CO2、微細藻類が救う

温室効果ガスの排出削減を目指し、フランスの企業が産業現場向けのCO2回収装置を開発しています。光合成によって工場排ガスを餌とする微細藻類を利用したものです。この微細藻類は、その後、食品産業の原料に生まれ変わります。

CO2、微細藻類が救う| アンテンヌフランス

化石燃料で動く産業や自動車から大量に放出される二酸化炭素は、文字通り私たちをゆっくりと殺していく可能性がある、と気候変動を分析する科学者たちは数十年前から警告を発してきた。

温室効果ガスの排出削減を目指し、2021年にフェルメンタルグ社とスエズグループの主導で誕生したスタートアップ企業「カーボンワークス」は、微細藻類の培養によるCO2の回収に特化しています。カーボンワークス社の社長ギョーム・シャルピーは、「数千トンのCO2を工場の排煙の発生源で直接回収できる、新しい規格の産業用フォト・バイオリアクターを開発しました」と説明する。

“微細藻類は、産業界から排出されるCO2を直接餌として、光合成現象の作用のもと、CO2を同化する炭素と大気中に放出する酸素に分解してくれます。非常に速いスピードで増殖し、バイオマスを形成する。

技術的には、二酸化炭素を含んだ工場排煙の上流に設置したパイプで二酸化炭素を回収し、最大限浄化しています。次の段階は、成熟した微細藻類が形成するバイオマスから、産業界が関心を持つ分子を抽出することです」とGuillaume Charpy(ギョーム・シャルピー)は付け加える。例えば、ある種の微細藻類が分泌する毒素から殺菌剤を製造したり、脂質やオメガ3、食品着色料、飼料用の高付加価値原料を製造したりしています。1トンのバイオマスを生産すると、2トンのCO2が発生することになります。フォトインダストリアルバイオリアクターでは、1ヘクタールあたり年間10,000トンのCO2をリサイクルすることを目標に掲げています。

カーボンワークス社は、準工業規模のフォト・バイオリアクターの建設と2023年までの稼働を目指し、すでに1100万ユーロを調達しています。このプロジェクトは、ジロンド県セスタスのメタン化施設に初めて設置された実証炉に続くものです。このフォト・バイオリアクターにより、微細藻類から成分を抽出し、合成農薬に代わる天然の防カビ剤として、特にブドウ園で利用することが可能になります。

メールマガジン購読

また、この新しいユニットの目的は、苦しんでいる環境をより尊重し、かつ利益を生み出す、循環型のCO2経済への移行をメーカーに促すことです。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20220730-co2-les-micro-algues-à-la-rescousse

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks