モン・サン=ミシェル

Mont Saint-Michel is a small island on the west coast of France, in the Bay of Saint-Malo, with an abbey rising above it. The island is called Mont Saint-Michel because in French “mont” means mountain and “Saint-Michel” means Saint Michael’s mountain.

The island was originally called Mont Tomb (Mountain of the Grave) and was a sacred place of worship for the native Celtic people. 708, Aubert, Bishop of Avranches, received a prophecy from the Archangel Michael in a dream that he should build a cathedral on this rocky mountain, and that was its beginning.

In 966, Richard I, Duke of Normandy, built a Benedictine monastery on the island, which was enlarged and remodeled until it took on almost its present form in the 13th century. Since the Middle Ages, it has been a holy place for Catholics, attracting many pilgrims.

Mont Saint-Michel offers inspiration and healing to all who visit due to the beauty and sanctity of the place and its deep history and traditions. The energy of the place will help you deepen your own spiritual journey and bring peace and harmony to your heart and soul. We invite you to visit Mont Saint-Michel.

モン・サン=ミシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島で、その上にそびえる修道院があります。この島は、フランス語で「モン」は山、「サン・ミシェル」は聖ミカエルのことを指し、モン・サン=ミシェルは聖ミカエルの山という意味になります。

この島はもともとモン・トンブ(墓の山)と呼ばれ、先住民のケルト人が信仰する聖地であったとされています。708年、アヴランシュ司教オベールが夢の中で大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受け、それが始まりとされています。

966年にはノルマンディー公リシャール1世がベネディクト会の修道院を島に建て、これが増改築を重ねて13世紀にはほぼ現在のような形になりました。中世以来、カトリックの聖地として多くの巡礼者を集めてきました。

モン・サン=ミシェルは、その美しさと神聖さ、そしてその場所が持つ深い歴史と伝統により、訪れるすべての人々に感動と癒しを提供します。その場所のエネルギーは、あなたが自分自身のスピリチャルな旅を深めるのを助け、あなたの心と魂に平和と調和をもたらすでしょう。ぜひ、モン・サン=ミシェルを訪れてみてください。

Download on the App Store

https://fr.wikipedia.org/wiki/Mont_Saint-Michel

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks