100歳のフランスのサイクリングチャンピオンがオリンピック聖火リレーに参加

元フランスオリンピックサイクリングチャンピオンのシャルル・コストは、昨年2月に100歳の誕生日を迎えました。数ヶ月後、彼は2024年のパリの10,000人のトーチベアラーの1人になります。

パリオリンピックの聖火リレーは5月8日にマルセイユで始まり、7月26日の大会の開始に向けて終了します。

それは10,000人のトーチベアラーで400の町を通過します。彼らの中で一番年上は2月8日に100歳になったチャールズ・コストです。

コストはフランス最古のオリンピックチャンピオンです。彼はトラックサイクリングのチーム追跡イベントで1948年ロンドン大会で金メダルを獲得しました。

彼は現在、パリ近郊のボワ・コロンブに住んでいて、彼のアパートには、彼のオリンピックの思い出に捧げられた部屋全体があります。彼の金メダルは、他の賞と一緒に陳列ケースに入っています。

1948年のロンドン大会で獲得したチャールズ・コステのオリンピックメダル。© AFP - ジョエル・サゲット
1948年のロンドン大会で獲得したチャールズ・コステのオリンピックメダル。© AFP – ジョエル・サゲット

オリンピックチャンピオンは1948年のロンドン大会での勝利を何も忘れていない。

「オリンピックチャンピオンになることは、その日、私たちの夢が叶った」と彼はRFIのロリーン・デュレに語った。

その日は、今日の式典とは異なるメダル式でマークされました。

「私たちはとても小さな表彰台にいました。私たち4人を一緒に保つのは難しかった。私たちは箱の中のメダルを与えられた」とコステは説明した。

しかし、その日はわずかな欠点がありました。チャールズと彼のチームメイトは国歌を奪われた。

「私たちはしばらく待ってから、「マルセイエーズのディスクが見つかっていないので、表彰台から降りることができます」と言われました。

もちろん、私たちは少しがっかりしましたが、私たちの夢は実現し、それはすでに大きな喜びでした。

金メダリストのフランスのフェルナン・デカナリ、ピエール・アダム、セルジュ・ブルッソン、チャールズ・コストは、1948年8月10日のロンドン夏季オリンピックの男子チーム・パシュート決勝トラックサイクリングイベントの後、表彰台でポーズをとった。© AFP - ファイル
金メダリストのフランスのフェルナン・デカナリ、ピエール・アダム、セルジュ・ブルッソン、チャールズ・コストは、1948年8月10日のロンドン夏季オリンピックの男子チーム・パシュート決勝トラックサイクリングイベントの後、表彰台でポーズをとった。© AFP – ファイル

コステのサイクリングへの情熱は、非常に若い頃に始まりました。

「両親は私に三輪車を買ってくれました。私はよく家でテーブルを回っていました。私は2歳、2歳半でした。

「私はいつもオリンピックの精神を持っていました。私の母は、私が10〜12歳のとき、私はオリンピックチャンピオンか軍隊の将軍になると言っていました。私はオリンピックチャンピオンを選ぶことを好んだ。

サイクリングはまた、60年以上前にヴェルサイユ近郊のランブイエでサイクリングレース中に妻のイヴェットに会うことを可能にしました。

勝利から76年後、コステは今年の夏にパリ大会に出席する予定です。

「それは私にとって素晴らしいことです。私は1924年に生まれました。私は24歳でオリンピックチャンピオンであり、2024年にはパリ大会に参加したいと思っていますが、これは私にとって壮観です」と彼は言いました。

100年後、彼はトーチベアラーの一人として首都のこの新版に彼自身の方法で参加します。

https://www.rfi.fr/en/france/20240319-hundred-year-old-french-cycling-champion-to-take-part-in-olympic-torch-relay

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks