報道の自由は世界の隅々で「攻撃されている」と国連は警告する

国連は、水曜日に各国が世界報道の自由の日を記念しているため、報道の自由が世界中で攻撃されていると警告しました。国境なき記者団(RSF)は、ジャーナリストの状況が10カ国のうち3カ国で満足のいくものであることを発見しました。

「私たちの自由はすべて報道の自由にかかっている」とアントニオ・グテーレス国連事務総長はニューヨークからのビデオメッセージで述べ、それを「民主主義と正義の基盤」と「人権の生命線」と呼んだ。

しかし、世界の隅々で、報道の自由が攻撃されている。

RSFは、2022年に55人のジャーナリストと4人のメディアワーカーが職務中に殺害されたと述べた。

この問題を強調するために、ユネスコは投獄された3人のイラン人女性(2人のジャーナリストと1人の人権活動家)に2023年の世界報道自由賞を授与しました。

180の国と地域のジャーナリズムの環境を評価するRSFの2023年世界報道自由指数は、状況が31カ国で「非常に深刻」、42カ国で「困難」、55カ国で「問題」、52カ国で「良い」または「満足」であることを発見しました。

ノルウェーは7年連続で1位にランクされた。しかし、異常に、非北欧の国は、デンマーク(1位)に先んじて、アイルランド(4位上昇)にランクされました。

下の3つの場所はアジア諸国によって占領されました。独立した記者やコメンテーターの捜索をほぼ完了したベトナム(178位)、世界最大のジャーナリストの看守であり、プロパガンダコンテンツの最大の輸出国の1つである中国(179位で4位)、北朝鮮(180位)。

デジタル誤った情報

このインデックスはまた、デジタル時代が世界の情報ランドスケープを変え、偽のコンテンツ業界が報道の自由に与える影響にも光を当てています。

評価された国の3分の2で、インデックスアンケートの回答者のほとんどは、自国の政治家がしばしば大規模な偽情報やプロパガンダキャンペーンに関与していると述べた。

RSFは、真実と虚偽、または本物と人工の違いを見分けるのが難しくなり、情報に対する権利を危険にさらしていると述べた。

一方、グテーレスは「真実は偽情報とヘイトスピーチによって脅かされ、事実とフィクション、科学と陰謀の境界線を曖昧にしようとしている」と述べた。

ユネスコのオードリー・アズレイ事務局長は、デジタル時代の影響により「専門的で自由で独立したジャーナリズム」がこれまで以上に必要になったと述べ、ジャーナリストへの嫌がらせや脅迫は容認できないと付け加えた。

「私たちは新しい岐路に立っている」とアズレイは言った。「私たちの現在の道は、情報に基づいた公開討論から私たちを遠ざけています…ますます二極化への道です。」

ニューヨークタイムズの出版社A.G. Sulzbergerは、ジャーナリストと情報の自由を脅かすのは直接的な抑圧だけではないと述べた。

「インターネットはまた、誤った情報、プロパガンダ、パンディトリー、クリックベイトの雪崩を解き放ち、今では私たちの情報エコシステムを圧倒し、社会的信頼の低下を加速させる」と彼は言った。

報道の自由が侵食されると、民主主義の侵食がほとんど常に続く。

(ワイヤー)

https://www.rfi.fr/en/international/20230503-press-freedom-under-attack-in-every-corner-of-the-globe-un-warns

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 874
Enable Notifications OK No thanks