アジャンス・ラジオ・フランスが「メゾンロンド」のニュースを認定する方法

フランスを代表するオールニュースラジオ局「France info」は、2016年から、放送前のニュースのクロスチェックを担当する通信社を展開しています。ラジオ・フランスのディレクター、エステル・コニャック(Estelle Cognacq)は、グループ内での自分の使命を説明する。

RFIのメディアワークショップでは、フランスのメディア事情、より正確にはフランスの公共放送グループの一つであるラジオ・フランスにおける独自のメカニズムを発見するために、皆さんをご招待します。

2016年1月、ニュース専門チャンネル「フランス情報」内にファクトチェック・サービスを創設。この異色のチームは、ラジオ・フランス・グループの電波に乗せる前に、たとえAFP(フランス通信社)からの情報であっても、必要な時間をかけてチェックする。

2022年3月に「Agence France Info」が「Agence Radio France」となり、この先駆的なシステムが重要視され、その継続が当たり前になったことを証明している。

franceinfoの副ディレクターであり、Agence Radio FranceのディレクターでもあるEstelle Cognacqが、L’atelier des médiasに、2015年のCharlie Hebdo襲撃事件とAFPの誤報によるMartin Bouyguesの死に関するメディア騒動を受けて、Agence franceinfoが誕生する背景を語っています。Agence France infoを創設し、初代編集長を務めた女性が、France Info、France Inter、France Bleuとどのようにチームを作り、日々仕事をしているのかを具体的に説明します。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/atelier-des-médias/20220611-comment-l-agence-radio-france-certifie-l-info-pour-les-antennes-de-la-maison-ronde

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks