこの願望である」と指摘している。この人道的活動は「ウクライナとは異なり、アフリカの土壌ですでに十分に確立されたロシアとの激しい競争でもある」と日刊紙は述べている。

「ウクライナにとって、アフリカは優先事項となっている」とウクライナの農業大臣は言う。「1年前に誰がそれを想像できただろうか?「、リベラシオンに注目。

年金に関する議会のコーダ

最後に、フランスの年金改革の2つの言葉は、上院への通過前に、今夜国会での政府のテキストの審査が終了します。そして、リベラシオンにとって、それは「ハーフタイム」です。インターユニオンの仕事を歓迎し、この日刊紙は「すべてのデモは暴力なしで行った」と強調している。私たちはその習慣を失っていた。彼らの団結は、特に小さな町で行列を膨らませた。そして、リベにとって、間違いなく、組合は「この前半の勝者としてロッカールームに戻ります。しかし、2番目は落とし穴で舗装されることも知っています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20230217-à-la-une-la-nouvelle-guerre-froide

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks