アール・ヌーヴォーの都ナンシー、市長来日記者発表会

ナンシー市の観光局が来日しナンシー市の魅力を伝えました。

要約

ナンシーはフランスのロレーヌ地方に位置し、多くの学生が集まる大学の町として知られています。市の中心部は徒歩や公共交通機関で移動しやすく、ショッピングセンターや歴史地区などの観光スポットがあります。また、ナンシーはアクセスしやすい場所に位置しており、パリや他の主要都市へのアクセスも便利です。ナンシーの魅力的な遺産やアール・ヌーヴォーの歴史も訪れる価値があります。

ナンシーは学生が多く集まる魅力的な大学の町であり、観光客にも人気のある場所です。ナンシーの中心部は歩行者に優しい設計であり、ショッピングや歴史地区の散策が楽しめます。さらに、ナンシーはアクセスしやすい場所に位置しており、パリや他の主要都市へのアクセスも便利です。

ナンシーの魅力的な遺産やアール・ヌーヴォーの美術工芸の伝統も訪れる価値があります。ナンシーは美術工芸の伝統があり、アール・ヌーヴォーやストリートアートなどの芸術作品で彩られています。また、ナンシーはフランスの生活芸術や美食の代名詞でもあります。さらに、ナンシーはアール・ヌーヴォーの美術や建築遺産が重要な文化遺産として保護されており、その美術作品や建築物を鑑賞することができることがわかります。アール・ヌーヴォーの建築や家具、ガラス工芸などは、マジョレル邸やエコール・ド・ナンシー美術館で見ることができ、ナンシーのアール・ヌーヴォー・ネットワークはその遺産の価値を高めています。ナンシーの芸術と文化の重要性が強調されており、ナンシーは美しい庭園や修復された庭園、そして公園や植物園の魅力も紹介されています。観光客にとっても魅力的な場所となっています。


 

下記記者会見内容です(ビデオはLaFranceTVでご覧頂けます)


皆さん、おはようございます。今朝は、美しい街ナンシーをご紹介できることを大変嬉しく思います。このダイナミックな街は、ナンシー、ロレーヌ地方、フランス、そして世界各国からやってくる多くの学生たちのおかげでもあります。ナンシーは人口約26万人の中規模都市で、そのうち5万人以上が学生である。したがって、世界有数の大学都市であり、その魅力は、市長が今おっしゃったように、ナンシーの創造性を反映している。また、ナンシーが中規模都市であることは、ヒューマン・スケールであり、徒歩や公共交通機関での移動が容易であるという利点もある。電車や公共交通機関でナンシーに到着したら、もちろん市内中心部では車がなくても大丈夫です。歩行者のために設計されているので、散策したり、ショッピングセンターやナンシー歴史地区の壮大な遺産を楽しんだりするのに理想的です。この美しい名前は、スタニスラス広場の入り口を飾る壮麗な黄金の門の制作をスタニスラスに依頼された18世紀の鍛鉄職人、ジャン・ラムールに由来する。

しかし、ジャン・ラムールの名前は私たちの耳にとてもよく響き、ナンシーを発見しに来たくなる。そこで、このプレゼンテーションを紹介するために、”Visite Nancy 360 “と呼ばれるツールを構成する50あまりのパノラマの中から、小さな抜粋をお見せしたいと思います。スタニスラス広場。ちょっとした技術的な問題がありましたが、問題ありません。私たちは2021年、ナンシーを訪れる前に遠くからナンシーを発見したいという人たちにナンシーをアピールするためにこのツールを作りました。スタニスラス広場からカリエール広場まで、18世紀全体を見渡すことができる。

スタニスラス広場© Regine Datin

その他の歴史的中心部。

ナンシーは重要な自然遺産を持つ都市なので、緑豊かな一面も見ることができます。プレゼンテーションの最後にはQRコードがあり、またお渡ししたフォルダの中にも、これらの美しいパノラマをご覧いただけるようになっています。ナンシーはグラン・エスト地方の中心、ロレーヌ地方の中心、パリとストラスブールの間、シャンパーニュ地方とザズ地方の間にあり、国際的にも有名な観光地です。TGVのおかげで、パリのレスト駅から90分でナンシーの中心街に到着し、周辺にはホテルがたくさんありますが、有名なスタニスラス広場からは徒歩10分です。何度も言いますが、この街はとてもアクセスしやすく、街の中心部まで来れば、公共交通機関はもちろん、徒歩でも簡単に移動できます。パリ郊外に出れば、シャルル・ド・ゴール空港をはじめ、主要な国際空港にも行くことができ、シャルル・ド・ゴール空港はロレーヌ地方とTGVで結ばれている。

シャルル・ド・ゴール空港からのTGV線はナンシーに直接到着するのではなく、ナンシーとメス市の間にあり、シャトルバスでナンシー市内中心部まで約30分で行くことができる。さらに北へ向かえば、ルクセンブルク空港からわずか90分、ドイツのフランクフルトやベルギーのブリュッセルといった他の主要国際空港からもそう遠くはない。市長はすでにナンシーの見どころを、いくつかの強いテーマとともに紹介している。ひとつはもちろん遺産で、18世紀からの遺産であり、40年前にユネスコの世界遺産に登録された。また、20世紀初頭からの遺産でもあり、アール・ヌーヴォーや、20世紀初頭のダイナミックな状況の中で始まったサーマル・ダンスの歴史がある。アルザスとモーゼルがドイツ帝国に併合される前、ナンシーの歴史はまさに転換期を迎えていた。ナンシーの人口は、1870年以前は50,000人であったが、40年の間に50,000人から120,000人に増加した。

そのため、経済のダイナミズムと結びついた例外的な発展だった。当時、ナンシーは工業都市だった。当時、ヨーロッパは産業革命の真っ只中にあり、天才、実業家、デザイナー、芸術家、職人たちの到来は、ナンシーでナンシー派と呼ばれるようになったアール・ヌーヴォーの発展を可能にするものだった。ナンシーでアール・ヌーヴォーが発展したとすれば、それはナンシーに美術工芸の伝統があったからだ。ナンシーが日本の金沢と双子であるのは偶然ではない。ナンシーと金沢の間には、実に密接なつながりと類似性があり、非常によく似たテーマがあるからです。そして、ナンシーには芸術と工芸の長い伝統がある。スタニスラスがナンシーとスタニスラス広場に王宮のアンサンブルを作ったとき、私はジャン・ラムールの名前を挙げました。先ほどフェローニ・ダール、ジャン・ラムールの名前を挙げましたが、彼は地元の職人や芸術家に呼びかけて、この格調高い遺産を作り上げました。アール・ヌーヴォーは、国際的に有名なナンシーの職人の知名度を上げることにも貢献しました。アール・ヌーヴォーは自然からもインスピレーションを得ており、ナンシーにも非常に豊かで重要な自然遺産がある。

フェリックス・クルスやヴィクトル・ル・モワンヌの名前は、栽培の分野で非常によく知られており、ナンシーの国際的な名声は彼らのおかげでもある。エコール・ド・ナンシーの創設者であるエミール・ガレは、フェリックス・クルスやヴィクトール・ル・モワンヌのような蘭学者と非常に親しかった。ガレ自身も植物学に情熱を注いでいた。彼はナンシー園芸協会の会員だった。このような歴史的背景があったからこそ、エミール・ガレを中心にエコール・ド・ナンシーが花開いたのである。ナンシーはまた、文化の街であり、大きなイベントが開催される街でもある。非常に若い人口がこのダイナミズムに貢献している。ナンシーで退屈することはありません。あらゆる趣味や好奇心を満足させる幅広い文化イベントや施設があります。オペラやバレエのような古典的なものから、ストリート・アートのような新しいものまで。街を散策すると、ナンシーは数々の芸術作品で彩られている。ナンシーの中心部には30以上のストリート・アートがあり、今でも非常に重要な文化的ダイナミズムを証明している。

老舗菓子店「メゾン・デ・スール」のベルガモットキャンディ©Regine Datin

そしてもちろん、フランスは美食とフランスの生活芸術の代名詞でもある。そして、特にナンシーの有名なお菓子の名産をご紹介できることを嬉しく思います。私たちは、ちょうど40年前にユネスコに認定されたこの遺産の40周年を祝えることを嬉しく思います。この登録は1983年までさかのぼりますので、他の世界遺産よりも早くユネスコに分類され、認められたことになります。この登録は比較的長い歴史があり、この遺産の特別な性質がかなり早くから認識されていたことを反映していると言えるでしょう。ナンシーのユネスコ世界遺産とは? かつての王都です。歴史的背景を少しお話ししましょう。数世紀の間、ナンシーはロレーヌ公国という独立国家の首都でした。ナンシーの旧市街には、かつてのロレーヌ公爵家の宮殿が残っており、現在はロレーヌ美術館となっている。この公国は独立を失い、フランス王国の一部となった。これはすべて、ポーランドの王女と結婚したフランス王ルイ15世を介して行われた。少し奇妙に思われるかもしれないが、ルイ15世は健康状態が悪かった。

彼は若く、すでに太陽王ルイ14世の曾孫であった。そのため、世継ぎを持つことを恐れ、この親族関係を失うことを恐れ、彼を早く結婚させる必要があった。そして、フランス王と結婚できる可能性のある99人の王女の中から、退位したポーランド王の娘マリー・レギンスキーが選ばれた。王家の血を引いていること、カトリック教徒であること、そして、すぐに王位継承者を生むことができるほど高齢でも若すぎるわけでもなかったのだ。こうして、追放されたポーランドを離れなければならなかったこの王の運命は、完全に変わることになった。60歳になったスタニスラスは、ルイ15世によって旧ロレーヌ公国の首都ナンシーに赴任し、旧公国がフランス王国の一部となるための準備を任された。スタニスラスは、建築家のエマニュエル・エリック、フェロネードのジャン・ラムール、画家のジェラルデなど、ロレーヌ地方で最も優れた才能を持つ人物たちに囲まれ、フランス君主制に完全に敬意を表する王宮都市を建設し、ナンシーとロレーヌの人々に、今後はフランス君主制の権威に服従しなければならないことを理解させた。

ナンシーはこれまで、2つの町から構成されるという特殊性を持っていた。旧市街は中世、つまりXI_1世紀に形成されたもので、その旧市街は、第一の町の中心から分離された第二の町によって拡大された。この新しい城塞都市は、城塞の新しい技術的・技術的進歩に対応したものであり、ナンシーの革新的な性格を再び証明している。こうしてナンシーは、湿地帯によって隔てられた2つの町を持つことになった。ナンシーは水、ナンシーは湿地帯を意味する。スタニスラスは、旧市街と新市街を一体化させる3つの広場を建設し、町を統一することになった。ロワイヤル広場はその中心的な広場であった。そのため、スタニスラス広場は、元々その中心にルイ15世の像があったことから、王家の町の広場であった。フランス革命とともに、この像は姿を消し、1831年にスタニスラスの像に置き換えられた。この像は、今日、この最初の写真の左上に見ることができ、この像を建てたスタニスラスに敬意を表している。

スタニスラス広場©Vincent Damarin

スタニスラスは、ヨーロッパでよく言われるように、まさに啓蒙の人であった。ヨーロッパの18世紀は啓蒙の世紀であり、多くの社会的進歩があった。実際、このユネスコ世界遺産登録40周年記念の一環として、スタニスラス広場にあるナンシーのボザール美術館では、明日から18世紀のナンシーにおける芸術と科学の発展を紹介する非常に素晴らしい展覧会が開催される。ナンシーが「黄金の門の街」と呼ばれたのは、スタニスラスの錬鉄職人ジャン・ラムールの仕事に敬意を表してのことだと冒頭で述べた。左下には、「黄金の門の街」というニックネームの由来となった金メッキの鉄細工の一例と、ご覧のようなネプチューン神を象徴する、神話を想起させる非常に美しい噴水がある。そしてこの広場は単なるモニュメントではなく、ナンシーの実際の生活の場なのだ。

歴史的中心地の中心という地理的な位置が、待ち合わせ場所であり、集いの場である。ナンシーで言うところの「タンヌ広場」に人々は集まり、飲み、食べ、祝杯をあげ、悲劇に見舞われたときにはもちろん、ワールドカップ、選挙、フランスでの生活を彩る重要なイベントなど、大きな喜びのときにも集う。また、娯楽の場でもある。右の写真は、6月中旬から9月中旬の間、スタニスラス広場で毎晩無料で行われるショーのビデオマッピング。そして真ん中、この写真はスタニスラス広場に接するメインの建物である市庁舎に向かって撮ったものだ。観光局は市庁舎の右側にある。カリエール広場とつながっている凱旋門からもこの景色が見える。下の左側は、この王宮群の2番目の広場であるカリエール広場から見た凱旋門で、菩提樹が立ち並んでいる。

カリエール広場©Regine Datin

非常に美しい彫刻もあり、凱旋門の反対側には右側に見える宮殿、市庁舎がある。市庁舎は現在、市の文化部門が入っており、大広間は18世紀からのものです。また、このカリエール広場では、ジャン・ラムールが設計したポルト・ドールの他の例を見ることができる。この複合施設の最後の広場は、アライアンス広場と呼ばれている。義理の息子ルイ15世のために美しい広場を建設したスタニスラスは、彼の守護聖人を称えるというアイデアを計画に盛り込んだ。彼は非常に信心深く、広場はサン・スタニスラス広場と呼ばれることになった。しかし、ある政治的な出来事が彼の計画を変えた。フランスとハプスブルク家の間で同盟条約が結ばれたのだ。ハプスブルク家はハプスブルク・ロレーヌ家となり、これはロレーヌにとって象徴的に重要なことだった。スタニスラスがロレーヌに到着したとき、彼の前にはロレーヌ公フランソワ3世という公爵がいた。ロレーヌ公フランソワ3世は、ハプスブルク家のオーストリア人と結婚するためにウィーンに向かった。

そして、フランソワ=エティエンヌ・ド・ロレーヌとオーストリアのマリー=テレーズは、有名なマリー=アントワネットを含む16人の子供をもうけた。これは日本でもよく知られている。スタニスラス広場には、グランド・オテル・ド・ラ・レーヌという壮大なホテルがあり、先祖であるロレーヌ公爵家の墓参りのためにナンシーを訪れた元フランス王妃の訪問を思い起こさせる。このアライアンス広場は、より親密な性格を持っている。また、菩提樹の並木があり、18世紀に建てられた旧市庁舎の格調高い建物に囲まれている。ナンシーはアール・ヌーヴォーのフランスの首都である。ヨーロッパで最も権威あるアール・ヌーヴォーの遺産を持つ都市のひとつであることも大きな誇りであるが、何よりもフランスで唯一、これほど豊かなアール・ヌーヴォーの遺産を持つ都市である。アール・ヌーヴォーの遺産は、50ほどの建物、建築遺産だけでなく、職人の才能を反映した一連のコレクション、つまり装飾芸術の分野にも基づいている。重要な建物の例をいくつか紹介しよう。左上は、観光客必見のブラッスリー「L’Excelsior」。L’Excelsiorはナンシーの典型的なフレンチスタイルのブラッスリーだが、ナンシーの地元の人々にも人気のスポットだ。

ブラッスリー「レクセルシオ―ル」©AlexandreMARCHI
PHOTO Alexandre MARCHI.

ここでも、日本人観光客にとっては、フランス風のブラッスリーで食事をすることは貴重な体験である。しかも、格調高い雰囲気の中で。家具は家具職人ルイ・マジョレルによるものだ。ルイ・マジョレルはエコール・ド・ナンシーのもう一人の高名なメンバーで、鉄工職人でもあり、ダーム・クリスタル工房とともに照明器具やランプの製作に携わっていた。そして多くのランプが、クリスタル工房とルイ・マジョレルとのコラボレーションから生まれたものである。ブラッスリーのシャンデリアもこのコラボレーションの一例である。ルイ・マジョレルの「ミル・ガレ」と並んで忘れてはならないのが、ナンシーの偉大なステンドグラスの専門家ジャック・グルベールの名前である。彼の作品には、アール・ヌーヴォーのステンドグラスが数多く含まれており、処刑人の部屋のステンドグラスもこの作家によるものである。これからお話しするナンシー・エコール美術館の庭園には、当時すでにエコール・ド・ナンシーの芸術家たちにインスピレーションを与えていた美しい種類の草木が植えられている。建築の一例と、真ん中、一番下の写真は、ナンシー市内中心部にあるクレディ・リヨネ銀行の美しいガラス屋根をお見せしたものです。

ナンシー派美術館、エミール・ガレの作品©Regine Datin

今申し上げたように、ナンシーは再びヨーロッパのムーブメントの一部となり、アール・ヌーヴォー・ネットワークの一員となった。このネットワークは、ヨーロッパにおけるアール・ヌーヴォー遺産の交流を促進し、科学的研究に貢献し、これらの都市間の交流を可能にし、またこの遺産を促進するものである。フランス東部の中堅都市ナンシーは、ヨーロッパの首都としてブリュッセル、ウィーン、バルセロナ、プラハ、パリと肩を並べている。だから、アール・ヌーボーに熱心な日本人観光客の安住の地がヨーロッパにあり、旅のテーマにアクセスできることは想像に難くない。ナンシーに最も近い町をここにリストアップした。ベルギーにはモンス、ブリュッセル、リエージュがある。また、ドイツではヴィッセバーデン、バーデンハイム、ウィーン、スイスではラショットフォン、少し足を伸ばせばバルセロナ、さらに北欧ではグラスゴー、イギリス、バルト三国、リガなどにもある。これは、この遺産を再び広めるのに役立っているヨーロッパのネットワークであり、ヨーロッパでのテーマ別の滞在にも理想的だ。

建築の面でも、この遺産は再び町のあちこちに散らばっている。左はサウルート地区、サウルート公園の写真3枚。ここはかつての城の公園だったが、売却されて土地が区画に分けられた。アール・ヌーヴォー様式で6軒の家が建てられ、管理人用のロッジがこの新しい地区の私的な特徴を示す。当時はナンシー市街から少し中心から外れていたが、現在は完全に市街化された環境にある。その後、この地区は20年代から30年代にかけて、アール・デコの絶頂期に都市化され開発された。そして日本でもフランスと同様に、アール・ヌーヴォーとアール・デコが混同されることがある。アール・デコはアール・ヌーヴォーの延長線上にあり、1920年代も自然は装飾モチーフのインスピレーションの源として使われ続けた。自然は、アール・ヌーヴォーのように写実的に表現されるのではなく、より様式化され、単純化されて表現された。その結果、1930年代にはラインはやや硬くなり、装飾は進化し、スペースはますます小さくなった。

いずれにせよ、この地区はアール・ヌーヴォーとアール・デコの遺産を見比べるには絶好の場所である。このアール・デコの遺産は、1925年にパリで開催された国際装飾美術展の100周年を記念して、2025年にナンシーで顕彰されることになっている。このデコラティブ・アートの展覧会が、後にアール・デコというムーブメントを生み出したのである。右側には、町の中心部にある新しい建物の一例、やはり有名なブラッスリー「レセプション」、むき出しの鉄細工が青く塗られた元銀行、そしてルイ・マジョレルの才能を示す素晴らしい例がある。先ほど、彼は家具職人であったと書きましたが、鉄工職人でもありました。この美しい階段の手すりの石と鉄細工の両方にローマ法王のコインが描かれています。この遺産を発見するには、徒歩での移動が簡単であることを思い出してほしい。最近になって、3つのルートを備えた若い観光客向けの歩行者専用道路が整備された。

そのうちのひとつは、完全にアール・ヌーヴォーに特化したルートである。この地図に描かれている緑色のルートで、ナンシー派を象徴する木のひとつであるイチョウの葉をあしらった金色の三角形が目印になっている。日本語のオーディオガイドを無料でダウンロードできます。ダウンロードが難しい場合は、ツーリスト・オフィスからオーディオ・ガイドを借りることができます。このオーディオ・ガイドには10以上の外国語があり、ナンシーを訪れる観光客の国際性を証明しています。ナンシーを訪れる人々が国際的であることを物語っています。マジョレル邸は、ナンシーのアール・ヌーヴォー遺産を代表する建物です。家具職人であり錬鉄職人であった芸術家ルイ・マジョレルの邸宅である。妻と一人息子のジャック・マジョレルという彼の家族のための私邸であった。マラケシュにあるマジョレル邸のマジョレルの名前も知っているかもしれないが、同じ一族である。ルイ・マジョレルの息子のジャック・マジョレルは画家だった。数十年前にイヴ・サンローランが購入したマラケシュのマジョレル邸は、彼のおかげです。

 

マジョレル邸© Damien BOYER

マジョレル邸は、見学できる唯一のアール・ヌーヴォー様式の邸宅である。水曜日から日曜日まで、午前中は団体に、午後は個人に開放されている。もちろん、この類まれなユニークな建築を鑑賞することができる。屋根の上の梁のような形、陶器の要素、石、鉄、木、陶器などさまざまな素材の多色使い、さまざまな窓の配置によって内部から見える美しい空間など、まさにアール・ヌーヴォーの集大成である。ルイ・マジョレル自身が、ローマ教皇の造幣局をテーマにこの美しい錬鉄製の扉をデザインしました。この邸宅の重要なテーマは、壁、カーテン、彫刻の装飾など、インテリア全体に見られます。ローマ教皇の造幣局は、この家の主要なテーマのひとつである。ダイニングルームにはまだ家具が置かれている。一番上には、ジャック・グルベール作のステンドグラスを背景にした立派な暖炉がある。そして右手には階下のリビングルームがあり、ある時は当時の家具が、またある時はマジョレル一家がこの家に住んでいた頃のものに近い家具が置かれている。

この家を訪れると、マジョレル家の日常的な環境にどっぷりと浸かることができる。そして600メートル先には、やはりこの歩行者天国、アール・ヌーヴォー街道沿いにあるエコール・ド・ナンシー美術館がある。ここはヨーロッパで、いや世界でも唯一の、この芸術運動、アール・ヌーヴォーに完全に特化した美術館である。エミール・ガレの家具コレクションを中心に、エコール・ド・ナンシーの装飾美術に焦点を当てている。ガレはガラス職人として有名ですが、家具職人、陶芸家でもあります。右下の美しいピアノのようなルイ・マジョレルによる家具。エミール・ガレのガラス工芸品、ジャック・グルベールのステンドグラス、そしてウジェーヌ・ヴァランなど、あまり知られていないかもしれないが、才能ある芸術家たちの作品もある。この美術館の特徴は、歴史的に芸術のパトロンであった名家コルバン家の古い邸宅を利用していることである。この邸宅には美しい庭園がある。この庭は修復され、エコール・ド・ダンスの芸術家たちにインスピレーションを与えた木々や植物を展示できるというユニークな特徴を持っている。

ナンシー美術館所蔵のドーム・コレクションから「藤」「スズラン」の花器©Regine Datin

そのため、この美術館内の作品には、モクレン、コーカサスハッカ、モクレンなどの植物が見られる。マジョレル邸とエコール・ナンシー美術館は、特にアール・ヌーヴォー地区にある。他にもアール・ヌーヴォーの家がある。左の写真は、フェリックス・フォール通りにある、植物の装飾で彩られた家です。これらは本当に典型的なアールヌーボーの建物です。このアルザスの家がある中央のサント・マリー公園は、この地区の中心にある。広さは7.5ヘクタールで、市内で2番目に大きな公園だ。そしてこの公園の端には、ナンシー温泉がある。ナンシーの温泉水は1908年に建築家のルイ・ランテルニエによって発見され、すぐにこの水の医学的効能を証明する研究が行われた。そしてすぐに温泉プロジェクトが生まれ、ご覧の白い建物が1912年以降に建てられた歴史的建造物である。そしてスパは発展していくが、時にはいくつかの事件や中断もあった。

そしてやがて、この温泉は市営プールとなった。そして最近になって、この温泉水に対する関心が再び高まってきた。研究と分析が行われ、医学的な効果が再び認識されるようになった。そして温泉の復活が確認された。そして私たちは建築家アンヌ・デミアンを呼び寄せ、歴史的建造物を白で修復し、お察しの通り黒い部分が新しい建物となった。このスパセンターは現在、幅広いサービスを提供している。ここは3つのエリアに分かれており、1つは水泳、スポーツ、家族連れや子供向けの水上ゲームに特化している。これが最初のエリアで、もちろん治療専用のエリア、それからスパ・エリア、リラクゼーション・エリアで、例えば2時間、3時間、マッサージ・サービスなど、さまざまなパッケージが用意されている。そして、右側に見える歴史的なプールのひとつ、この美しいアールヌーボー様式のセラミック・モザイクが施されたプールを楽しむことができる。スパは屋外にもあり、サント・マリー公園を眺めることができる。アール・ヌーボーのテーマの最後を飾るのは、ご覧のように豊かな遺産だからだ。

スタニスラス広場にあるボザール美術館には、300点を超えるダノーム・クリスタルの歴史的なコレクションが常設展示されている。コレクションは、1870年代のクリスタル工房の起源にまで遡る。左の2枚の写真はアール・ヌーボー時代のもの。そして、特にアール・デコ期のスタイルの進化を見ることができます。先ほどアール・デコについて触れました。ドーム、マジョレル、そしてステンドグラスの専門家であるジャック・グリューベルは、今日では確かにアール・ヌーヴォーの作品で知られていますが、1920年代、時には1930年代には、アール・デコ様式でも作品を制作しており、アール・デコ様式でもアール・ヌーヴォー様式と同じように注目に値する作品があります。このメンズ・コレクションでも、アール・デコ様式の作品を数多く見ることができます。つまり、混同されがちなこの2つのスタイルを理解する、またとない機会なのだ。アール・ヌーヴォーがナンシーで発展したのは、とりわけこの長い歴史を持つ工芸の伝統のおかげである。18世紀には、バカラのクリスタル作品が作られた。

世界的に有名なクリスタル工場である。バカラはあまり知られていないかもしれないが、ナンシーから60キロ離れた町の名前でもあり、こちらも一見の価値がある。次に進む。アール・ヌーヴォーの時代は、もちろんナンシーの美術工芸の発展にとって良い時代だった。真ん中はルイ・マジョレルが自分の家のために設計した階段で、このマジョレル邸を訪れると見ることができる。右上には、ドームのクリスタル工房が現在も営業しているため、最近の作品を見ることができる。クリスタル工房の敷地内には第二のブティックがあり、スタニスラス広場にも第一のブティックがある。この伝統は続いている。ジャン・プルーヴェについても言及された。左の写真は、スタニスラス広場にあるボザール美術館に所蔵されているジャン・プルーヴェのコレクションです。ジャン・プルーヴェはデザイナーであると同時に建築家でもあり、ナンシーの高台に自分の家を建てている。

今日でも、こうした伝統は職人たちによって受け継がれている。左上のトーチ型ガラス職人の例ですが、彼の名前はテオフィル・カイユです。ナンシーのガラス職人であるジェラルド・ヴァトランは、今や国際的に認められており、国内外で数々の賞を受賞している。金沢は彼にとって初めての日本体験であり、最近では2023年の初めに京都の久我山でアーティスト・レジデンスを行った。3ヶ月間、彼は再び日本のガラス製作の伝統を探求し、技術を完成させ、新しい作品を創作することができた。数日前、金沢市長から歓迎を受け、金沢市長に贈呈されたジェラルド・ヴァトランの作品を見ることができた。ジェラルド・ヴァトランは、他のアフリカ文化に非常に興味を持っているアーティストだが、最近では、ここ5、10年の間に日本文化にも興味を持つようになった。観光局には、ナンシー地方の美術工芸品を紹介する「アーティ・ショップ」と名付けられたスペースがある。

フランスで唯一、観光局内にあるこの店は、”boutique de métier d’art “という公式認定ラベルを授与されています。もちろん、伝統的で古典的な観光土産品スペースもありますが、このノウハウを宣伝するだけでなく、オブジェを販売することもできるスペースです。このブレスレットの銀杏の葉や、背景のウィンドウにあるブローチのローマ法王のコインなど、今日の芸術家たちが今もナンシー高等学校をインスピレーションの源としていることがわかります。失礼します。これからご覧になるものを簡単にご紹介しましょう。ファインクラフトの分野におけるこの創造性を紹介するために、ジェラルド・バトラを含む多くのファインクラフト職人が登場する短いビデオをお見せしたいと思います。

このビデオは、お手元に配布したプレゼンテーションの最後にあるQRコードを使って、もう一度見ることができます。アール・ヌーヴォーは、職人技の伝統からインスピレーションを得ていますが、装飾家や植物学者の才能からもインスピレーションを得ています。ナンシーの自然遺産は、ナンシーの街とナンシー全域に存在します。ナンシーは森にも囲まれており、豊かな自然環境に恵まれています。ここでは、最も重要な緑地、公園、庭園をいくつか紹介します。スタニスラス広場から目と鼻の先、街の中心部には、18世紀のキオスクがあるペピニエール公園がある。先ほどナンシー・ド・エルマル郊外のサント・マリー公園を紹介しましたが、ヴィレール・レ・ナンシスにも美しい公園と植物園があります。今日はこのコミューンのヴェルナー市長にお越しいただきました。この植物園はフランスでも有数の規模を誇り、無料で見学できるエリアもあれば、有料の熱帯温室もあります。しかし、ナンシーのポルト地区にある植物園は、市の中心部から公共交通機関で簡単にアクセスすることもできる。

その方法を少し紹介しよう。失礼。ベルガモット、マカロン、ワイン、ババ・オ・ラム。今日はラム酒ですが、歴史的にはハンガリーの白ワイン、トカイです。ベルガモットをいくつか持ち帰ったので、このスイーツを発見してほしい。ビデオは省略させていただきますが、QRコードでご覧ください。最後に、いくつかの主要なイベント、すでに述べたものもありますが、11月末から年末、あるいは翌年の初めまで40日間にわたって繰り広げられる、年末の最も重要なイベントであるサン=ニコラのお祭りについて一言、光の雰囲気、スタニスラス広場のクリスマス・ツリー、ユネスコ全体を見渡せる観覧車、クリスマス・マーケットに相当するサン・ニコラ市場、そして子供の守護聖人でありロランの守護聖人でもあるサン・ニコラを巡る伝統的なパレード。

サン・ニコラの行列列
©Pierre
Defontaine ARTGE

これは、数日後に開幕するフェット・ド・サン・ニコラ2023のティーザー映像である。夏のシーズン、6月中旬から9月中旬までスタニスラス広場で行われるこのビデオ・マッピング・ショー。現在行われているエフェメラル・ガーデンは、毎年10月に行われるように、スタニスラス広場がナンシー市公園庭園課のノウハウを反映した庭園に変身する。また、今年で50回目を迎えたナンシー・ジャズ・パルセーション・フェスティバルもある。スタニスラス広場にある国立ロレーヌオペラ座や、日本でご存知の方も多いかもしれませんが、ロレーヌ・バレエ団はツアーで世界中を公演しています。そして、旧市街のスタニスラス広場にあるたくさんのテラスや、19世紀末にフランスで発展したギンゲット(食事だけでなくダンスも楽しめる場所)の雰囲気を再現したギンゲットが、夏になると街のあちこちで開かれるなど、フランスの生活芸術も楽しめます。このように、ナンシーには多彩で豊かな宿泊施設が用意されている。

ウェブサイト、ガイドブック、リトル・トレイン(日本語の解説付きで歴史地区を案内する列車)など、日本語のツールもあります。また、必要であれば、日本人のガイドも2名おりますので、ナンシーを熟知している日本のネイティブのガイドがご案内いたします。ご清聴ありがとうございました。少し時間をオーバーしてしまいました。ありがとうございました。

QRコード
Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks