タグ:裁判

  • フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が議会に提出される。ブルカとは、イスラム教の女性が着る衣装で、全身を覆う服だ。ニカブという目以外を覆う衣装も同様に…
  • クリアストリーム事件で前首相に禁固刑1年6ヶ月求刑

    クリアストリーム事件で起訴されていたドビルパン前首相だが、これまで終始一貫して事件への関与を否定。初公判では家族と出廷し身の潔白をアピールするなどマスコミへのパフォーマンスも手堅く行ってきた。サルコジ大統領を批判…
  • 学校での携帯電話使用禁止へ

    フランスでは電磁波による健康障害を懸念する人が多く、電磁波にまつわるニュースはこれまでにも何度かお伝えしてきた。最近では、パリで自宅付近に携帯中継アンテナが設置されるのを嫌がって、裁判を起こした夫婦が勝訴したというケース…
  • 院内感染の真実は?20年越しの裁判始まる

    フランスで注目の裁判がまたひとつ始まった。20年越しの審判が下るのか、1988年に起きた院内感染で3人の関係者が起訴されている。当時最新型だった手術室だが、この病院で背中の手術を受けた58名が院内感染し、今も苦痛…
  • クリアストリーム事件、ドビルパン元首相の公判はじまる

    ニセの裏金疑惑をかぶせて、サルコジ大統領の失脚を画策したとして訴えられているクリアストリーム事件で、ドミニク・ドピルパン元首相の初公判が21日から開始された。フランスでは今年もっとも注目を浴びている公判で、ドビル…
  • 電磁波はどのぐらい悪者か

    フランスでは電磁波による健康障害に対する関心が高く、4月に入ってからは携帯電話と中継アンテナが人体に及ぼす影響について話し合うシンポジウムが行われている。国や自治体、電話会社、市民団体の代表者が参加して、最新のデ…

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  4. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  6. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  7. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る