パリが「ハロー・トゥモロー」と言うように、フランスの技術が脚光を浴びる

最近パリで開催されたHello Tomorrow Globalサミットでは、世界中のスタートアップがクリーンモビリティから量子コンピューティングまで、さまざまな分野で技術を紹介しました。フランスのスタートアップは、革新的なソリューションを提示する最前線にいました。

グルノーブルに拠点を置くスタートアップInocelは、300キロワットの電力を生成できるコンパクトな燃料電池を開発しました。「それが提供する電力密度に対して非常にコンパクトです。また、超モジュール式なので、300キロワットから3メガワットまでのシステムに統合できます。また、反応が良く、1.5秒未満で最大出力に達する」とイノセルのジェシカ・ホーンは言った。

マルセイユに拠点を置くIadysは、水面から廃棄物や油を洗浄するための遠隔操作の電気ロボットを開発しました。ジェリーフィッシュボットと呼ばれ、取り外し可能なネット、ライダー、ソナー、水冷式バッテリーが装備されています。IadysのCyril Castelloによると、このロボットは港、マリーナ、保護された水域の廃棄物を清掃するのに理想的です。

このイベントで際立ったヘルスケアスタートアップの1つは、心臓腎疾患を治療するために動物の毒素から薬を開発している最近設立されたV4cureでした。スタートアップの創設者であるニコラス・ジル博士によると、彼らは腎臓病を治療するための新薬を開発するために使用されるアフリカのマンバの毒から抽出された特定の毒素を特定しました。

フランスのスタートアップSweetch Energyは、このエディションの大賞を受賞しました。レンヌに拠点を置くスタートアップは、淡水と塩水の塩分差によって駆動される生物学的力である浸透を使用して、大規模で100%クリーンな電力を生産する技術を開発しました。

 

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20230322-french-technology-takes-a-bow-as-paris-says-hello-tomorrow

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks