ツール・ド・フランス女子:マリアンヌ・ヴォス、究極の夢である黄色に輝く

オランダ人ライダー、マリアンヌ・ボスは、その信じられないような数々の功績により、バイクで素晴らしい時を過ごしてきました。イエロージャージを着ることは、彼女の夢の一つだった。7月25日、プロヴァンでレースを引き継ぐ。

ツール・ド・フランス女性特派員より。

ロードで3度の世界チャンピオン、ロードとトラックでオリンピックチャンピオン、シクロクロスで8度の世界チャンピオン、そしてジロ・デ・イタリアで32ステージを走破したことは言うまでもありません。マリアンヌ・ボスは、その驚くべき業績により、現役の自転車競技の最高峰のチャンピオンとなりました。

彼女の夢はただ一つ、女子ツール・ド・フランスでイエロージャージを着ることだった。35歳、家族と一緒にライダーを見送った少女は、最後の願いを叶えた。7月25日月曜日、プロヴァンの街角で、彼女は指導者のチュニックを取った。

「イエロージャージを着るのは特別なことだ」

“私 “にとっては特別なものです。数年前までは望むべくもなかったものを手に入れたのです。この瞬間を身近な人たちと共有したのです。カッコよかったです。イエロージャージを着ることは特別なことです」と、女子ツール・ド・フランスの復活を訴えてきたオランダ人ライダーは語った。

そして明らかに、彼女の鬼のような食欲には、年月の重みは関係ない。年齢は数字に過ぎない」と、彼女はまっすぐに語る。いい感じです。一番大切なのは、成功すること、そしてやる気を持つことです。健康であれば、続けられる。いつも楽しくトレーニングしています。チームで、みんなで力を合わせて、ベストを尽くそうという気持ちが強いです。特にレース終盤では、この経験が役立っているのは明らかだ。だからといって、失敗をしないわけではありません。いつも勉強になります。

「最高の広報担当」である。

今回のツール・ド・フランスは、マリアンヌ・ヴォスにとって重要なものです。「9年前、初めてシャンゼリゼ通り(La course By Le Tour de France、編集部注)でレースをしたときは、こんなに早く実現するとは思っていませんでした」と彼女は認める。今日、現実はそこにある。7月のツール・ド・フランスの道では、女子ペロトンも話題となる。子供のころは、弟と一緒にチームバスの中でサイン探しをしたそうだ。両親と一緒に、アルプ・デュエズを登る選手たちを眺めた。今、イギリスのマーク・カヴェンディッシュなど現役のライダーが、このチャンピオンを賞賛している。「彼女は私たちの最高のスポークスマンです」とレースディレクターのマリオン・ルース氏は言う。30年以上ぶりに復活したこのイベントにとって、天の恵みと言えるでしょう。

メールマガジン購読

現在、6歳で自転車を始めたマリアンヌ・ヴォスは、このスポーツが夢を叶えてくれた場所で、車輪を下ろせることを幸せに思っています。例えばパリ〜ルーベでは、ベロドロームに入ってきたときに魔法を感じたと認めている。2021年10月の初開催の女子レースでは、2位に入賞した。

マリアンヌ・フォスは21歳のとき、ロード、トラック、シクロクロスの3種目で世界選手権のタイトルを獲得した最初のサイクリストとなった。好きなことをやって、好きなことをやっていれば、幸せだと思います」と、最近、日刊紙『レキップ』に語っています。

 

https://www.rfi.fr/fr/sports/20220726-tour-de-france-femmes-marianne-vos-en-jaune-un-rêve-ultime

Default image
Antenne France
Articles: 710