日本では、ニホンザルが襲い、住民が身を守る

7月上旬から、西日本の山口市で野生のニホンザルが住民を襲い、負傷させる事件が発生しています。本日、地元当局が初めて、問題を起こしていたサルの一匹を捕獲・殺害することに成功したのです。このマカクの襲撃の波は、日本のマスコミを賑わせている。

山口市の消防団と警察は、ついに犯人の一人を捕らえた。オスのマカク、4歳くらい、体高50cmくらい。校庭でスナイパーに発見された。彼は麻酔の矢で動けなくした。

通常、この皮下注射器は非常に危険な動物に使用される。このサルは、ある攻撃の加害者であることが確認された。市当局はすぐに処刑したが、その死は他のサルへの抑止力にはならない。

攻撃は続く。当初、小猿は子供や女性を襲っていた。今は、お年寄りや大人の男性を襲っている。警察は、これが孤立したニホンザルの集団の凶行なのか、それとも日本の多くのサルの間でこのような行動が広まっているのか、分かっていない。

山口県民は傘と鋏で身を守りました。

日本の海岸でイルカに噛みつかれた時の注意事項
野生動物が日本の当局に苦言を呈しているのは間違いない。日本の中部地方では、イルカが数人に噛みついた疑いがあるとして、海水浴客に警告を発し、地元自治体がイルカに近づかないよう呼びかけています。

イルカが何度も目撃されている福井県の海岸では、7月27日(水)、イルカを追い払うために超音波を発する装置を設置したと、地元の関係者が発表した。また、海岸にはイルカに触れないように呼びかける看板も設置されました。

地元メディアによると、7月9日に正式に観光シーズンを迎えた同ビーチでは、イルカに噛まれる事件が少なくとも10件報告されているという。

(AFP)

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220727-au-japon-les-macaques-attaquent-et-les-habitants-se-défendent

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks