Laurence Ferrari ロランス・フェラーリ|フランス人女子アナ

Laurence Ferrari(ロランス・フェラーリ)はフランスのニュース番組のキャスター。サルコジとの関係を噂される。

 

フランス語版Wikipediaによると下記のように紹介されている。

ローレンス・フェラーリは、1966年7月5日、エクス・レ・バン(サヴォワ県)生まれ、フランスのジャーナリスト、テレビ司会者。

2008年8月25日から2012年5月31日までTF1 8時のニュースの司会を務め、Canal+のDimanche +(2006-2008)、D8のLe Grand 8(2012-2016)とPunchline、I-TéléのTirs Croisés(2013-2016)などの政治・社会番組でも司会を務めている。

2018年1月からは、CNewsの政治番組「Punchline」や、Europe 1と提携した「Le Grand rendez-vous」の司会も担当している。また、CNewsのLa Playlistの司会も務めている。同年、ローレンス・フェラーリはCanal +社から『L’Info du vrai』のイヴ・カルヴィの公式ジョーカーに選ばれ、金曜日の番組の司会を担当することになりました。

1966年7月5日生まれ(55歳)
エクス・レ・バン(フランス・サヴォア県)
国籍 フランス
職業 ジャーナリスト
専門ニュース司会者、テレビ司会者
現在のメディア
フランスの国旗 フランス
メディア ラジオ・テレビ
主な機能 CNewsとEurope 1のPunchlineの司会。
沿革
ラジオ・クラシコ(2018-2021)
欧州1(1986年~1997年、2021年~)。
テレビC8(2012年~2017年)
CNews (2013年〜)
TF1(1997~2006年、2008~2012年)
カナル+(2006年~2008年、2017年~)。

メールマガジン購読
Laurence Ferrari au Festival de Cannes 2017.

 

バイオグラフィー

幼少期と教育

ローレンス・フェラーリは、学校の校長であり、政治家、元オクス・レ・バンのUDF副市長であったグラティエン・フェラーリの娘である。姉が2人いて、そのうちの1人が彼女です。

1年目の医学部受験に失敗した後、リヨンのフランス新聞記者学校で2年間コミュニケーションを学ぶ。ソルボンヌ大学(パリ第1大学) にて政治・社会コミュニケーションの大学院課程(DESS)を修了。

 

経歴

はじまり

ローレンス・フェラーリは、1986年にAgence France-PresseとFigaro Magazineのローヌ・アルプ版でフリーランスとして活動を始め、その後リヨンのEurope 2で、1986年から1997年にかけてEurope 1の「健康」コラムを担当した。

19946年から週刊誌「ル・ポアン」のフリーランサーとなり、ミシェル・ドラッカーが司会を務める「スタジオ・ガブリエル」で「健康」コラムニストとなり、クリストフ・デシャバンヌが制作し、ジャン=ピエール・ペルノが司会を務める「Combien ça coûte?」を担当。

1997年、朝6時から10時までLCIニュースを担当し、翌年には「メディア&コミュニケーション」ジャーナリストとしてフランス・インフォに入社した。

2000年~2006年:TF1

2000年9月から2006年6月まで、ローレンス・フェラーリは、夫のトマ・ユーグとデュオで、TF1のプライムタイムに放送される日曜日のレポート番組「Sept à huit」誌のプレゼンターを務めた。

2001年から2006年まで、夕方後半に放送される雑誌番組「Vis ma vie」の司会を務めた。最後に、2002年7月から2006年6月まで、TF17の週末のニュースをClaire Chazalの代わりに担当した。

2006年~2008年:Canal+

2006年9月、ローレンス・フェラーリはCanal+に入社し、Karl ZéroのVrai Journalに代わって、日曜日の12時40分から放送される政治番組Dimanche +の司会を務めています。ローレンス・フェラーリは、パートナーのトマ・ユーグ、ロレイン・ウィレムスとともに、自身の制作会社Story Box Pressを通じて、この番組の共同プロデューサーも務めています。

2007年と2008年には、Les Guignols de l’infoが司会を務める寸劇と交互に、Canal+の選挙の夕べも担当しました。

同時に、ラジオ局RTLで毎週土曜日12時半から13時半まで「Le journal inattendu(思いがけない新聞)」を紹介し、時にはラジオ局の編集長を引き受けるパーソナリティーとの出会いもある。

2008-2012年:TF1への復帰
2008年カンヌ国際映画祭でのローレンス・フェラーリ。

2008年夏、ローレンス・フェラーリはCanal+とRTLを離れ、2008年8月25日から平日午後8時のニュースを担当するためにTF1に戻った。TF1の視聴率向上を目的とした大規模な人事異動の中で、2008年7月10日にニュースから外されたパトリック・ポワーヴル・ダルヴォーの後任として、フランスの主要テレビニュース番組を担当するマリー・フランス・クバダ以来の女性ディレクターとなったのである。L’Expressなどの一部のメディアによると、フランスのサルコジ大統領は「TF1のジャーナリスト」であるパトリック・ポワブル・ダルヴォーの「不遜な態度に代償を払っている」とし、その去就は他人事ではないという。

TF1の8時のニュースは、ヨーロッパで最も視聴されている版です。2008年9月、それまでTF1でクレール・シャザルのジョーカーだったアンヌ=ソフィー・ラピクスが彼女の後任としてCanal+でDimanche +のプレゼンターを務め、RTLで毎週土曜日のLe journal inattenduはクリストフ・オンドラットが担当することになりました。

2010年10月、妊娠中のLaurence Ferrariが8時台のニュース番組のプレゼンターを数ヶ月間離れ、代わりにHarry Roselmackが担当した。2011年5月からは、TF118の8時台のニュースで、毎月木曜日にFrançois Bachy Parole Directeという政治番組のプレゼンターを務めています。

2012年の大統領選挙では、3週連続で月曜日の夕方前半に放送された政治番組『Parole de candidat』を担当し、主要候補者がフランス人パネルにインタビューされた。2012年5月2日、大統領選のテレビ討論会(現大統領ニコラ・サルコジと対立候補フランソワ・オランド)で、ダヴィッド・プジャダスとともに司会を務めました。2012年のLe Débatは、複数のテレビ局で生中継されました。

2012年5月、ローレンス・フェラーリはTF1を退社し、Direct 8に参加することを発表した。2012年5月31日に最後のニュースショーを行い、2012年6月4日にジル・ブーローが後任として就任した。”サイクルの終わり “であると説明した。”リニューアル “への思いは深い。(中略)私は、より自由で、成文化されていないプログラムを望んでいる」。 Libérationなどいくつかのメディアは、8時のニュースの視聴率が低下していることや、記者とTF1の編集スタッフとの意見の相違を挙げて、この離脱の必然性を強調している。

 

2012年以降:カナルグループ(C8、CNews、Canal +)への復帰

2012年10月8日より、Laurence Ferrariがトーク番組「Le Grand 8」をD8で月曜日から金曜日の午前10時50分から午後12時5分まで放送しています。政治、ファッション、社会、文化などあらゆる題材を取り上げ、「ニュースをほじくり返す」つもりだそうです。ジャーナリストAudrey Pulvar、元大臣Roselyne Bachelot、実業家Hapsatou Sy、ジャーナリストÉlisabeth Bost26などのコラムニストが同行しています。2015年9月、コラムニストのAudrey Pulvarが番組を去り、代わりにジャーナリストのAïda Touihri27が就任した。

2013年2月、ヨーロッパ1のラジオコラムニストであるセルジュ・ラドは、ローレンス・フェラーリの番組で、TF1の午後8時のニュースのジングルと映画『ジョーズ』のサウンドトラックとの近接性について、自分の番組を盗用したと非難した。

2013年、ローレンス・フェラーリはプレスカードを拒否された。実際、彼女が2012年10月からD8で司会を務めている『Le Grand 8』は、プロのジャーナリストの身分証明書に関する委員会から「娯楽」と認定された。

2013年8月26日より、i>Téléにて午後6時から7時30分まで「Tirs croisés」を放送します。この番組は、広義の時事問題だけでなく、政治にも焦点をあてています。この番組の最初の1時間は政治に特化しており、1人または複数のゲストを迎え、2人の相棒、オードリー・プルヴァール(Le Grand 8のコラムニストでもある)とジャン=クロード・ダシエ(TF1での元上司)を伴っています。残りの30分は時事問題全般を扱うもので、ローレンス・フェラーリ一人が担当している。2016年9月にCNews31で18時から20時に番組が延長されました。その結果、このプログラムは「ル・ディレクト・フェラーリ」と改名された。

2016年、Le Grand 8はC8(D8の新名称)の新シーズンスケジュールに含まれず、視聴率不足のため6月30日に番組が停止された。Laurence FerrariがI>TéléでTirs croisésを続けていました。また、9月25日からC8で毎週日曜日12.05から生放送される新しい政治分析・インタビュー番組「Punchline」の司会を務めています。この番組は、エマニュエル・チェイン氏の会社「Elephant」が制作しています。2016年11月、番組の「壊滅的」な視聴率によって脱番組の問題が浮上し、視聴者シェアは全体のわずか0.6%で、C8はアルテとフランスÔを上回っているが、すべての競合に遅れをとっている。

2016年11月3日、BFMTVとI-Téléで放送された共和党大統領予備選の第2回討論会で、ルース・エルクリーフとともに7人の候補者に対抗する司会を務めた。2017年1月15日、BFMTVとI-Télé35でも放送された、7人の候補者に対抗するベル・アライアンス・ポピュレール大統領予備選の第2回討論会で、ルース・エルクリーフとローラン・ノイマンとともに司会を務めた。

2017年4月4日、ルース・エルクリーフとともに大統領候補11人の討論会の司会を務め、BFMテレビとCNewsで放送されたほか、RMC、Dailymotion36、Youtubeでも配信された。フランスの大統領選挙で、全候補者が一堂に会するテレビ討論会は今回が初めてです。

2017年6月、『パンチライン』番組は視聴者不足のため、更新されませんでした。その結果、オードリー・プルヴァーがCNewsを去った後、ヨーロッパ1で同時放送されている番組「Le Grand Rendez-vous」を引き継ぐことになった。2017年8月、『Le Direct Ferrari』は政治パートを19時から20時に移動し、文化パートを含む新しい方式で21~22時の枠を占拠した。

2018年1月より、ローレンス・フェラーリは、毎週日曜日午前10時からLe Grand rendez-vousを開催し続けています。

現在もCNewsで、月曜から木曜の19時から20時まで、その後2019年10月からは視聴者が少ない(視聴率0.5%)ため18時から19時までの番組『Punchline』の司会も担当している。

2017年9月、Canal +の「L’Info du vrai」でイヴ・カルヴィの公式ジョーカーに昇格し、金曜番組の司会を獲得した。

2018年6月27日、ローレンス・フェラーリがRadio Classique39に参加し、平日毎日、若手ミュージシャンを紹介する番組「Entrée des artistes」の司会を務めることが発表されました。

私生活

結婚

1993年10月9日、ローレンス・フェラーリは、ジャーナリストのトマ・ユーグと結婚した40。2007年10月に友好的に別居した。

2008年初めには、俳優のリチャード・ベリーと交際した。その後、音楽家のルノー・カプソンと生活を共にし、2009年7月3日にパリ16区の市庁舎で結婚式を挙げた2。この結婚から、2010年11月8日にエリオットという男の子が生まれた。

