鉛筆の素晴らしい歴史…。

この夏、RFIは日用品の歴史に目を向けています。連載第1回目の今回は、小学生からアーティスト、職人まで、何世代にもわたって使われてきた鉛筆の知られざる一面をクローズアップしてご紹介します。

鉛筆に休日はありません。ランドセルが片付けられると同時に、夏の来訪者の手元に再び現れる。空港や駅、デッキチェアやビーチタオルなど、仕事道具は退屈しのぎのパートナーになりつつあります。数独のマス目に迷い、クロスワードパズルのマスを埋める。ミスをする。修正する。ブラント そして、ついに勝利する。その成功は今も衰えることを知りません。

しかし、その物体は地雷があるにもかかわらず、地雷には見えません。黒鉛と粘土を混ぜたものを、杉の木を接着した半円筒の間に挟んで固定するのが伝統的な作り方です。2017年、パドカレにあるビックの工場で働く人々は、長さ1キロの鉛筆を製造し、2年前にドイツで達成された記録を更新しました。この素晴らしいオブジェを運ぶために、140人以上が動員された。

複数の名称

ここで「鉛筆」と書いても、他の呼び方が簡単にできることに注意しよう。その体質から、さまざまな呼び名がある。ブルゴーニュ地方、パ・ド・カレー地方、ブルターニュ地方によって、鉛筆、木の鉛筆、灰色の鉛筆などと呼ばれ、ケベック州ではペンシル、ベルギーでは単に鉛筆と呼ばれる。アカデミー・フランセーズでは未定です。インターネットユーザーからの「どの呼び名を使えばいいのか」という質問に対して、同機関は「鉛筆はノルマン人技師ニコラ=ジャック・コンテによって開発されて以来、鉛筆、木製の鉛筆、紙製の鉛筆など、さまざまな呼び名がある」と回答した。他の表現が正しくても、最もよく使われるのはこの表現である。

鉛筆は六角形の発明なんですか?そう単純ではない。その作者は資料によって異なる。フランス系と言う人もいれば、アングロサクソン系やゲルマン系と言う人もいます。CNRSの歴史学者で、物質文化を専門とするマニュエル・シャルピーは言う。「本当の発明者はいません。鉛筆は、すでにあるものを変形させただけなのです。コンテが特許を申請した1795年当時は、工業用、芸術用を問わず、製図用具が大きく発展しつつある時代であった。木製のボディに入ったリードは、すでに発売されていました。

実は、この発明は鉛の組成にある。当時は、イギリスで最もよく採掘される炭素の一種であるグラファイトで作られていた。しかし、18世紀末、ロンドンはパリと戦争状態になり、経済封鎖を行った。科学者として著名なニコラ=ジャック・コンテは、迫りくる供給不足を解消するための解決策を求められました。これは、普通の黒鉛と粘土を混ぜて超高温で焼いたもので、数日で完成した。コンテは、2年前のオーストリアのヨーゼフ・ハルトムートの発見に触発されたのだろうか。歴史は語らない。

「本当の変化は、生産の工業化である」とマニュエル・シャルピーは言う。焼成温度と黒鉛粘土の比率を変えることで、硬度の異なる鉱山を作ることができる。工作機械のおかげで、カバーとして使われる木材は、標準的な方法でサイズに合わせてカットできる長いスラブにすることができます。現代の鉛筆が誕生したのである。美術工芸品金賞を受賞し、ナポレオンのエジプト遠征に同行した。”遠征隊 “は武器と鉛筆を持って出発した。エジプトの古美術品は、絵を描いて流用した」と歴史家は指摘する。

メールマガジン購読
鉛筆
18世紀末に開発された鉛筆は、毎年何十億本も売れている。François-Damien Bourgery / RFI

必要なもの

このオブジェクトは、すぐにすべての職業に採用された。紙、キャンバス、木、石などさまざまな面に使え、ポケットに入れて持ち運べる、液だれしない、ペンナイフで数回研げる、水や時間に強く、しかも簡単に消せるなど、喜ばれる要素がすべて揃っていると言わざるを得ません。フランスの学校では、鉛筆の登場はかなり遅かったんです」とマニュエル・シャルピーは続ける。最初は製図用として使われた。また、地理や幾何学のノートにも掲載されています。1860年から1870年にかけて、非常に一般的になった。初等教育の義務化と文字の民主化により、販売ブームが起きた。

発明から200年以上経った今、鉛筆はボールペンやデジタルツールと競合しているのです。しかし、毎年何十億も売れ続けているのです。また、レジスターが食品スーパーの耳から離れたとはいえ、学校用品の定番であることに変わりはない。パリで教師をしているマリー・マセは、「何にでも使えます」と言う。消せるので、口述筆記や計算など、より実用的です。

間違いに寛容なペンと違い、鉛筆は弟子の強い味方だ。疑心暗鬼や不器用さを許容し、安心させ、時に年少者が見せる恩知らずな態度も意に介さない。子どもたちは、ペンに向かって焦っていることが多いんです」と先生。紙の上での滑りがよくなり、鮮明になりました。でも、間違えたら消して、空欄を使わなければならない。そうすると、ダメなんです。

もちろん、ペンよりも鉛筆の方が環境に優しいのは言うまでもありません。これもプログラムによる陳腐化の影響を受けるとしても、数十キロの単位で測ることができるだろう。一般に、鉛筆は56kmの線を引くと、削れて小さくなり、使えなくなると言われています。平均45,000字ですね。ボールペン(2km)、万年筆の替え芯(1.4km)よりはるかに多い。要するに、ペンシルはまだ消滅に同意する論拠が多すぎるのだ。

 

https://www.rfi.fr/fr/monde/20220801-la-fabuleuse-histoire-du-crayon-à-papier

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667