日本の新型コロナ: ヘルスパスのアイデアについて東京では意見が分かれている

日本では、早ければ1月中にもコヴィド19の第6波が発生するのではないかと専門家は懸念しています。また、韓国では、感染者数が再び増加しています。そして、オミクロン・バリアントは世界中に広がっています。それゆえ、日本人を二分する質問である「ヘルスパスを導入すべきか?なぜなら、そのようなパスはまだ列島に存在しないからだ。いずれにしても、形式的で強制的な方法ではない。

ブルーノ・デュバル東京特派員と

日本では、ほとんどのお店がお客さんの予防接種の有無を確認していません。ワクチン接種の証明書を提示すると、クーポン券や割引券、抽選券などがもらえることもあり、このシステムは任意のものです。

日本のCovid-19対策では、強制的な措置を取るべきでしょうか?東京の人は分け隔てなく 「日本ではワクチン接種が義務づけられていないので、健康パスを課すのは矛盾しているように思えます」と言う人がいます。

「私は、このようなパスはもっと前から導入されるべきだったと思います。また、「多くの人に安心感を与えることができる」という意見もある。ある女性は、「ワクチンが新種のウイルスに有効かどうかわからないのだから、PCR検査をもっと迅速に利用できるようにすべきだ」と語りました。

「平日の夜に仕事を終えてから飲みに行くことができなくなったので、パスを提示しなければならなくなっても何の問題もない」と、首都に住むある人は言う。ある東京人は、「上司の指示で、すぐに家に帰れと言われています。そのためには、あの変種を社内に持ち込まないようにしなければなりません。

日本人の80%がワクチンを接種しており、マスクを外さず、バリアフリーを徹底している国です。そのため、政府はヘルスパスを押し付けるのではなく、国民の市民意識と規律、そして社会的圧力に頼り続けることができたのです。日本では、誰もが常に完璧な行動を取ることが求められているからです。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211206-covid-19-au-japon-à-tokyo-l-idée-d-instaurer-un-passe-sanitaire-divise