フランス:国家水素生産のための70億ユーロの計画

9月8日火曜日、フランス政府は水素部門の戦略を発表した。合計で、パリはフランス・リランス計画の一環として、2021年から2027年までの20億ユーロを含む70億ユーロをテーブルに置く予定です。しかし、主にフランスで水素が確立される前に、まだやるべきことがたくさんあります。

2030年までに政府の70億ユーロの戦略には、2つの野心があります。第一に、温室効果ガスの排出を制限することです。「私たちは大きな野心を持っている」と生態移行大臣のバーバラ・ポンピリは主張した。10年の終わりまでに、この新しいエネルギー生産のおかげで、パリ市の年間排出量に相当するCO2排出量を600万トン削減したいと考えています」と彼女は説明します。

これを行うには、水と電気から製造することで、水素をより環境に優しいものにする必要があります。これを行うには、予算の半分弱が2023年までに、つまり34億ユーロがリリースされ、その半分は業界の脱炭素化に充てられます。残りは、専門的なモビリティと研究支援の開発に資金を提供します。

政府はフランスの水素生産を望んでいる

ブルーノ・ル・メール経済大臣によると、環境目標は第2の目的である主権を除外してはならないからです。「それは産業的な選択です。私たちは、フランス国境外で生産された水素の消費を補助するために70億ユーロを投入せず、それに伴い、それに伴い新しい産業子会社を建設するために70億ユーロを投入しました。

フランス水素燃料電池協会(Afhypac)のビジョンと希望に沿った戦略。フィリップ・ブークリー社長は、この発表に満足しています。「そこでは、今後10年間のこのビジョンと関連する金額の両方を持っています。それは今、すべての俳優にとって動員の問題です。」

ブルーノ・ル・メールはカウンターパートを主張しました。彼は見返りに、フランスが水素部門でヨーロッパで最高になることを期待しています。

フランスでの設立のためにやるべきことがたくさんある

Afhypac天文台によると、現時点では、フランスでは現在約40の水素ステーションしか開いていないからです。産業レベルでも、操縦の余地はまだ素晴らしいです。

確かに、Airliquideのような大規模なグループがこの分野に投資しています。企業は、水素と酸素の原子を分離することにより、電気分解、すなわち水からの「グリーン」生産プロジェクトを開始しました。

しかし、新聞Le Mondeで、Afhypacの副社長であるFabio Ferrariは、これまでセクターを設立しようとする試みは、Sisyphusの努力と非常によく似ていたと認識しています。彼の意見では、2030年までに政府の70億ユーロ計画は一歩だ。

フランスはドイツと提携したい

公的援助は規模を変えています。2018年に計画が開始されましたが、1億ユーロの封筒がありました。この新しい計画は、フランスにインフラを備えるだけでなくなければならない。

産業大臣のアグネス・パニエ・ルナチャーは先週、BFMビジネスについて、課題は「フランスの水素産業の構造化を強化し、加速すること」であると説明した。効果的なセクターを構築するために、パリは一人で行きたくなく、ドイツとの共同プロジェクトを立ち上げたいと考えています。ベルリンは、この分野に90億ユーロを投資している。

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20200907-environnement-france-avance-plan-hydrogene

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks