COP26:発表と約束の第1週目を終えて交渉再開

1週間前に始まったCOP26ですが、ここでは2015年のパリ協定を上方修正することが目的なので、交渉を背景にした最初の発表があった週だったでしょう。また、この作業は、土曜日にデモを行った環境保護団体からの圧力を背景に行われており、この話し合いの前向きな結果に疑問を抱いている。

グラスゴーの特派員、クリストフ・パジェットとジャンヌ・リチャードとともに

このCOPの最初の週には、特に石炭に関する約束がなされました。20カ国が海外での化石燃料への資金提供を止めることを約束しただけでなく、40カ国が2030年から2040年までに石炭からクリーンエネルギーに切り替えることを約束したのです。

韓国などの主要な消費者は参加していましたが、この分野の大手企業(オーストラリア、中国、米国)は不在でした。しかし、今回のCOPが始まってからは、パリ条約の2度、できればそれ以下の温暖化ではなく、超えてはいけない1.5度の温暖化に焦点が当てられています。

この国際会議には多くの国家元首が出席しましたが、予定されていた欠席が目立ち、特に中国の習近平氏の欠席が目立ちました。

国際会議では、週明けにグレタ・トゥンベリをはじめとするデモが行われた。スウェーデンの活動家は、まだCOP26が終わっていないにもかかわらず、すでに「COP26は失敗だった」と主張していました。

環境政策はほとんど不十分

パリ協定では、各国がプログラムを国連に提出することになっています。この国別拠出金は、国連の専門用語でNDCと呼ばれ、野心の高まりを示すことになっています。これまでに193カ国のうち166カ国がNDCを提出していますが、その多くは曖昧であったり、進展が見られないものです。また、まだ提出していないいくつかの国もNDCを提出しています。会議前に向かっていた2.7°にどのような影響を与えるのかを待っているところです。

国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル長官は、当面、これらの公約が完全に実施されて間に合えば、温暖化を1.8°に抑えることが可能になると考えています。これは、パリ協定に沿ったものです。

しかし、すぐに勝利を宣言しないように注意してください。なぜなら、約束は必ずしも実行されないからです。現在の政策は、過去のCOPで約束されたものに比べて、ほとんど不十分です。

炭素市場の機能に関する交渉

11月8日(月)、COP26は1日の休息を経て再開されますが、2つの大きな問題がテーブルに上っており、激しい議論の対象となっています。まず、炭素市場については、その運営方法を検討しなければならず、特にその原理がすべての人に受け入れられているわけではないため、複雑です。

キャシー・フリンは、国連開発計画の気候アドバイザーとして交渉に参加しています。国連開発計画は、パリ条約に署名した国々の公約達成を支援していますが、「炭素市場は最も重要な問題のひとつです」と主張しています。それは、気候変動対策やパリ条約の特徴である、民間企業が重要な役割を果たすということに関係しています。

民間企業がどのように気候変動対策に取り組むのか、炭素市場はどのように機能するのか、どのように取引を行うべきか、どのように報告するのか、取引で得た収益をどうするのかなどのルールが問題となっています。これらは、今日のCOPで問題となっている課題です。

全世界からコミットメントを得る

「今週、いくつかの問題に進展があることを心から願っています。全てではありませんが、私はそう思います この問題には、常にさまざまな視点があります。ある国では、気候危機への対応には市場が重要な役割を果たすと言います。他の国では、「市場はここでは関係ない」「市場以外のソリューションに集中しなければならない」と言っています。

この交渉の難しさは、絶対にすべての国が合意しなければならないことで、それには何年もの交渉が必要です」とキャシー・フリンは言います。”でも、何かを得れば世界中がそれにコミットするということでもあります。

途上国への適応支援

そして最後に、当初2020年に約束されていた、有名な年間1,000億ドルの途上国への適応支援があります。最新のニュースでは、2022年に向けてということになっています。また、多くの人が要求しているように、この援助が増やされるかどうかも問題です。

COPの議長であるAlok Sharmaは先週、議論の進展について「慎重に楽観的に考えている」と述べました。目的は共通のテキストに合意することですが、すべては11月12日のこのCOPの最後の時間に決まる可能性があります。最終的なコミットメントが発表されるのは、週末以降になる可能性さえあります。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20211108-cop26-la-reprise-des-négociations-après-une-première-semaine-d-annonces-et-de-promesses