EUは2030年までにチップ生産を4倍に計画

欧州議会は、アジアへの依存を減らすための戦略的目標である半導体の独自の供給を強化するEU計画を正式に承認した。

議員の圧倒的多数(587から10)は、欧州連合のチップ生産量が2030年までに4倍になり、世界の生産量の20%を占めるEUチップ法を支持した。

グローバリゼーションとアジアの製造業の台頭により、ここ数十年でヨーロッパのセクターの活動が減少しています。

市場は、最も先進的なチップの90%、韓国、そしてますます中国を製造する台湾に支配されています。

2020年の新型コロナウイルスのパンデミックにより、アジアからのサプライチェーンが占領され、特にヨーロッパの自動車産業に深刻な不足をもたらした。

半導体は、スマートフォンから家電製品まで、他の多くの日用品にも不可欠です。また、完全に拡大しているデータストレージや、炭素排出量を削減するためのグリーンテクノロジーにも必要です。

チップ生産における野心的な目標を達成するために、EUは公共および民間投資で430億ユーロ以上を動員する必要があります。

このドライブは、ウクライナでのロシアの戦争によって引き起こされたエネルギーと食糧ショックによって活性化されたフランスのエマニュエル・マクロン大統領に支援された、より大きなヨーロッパの自給自足の戦略の一部です。

EUチップ法は、EUが予算から目標に33億ユーロを投入し、研究開発を強化するよう求めている。

芽生えつつある供給不足を検出するための監視システムは、欧州委員会に早期に警告し、それらを回避するために緊急に行動できるようにするためのものです。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/europe/20230712-eu-plans-to-quadruple-chip-production-by-2030

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks