フランスBBCの復活

CGT、CFDT、FO、SNJの各組合は、6月28日(火)に公共放送部門でストライキとデモを行い、受信料の廃止に抗議するとともに、最近ではフランス・テレビジョン、ラジオ・フランス、フランス・メディヤス・モンドの合併案に抗議しています。

大統領選挙前にマクロン大統領が発表し、近い将来実施されるであろう受信料廃止と、より仮説的な公共放送の統合プロジェクトとは区別されなければならない。このプロジェクトについて、LRのロジェ・カロチ議員とジャン・レイモン・ユゴネ議員が最近の報告書で概要を述べているが、ラジオ・フランス、フランス・テレビジョン、フランス・メディヤス・モンド-したがってRFI、フランス24、モンテカルロ・ドゥーリャ-と国立視聴覚研究所を合併して「フランス型BBC」という古い海蛇を取り上げようというのである。公共サービスの編集局を「一つの組織」にまとめる、あるいはFrance 3チャンネルとFrance Bleuラジオ局をFrance Médias Régionsという名称で統合し、「地域公共メディアのメジャー化」を図ろうというのである。

合併プロジェクトに反対

つまり、フランス・テレビジョンやフランス・メディヤス・モンドのインターユニオンによるストライキの呼びかけが、ライセンス料の廃止を目的としているのであれば、ラジオ・フランスの全国ジャーナリスト組合は合併プロジェクトに反対しているのです。リマ・アブドゥル=マラク新文化相が否定しているわけではなさそうなプロジェクトだ。そして、このテーマでLRと多数決を取ることは難しいことではないので、なおさらである。この議論は行われるでしょう」と彼女は火曜日、Le Parisien誌に語った。組織について議論しているところです。そして、それを合併で行うのか、それともシナジー効果を発揮できるような柔軟な方法で行うのかを見極めることになるでしょう。もはや、多年にわたる資金調達や、資金削減を回避するための保証を議論することだけが問題ではないのです。国際条約に依存するArteとTV5を除くすべての公共放送に共通の組織をどうするかということである。

合併の限界

BBCが、多少の危機的状況にあるとしても、特に、共通の、したがって強力なデジタル提供物を持つという点で、魅力的なモデルであることは事実です。しかし、ラジオ・フランスのトップ、シビル・ヴェールもこれには限界があると見ている。朝の番組のように、France 3とFrance Bleuの関係をより緊密にすることには賛成ですが、「France TélévisionsがNetflixに対抗するのを助けるのはRadio Franceではなく、France TélévisionsがSpotifyに立ち向かうのを助けるのでもない」とLe Figaroに念を押しています。また、政府が経費節減のために企業を集めようとする場合、コングロマリット化すれば社会的合意が得られるので、これは必ずしも良い計算ではない。最後に、海外放送については、フランス24やRFIの発展を維持するためには、専任の大統領制よりも、単一のグループの方が有利であるとは考えにくい。外国人であることは、国の優先事項との関係でどのようなウェイトを占めるのか?

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/chronique-des-médias/20220624-le-retour-de-la-bbc-à-la-française

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667