カテゴリー ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランス女子:ジュリエット・ラボス、総合優勝の可能性大

ジュリエット・ラボース
7月30日(土)、ツール・ド・フランス・フェムのペロトンは、2022年大会の最後の2ステージで山岳地帯に挑みます。DSMチームのリーダーで、現在総合7位のフランス人ライダー、ジュリエット・ラブーは、この大会で表彰台に近づきたいと考えています。特に7月31日(日)に開催されるスーパープランシェ・デ・ベルズ・フィル(Super Planche des Belles Filles)ステージが注目されます。

ツール・ド・フランス女子:サンドラ・レヴェネス選手、最年長と最年少を同時に達成

サンドラ・レヴェネスは、2022年ツール・ド・フランス・フェムスの最年長選手です。43歳のこの元デュアスロン世界チャンピオンは、アマウリスポーツオーガニゼーション(ASO)が主催するこの第1回大会を十分に楽しむために、年齢が問題でないことを証明したいと思います。

ツール・ド・フランス女子:ペロトンで活躍する女子選手たちの8つの黄金時代

7月24日(日)に第109回ツール・ド・フランスが閉幕しますが、新たに女子ツール・ド・フランスがスタートし、自転車の祭典はさらに広がります。144名の女子選手が同日パリをスタートし、フランスの首都とアルザス地方を結ぶ8つのステージで構成されるツアー(7月24日〜31日)に参加する予定です。

ヴァレンティン・マドゥアスの日誌 第4話「誇らしさと失望」

ヴァレンティン・マドゥアスは今年、グルパマFDJから3度目のツール・ド・フランスに参戦し、現在総合5位につけているリーダーのダヴィッド・ゴードゥや、経験豊富なティボー・ピノと一緒に仕事をしています。ペロトンの内側から、レースの良いところ、悪いところを、週刊ロードダイアリーで伝えてくれています。この第4話は、コレクターズアイテムになるかもしれない。バレンティンは見事な勝利に近づいたが、ピレネーの第1ステージ、フォワで単独優勝したカナダのユーゴ・ユーレに負けたのである。また、今話題の一つであるツール、そしてフランスの暑さについても語っています。

2022年ツール・ド・フランス:第15ステージでフィリップセンが優勝、ヴィンゲゴールは2人の副官を失う。

スプリントで、ベルギーのジャスパー・フィリップセンは7月17日日曜日にカルカソンヌでツール・ド・フランスの第15ステージを獲得しました。燃えるような太陽の下で、ジョナス・ヴィンゲガードは苦しんだ。黄色のジャージは軽度の転倒の犠牲者であり、特に引退を余儀なくされた2人のジャンボビスマチームメイトを失った

ツール・ド・フランス2022:マシューズが第14ステージで勝利、ヴィンゲガードはまだポガカルより先んじている

7月16日土曜日のサンテティエンヌとメンデの間のステージは、マイケル・マシューズがソロで優勝した。オーストラリア人は2017年以来、グレートループに勝利していなかった。後ろに、黄色のジャージのジョナス・ヴィンゲガードはタデジ・ポガカルを数秒間連れ戻す機会がなかった。

ヴァレンティン・マドゥアスの日誌 第3話:「休息」の日

ヴァレンティン・マドゥアは、現在総合5位のリーダー、ダヴィッド・ゴードゥとともに、経験豊富なティボー・ピノとともに、今季3度目のツール・ド・フランスに参加するグルーパマFDJの選手である。ペロトンの内側から、レースの良いところ、悪いところを、週刊ロードダイアリーで伝えてくれています。このエピソードでは、彼と彼のチームにとって成功したスタートを切った後、休息日の管理について、そして灼熱の気温が予想される次のステージの挑戦について語ります。

ヴァレンティン・マドゥアスの日記 第2話「石畳の後、あちこちがちょっと痛い」

若きブルトン人ライダー、ヴァレンティン・マドゥアスは、今年グルパマFDJチームから3度目のツール・ド・フランスに参戦し、リーダーのダヴィッド・ゴードゥや経験豊富なティボー・ピノと一緒にレースを戦っています。ペロトンの内側から、レースの良いところ、悪いところを、週刊ロードダイアリーで伝えてくれています。今日は第2回、北フランスの有名な石畳のステージの夕方に

ツール・ド・フランス:第6ステージでスロベニアのタデイ・ポガカーが勝利し、イエロージャージを獲得

スロベニアのタデイ・ポガカー(UAE)は、7月07日(木)に行われたツール・ド・フランス第6ステージのロングウィで優勝し、総合首位に立った。 ポガカーは、ベルギー人ライダー、ワウト・ヴァン・アートを破り、イエロージャージを獲得。

ヴァレンティン・マドゥアスの日記 第1話「コペンハーゲンの素晴らしい雰囲気」

ヴァレンティン・マドゥアスはブルトン出身の若手選手で、チームリーダーのダヴィッド・ゴードゥ、ティボー・ピノとともに、今年グルパマFDJチームで3度目のツール・ド・フランスに出場している。ペロトンの内側から、レースの良いところ、悪いところを、週刊ロードダイアリーで伝えてくれています。