コミットメント

ローレンス・フェラーリは、2003年11月からSOSチルドレンズ・ビレッジ協会のアンバサダーを務めています。

2013年1月27日には、パリのテアトル・デュ・ロンドポイントで「すべての人のための結婚」を支持する夕べを主催し、芸能界から多くの著名人を集めました。この件に関して、彼女は雑誌『Têtu』でこう宣言している。「この大義はとても重要だと思うので、私はもう何も言わずに隅っこでじっとしているわけにはいきません……」とね。討論会の盛り上がりで、結婚に動員される人たちに寄り添わなければならなくなったのです。議論の高まりとともに、私は結婚に動員される人たちと一緒に立ち上がることになった。 声を上げるのは市民であり、結婚した女性であり、一家の母である 」

プライバシーの侵害に対する苦情

2007年12月、イギリスのタブロイド紙Daily Mail49が言及した当時のフランス共和国大統領ニコラ・サルコジとの不倫の噂を伝えたとして、メトロは5,000ユーロ、クローサーは12,000ユーロの「プライバシーと肖像権の侵害による」賠償金の支払いを命じられている。

2008年8月、彼女はリヨンマグに対して、父親とのインタビューに対して4万ユーロの損害賠償を請求する訴状を提出した。

ローレンス・フェラーリは、2008年の間に、プライバシー侵害で新聞社から16件の有罪判決を獲得し、損害賠償額は143,000ユーロと、2008年のフランスにおける誰よりも多いものでした。

2009年4月、Laurence FerrariとRenaud Capuçonの写真を掲載したことで25,000ユーロの罰金を科された雑誌Voiciは、ジャーナリストの参加を得て同様の写真がParis Matchに掲載された後、その金を取り戻す訴訟を起こしている。

キャリア総括

ラジオ出演

1986年~1997年:ヨーロッパ1での健康コラム
2006年~2008年:RTLでLe Journal inattenduを放送。
2017-2018 : Le Grand Rendez vous on Europe 1
2018年~2021年:ラジオ・クラシックのEntrée des artistes。
2021年以降 ヨーロッパ1でのパンチライン

テレビ司会者・コラムニスト

1994-1997: フランス2のミシェル・ドラッカーが提供する「Studio Gabriel」のコラムニスト
1997年:LCIで朝のニュースのプレゼンターを務める
1997-1999 年:TF1 のジャン=ピエール・ペルノーの番組「Combien ça coûte?」のコラムニスト
1999-2000: TF1 でミレニアムを放送
2000-2006: TF1 で Thomas Hugues とデュオで「Sept à huit」のプレゼンターを務める
2001-2006: TF1 で Vis ma vie を放送
2002-2006: TF1の週末ニュースの中でClaire Chazalのジョーカーを務める
2006年~2008年:Canal+でDimanche +を放送
2006-2008: Le journal inattendu on RTL
2008年~2012年:TF1で月曜から木曜まで20時のニュースのプレゼンターを務める
2011-2012: Parole Directe
2012年:TF1にてParole de candidatを放映
2012年5月2日:2012: Le débat(大統領選の2ラウンドの間のテレビ討論会、David Pujadasと共同司会)
2012-2016 : D8でル・グラン8
2013-2016: I-TéléでTirs croisésを放送
2016-2017 : I-TéléのLe Direct Ferrari、その後CNews
2016年から C8でパンチライン、Cnewsでパンチライン
2017-2018 : L’Info du vrai on Canal +
2017-2018 : ファビアン・ナミアス、ニコラ・バレと「Le Grand Rendez-Vous」を開催
2019年:CNewsで2019年欧州選挙の討論会

テレビ出演者

Laurence FerrariがFrance 2のToute la télé chante pour Sidactionに参加し、2013年4月6日に放送されました。
2014年9月18日、D8で行われた「Le Maillon faible」に参加。

フィルモグラフィー
2015年:シプリアン・イオヴ著「テクノフォビア」:自身
2020 : バロンノワール:本人
ディスティネーション
2006年11月、ローレンス・フェラーリは、その年のサヴォワイヤール人のパーソナリティに贈られる Prix des Neiges 2006 を受賞した。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Laurence_Ferrari

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks