睡眠障害の代表的な原因とは?

私たちは平均して、人生の3分の1をベッドの上で過ごしています。ある人は喜び、ある人は悪夢となる。ひとつだけ確かなことは、誰にとっても睡眠は必要だということです。

睡眠障害は、フランス国民の3分の1が罹患していると言われていますが、集中力の欠如、記憶力の低下、注意力の低下、体重過多など、健康にさまざまな影響を及ぼします…

なぜ、睡眠は時として複雑になるのでしょうか?睡眠障害の代表的な原因とは?

パトリック・ルモワン博士(精神科医、睡眠専門医)。著書に「Docteur, j’ai mal à mon sommeil : pour dormir naturellement」(オディール・ジャコブ社刊)がある。

睡眠障害の代表的な原因とは?| アンテンヌフランス

[ja] 睡眠障害の代表的な原因とは?.mp4 – powered by Happy Scribe

Lemoine先生、こんにちは。

メールマガジン購読

こんにちは、睡眠を専門とする精神科医ですね。

PSYクリニカルグループのメディカルディレクターであり

「Docteur」など多数の著書を持つ。

j’ai mal à mon sommeil』(オディール・ジャコブ社刊)。

なぜ眠るのか。

時に乱れ、複雑になる。

植物を含め、すべての生き物は休息が必要です。

そして、私たちが動物になった途端、

爬虫類以降、私たちは皆、睡眠を必要としています。

なぜなら、楽しく健康に生きるためには、

よく眠ることが必要だからです。

しかし、睡眠はもろもろの現象です。

手入れをし、邪魔になるようなことは避けなければならない。

最も重要な原因は一体何なのでしょうか?

睡眠障害の一般的な原因とは?

原因は複数あります。

主な原因としては

騒音、熱

不安や寝具の悪さ、部屋の明るさなど

また、すべての有害な原因もあります。

1つ目は、カフェインで、これに含まれています。

お茶に、コーヒーに、チョコレートに。

エナジードリンクやコーラ飲料に

それから、パーキンソンの薬もたくさんあります。

高血圧の薬

他の薬、さらには

睡眠薬は眠れなくなる

そして、ごく一般的な睡眠薬を思い浮かべるのですね。

その通りです。

そして、心理的な原因もあります

2つのイベントから発生しています。

75%の場合、うつ病。

また、物理的な原因もあり、その中でも

身体的な原因、最も一般的なのは痛みです。

意識しているかどうか、

急性か慢性かにかかわらず、すべての痛み。

しかし、それ以外にも

甲状腺機能亢進症、糖尿病、肥満など、

他の原因によるものです。

つまり、不眠症の治療の前に、

原因を知ることが必要なのです。

医学の常として。

レモワン先生ありがとうございました。

精神科医であり、睡眠の専門家です。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/le-conseil-santé/20220801-quelles-sont-les-causes-les-plus-fréquentes-des-troubles-du-sommeil

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks