二酸化炭素税の負担は御免?

フランス政府が導入を検討している二酸化炭素税について専門家会議が行われた。会議の報告書では導入を2010年にスタートするよう提言が行われている。

提案内容は排出されるあらゆるCO2に対して税金をかけるというもので、例えば90年代の車は二酸化炭素の排出量が多く、所有者は税金をおさめることになる。

この税金で、年間80億ユーロもの税収を見込んでおり、負担は一般家庭や企業にのしかかってくる。そのため、反対の声も既に多く聞かれているのが実情だ。

これに対して政府は、税収を一般家庭や企業に再分配することで経済の活性化につなげたいと回答している。

温室効果ガスの排出を制限するためには、できるだけ早くスタートさせたいと誰しもが思うが、同時に誰もが負担をしたくないというのが本音の模様。今回の報告書では具体性のかける部分が多く、決定的な内容とまではいたらなかったようだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  5. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial