Laurent Delahousse ローラン・ドゥラウース France2週末ニュースキャスター

ローラン・ドゥラウースはフランスのニュースキャスターです。France2の週末の午後8時のニュース番組を担当しています。

フランス人女性が好きな男性1位に輝いたことがある。

 

ローラン・ドゥラフース(Laurent Delahousse)は、1969年8月30日生まれ、フランスのジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督。フランス2のニュース番組『Journal de 20 heures』や伝記番組『Un jour, un destin』の司会で知られる。

経営法および労働法の修士号、民間企業法のDEA(北米ではLL.M.に相当)を取得している。

1994年、フランス第一のラジオ局であるRTLで政治特派員としてキャリアをスタートさせる。1996年、TF1のオールニュースチャンネルであるLCIに入社。1999年、M6に入社し、編集長兼ニュースマガジンDe quel droit? (何の権利で?)、Jour J (D-Day)と続く。

2000年3月からは、Secrets de l’actualité (ニュースの秘密)の共同編集長兼司会者を務める。2001年からは、2003年のイラク侵攻に関するニュースなど、夕方のニュース特集のプレゼンターも務めている。

メールマガジン購読

2006年9月、France 2に入社し、キャロル・ゲスラーの後任として、同じ新聞記者であるダヴィッド・プジャダスのアンカーとして20時のニュースキャスターを担当した[1]。

2007年1月からは、自身の番組『Un jour, un destin』[fr]の司会を務めている。

2007年2月から6月にかけては、週刊政治番組『Un dimanche de campagne』の司会も務めている。

2007年2月25日、Laurent Delahousse は、週末のニュースの司会に抜擢されました。

2007年9月からは、13h15という時事問題の週刊番組の司会を務めている。

2017-18年、Delahousseは日曜日に19h le dimanche [fr]の司会を務めた。

 

 

フランス版Wikipediaでは下記のように記載されています。

 

Laurent Delahousseは、1969年8月30日、クロワ(ノール)生まれ。フランスのジャーナリスト、司会者、プロデューサー、テレビディレクター。

2007年から2017年にかけて、毎週末、France 2の13時と20時のニュースを担当。2017年度からは、土日13時のニュースのプレゼンをLeïla Kaddourに任せた。金曜日と土曜日は午後8時のニュースを担当し、日曜日は午後7時から9時の間に「19 h le dimanche」という新しい大型番組を放送し、ニュースも担当した。

Image illustrative de l’article Laurent Delahousse
Laurent Delahousse en 2013.

ローラン・ドゥラフース

1969年8月30日生まれ(52歳)クロワ、(ノール)
国籍 フランス
職業 ジャーナリスト
受賞歴 ローラン・ドルジェレス賞(2009年)
現在のメディア
メディア テレビ(1996年から)、ラジオ(2006年から)
フランス2の週末13時間ニュース番組の司会者(2007年~2017年)
フランス第2の週末8時のニュースのプレゼンター(2007年~)。
土曜日午後1時15分からのニュース担当(2007年から)
日曜劇場「13時15分」司会(2008年~)。
Un jour, un destin(アンジュール、アンデスタン)」プレゼンター(2007年~)。
20:55」プレゼンター(2016年~)。
日曜午後7時」プレゼンター(2017年~2018年)
土曜20:30~のプレゼンター(2019年以降)
日曜20時30分」プレゼンター(2017年より)
ラジオ・ヨーロッパ1(2006年)
テレビ M6 (1999年-2006年)
フランス2(2006年以降)
Laurent Delahousseは、1969年8月30日、クロワ(ノール)生まれ。フランスのジャーナリスト、司会者、プロデューサー、テレビディレクター。
2007年から2017年にかけて、毎週末、France 2の13時と20時のニュースを担当。2017年度からは、土日13時のニュースのプレゼンをLeïla Kaddourに任せた。金曜日と土曜日は午後8時のニュースを担当し、日曜日は午後7時から9時の間に「19 h le dimanche」と題した新しい大型番組を、ニュースも含めて放送しています。

バイオグラフィー

幼少期、トレーニング、始まり

Laurent Delahousseは1969年8月30日にCroix (Nord) 1で生まれた。ソンム地方のアミアンで育ち、サン・ジャン・バティスト・ド・ラ・サール校で学んだ後、プロヴィデンス高校2,3へ。ローラン・ドラフースは、学業と並行してプロのサッカー選手になることを夢見ており、そのために日々トレーニングを行っていた。
刑事弁護士を志し、パリに留学した3,1。パンテオンアサ大学にてビジネス法および労働法の修士号、私法DEAを取得3。
1994年、ラジオ局RTL3,1の政治部門のインターンとしてジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせた。1996年、24時間ニュースチャンネルLCIに入社。政治・外交関係のジャーナリストとして、19983年まで新聞や週刊誌『フォト・エブド』も発表した。

1999年~2006年:M6

1999年1月12日、ローラン・ドゥラフースは、2000年3月14日まで雑誌『De quel droit? の編集長兼プレゼンターとして、その後2000年6月1日から20013年8月29日まで雑誌『Jour J』の編集長としてM6に着任することになった。
2000年からは、M6で夕方後半に放送される調査報道誌『Secrets d’actualité』を担当した3。また、イラク戦争に関するニュースなど、スペシャル・イブニングも担当しています3。2006年6月、M6を離れ、フランス2に移籍。
同時に、2006年1月からシーズン終了まで、毎週月曜日午後11時から真夜中まで、ヨーロッパ1の番組「Générations Europe 1」で、「La face cacheée d’une tendance (トレンドの隠れた顔)」、3月から「Le Club Tendances」の司会を務めた。

2006年以降:フランス2

フランス2の週末ニュースのプレゼンターです。

2006年10月30日、ローラン・ドゥラフースは、2006年8月17日にFrance 2を去ったキャロル・ゲスラーの後任として、David Pujadasの代わりにFrance 2の平日20時のニュースの司会者となった。

2007年3月9日、France 2の金曜から日曜の20時、土曜から日曜の13時の週末ニュースの司会者に就任した。この後任は、ジャン=ルイ・ボルルー大臣の夫人であるベアトリス・シェンベルグで、当初は大統領選挙期間中の論争を避けるために一時的なものとして発表されたが、5月末にジャン=ルイ・ボルルーが都市問題・都市再生担当大臣に任命され、恒久化された。

編集長を務める週末のニュース番組を担当する傍ら、午後1時のニュース終了後に放送されるいくつかの雑誌を制作・発表している。2007年9月からは、毎週土曜日のnews10の後に13 h 15, le samediを担当している。2008年6月からは、毎週日曜日に同じ原理で「13 h 15, le dimanche11」を発表しています。

また、2007年2月から6月まで、毎週日曜日午後1時のニュース12後に、2007年大統領選挙をテーマにした政治雑誌『Un dimanche de campagne』の司会を担当した。

2007年7月からは、ある公人の人生を読み解く番組「Un jour, un destin」を放送している。

2008年6月、TF1に入社し、クレア・シャザールのジョーカー(休日の代役)にならないかと打診されたが、最終的にフランス2に残ることを選択した。その後、TF1は記者との接触を否定した15。

2012年6月、ローレンス・フェラーリの退社に伴い、再びTF1に平日20時のキャスターとして打診されたが、フランス2に留まった。

2014年1月、週刊誌『パリ・マッチ』が実施した「フランス女性が好きな人物」についての投票では、ビクセンテ・リザラズ、アントワーヌ・ド・コーンズを抑えて1位となった。

2017年度からは、10年間司会を務めてきた土日13時のニュースのプレゼンを返上し、ジョーカーのLeïla Kaddourがこのポジションを引き継ぎました。しかし、金曜日と土曜日の午後8時のニュースはそのままで、日曜日の午後7時から9時の間に「19 h le dimanche」と題する3部構成の新しい主要番組を放送した。2018年9月には20 h 30 le dimancheを保持し、それに2019年3月16日から20 h 30 le samediを追加した。

France 2の司会者として、月給15,000ユーロ(正味)を受け取っている。

 

大統領インタビュー

2012年1月29日、Laurent Delahousseは、Claire Chazalとともに、ニコラ・サルコジ大統領と討論し、1600万人の視聴者を集めた解説番組であった。

2012年7月14日には、再びクレール・シャザールとともに、オテル・ド・ラ・マリーンでフランソワ・オランド大統領とのインタビューを行い、2013年7月14日にはエリゼ宮でインタビューを行っている。

2017年12月17日、エマニュエル・マクロン大統領へのインタビュー(5年の任期開始後2回目)を実施、エリゼ宮のさまざまな部屋を55分間歩き回るという前代未聞の形式で行われました。このインタビューは、Laurent Delahousseの大統領に対する自己満足だと批判する声もあった。このインタビューは、約600万人のフランス人が見守る中行われました。

批判

Laurent DelahousseはAcrimedから定期的に批判を受けており、複数のフランスの政治家(2017年の大統領選挙期間中のFrançois Baroin、Marine Le Pen、Emmanuel Macronなど)へのインタビューにおいて、自己満足だと非難している。

ドキュメンタリーのディレクター、プレゼンター

2007年1月より、France 2の番組「Un jour, une heure」を担当している。歴史を彩った人物のドキュメンタリーを提供するこの番組は、2007年の夏には週一回のバージョンになり、Un jour, un destin30と改名されました。放送時間は夕方後半から、時には夕方前半に放送されることもある。

「Un jour, un destin」では、アーティスト(Romy Schneider, Anges et démons, 2010)、政治家(Jacques Chirac Intime, 200933 , François Hollande et Nicolas Sarkozy: les ambitieux, 201334)、歴史上の人物(Klaus Barbie: sur les traces d’un criminal nazi, 2012)の生活を解読している。

2012年6月には、France 2で一晩中ドキュメンタリーを放送する「Infrarouge XXL」を発表しました。

2016年9月25日、新しいドキュメンタリーシリーズ「Dimanche 20h」を開始し、最初のテーマは「Vatican, histoire secrètes」であった。2016年10月16日には、シリーズ2作目となるドキュメンタリー「Jacques Chirac, l’homme qui ne voulait pasêtre Président」を発表した。

2017年9月、フランス2で毎週日曜日19時~21時枠のプレゼンテーションを担当し、20時ニュースの前後にそれぞれ日曜19時、日曜20時30分となった。

2018年には、作家ジャン・ドルメソンを描いた初のドキュメンタリー『Monsieur』を制作。このドキュメンタリーは、映画的な利用を目的としています。

 

プロデューサー

2008年8月、Laurent Delahousseは、Serge KhalfonとMarc Berdugoの両監督とともに制作会社「Magneto Presse」を設立し、2010年3月に25%の資本を売却した。

 

私生活

Laurent DelahousseはMathieu Delahousseの従兄弟にあたります。

数年間は、ティナ・キーファーの妹でジャーナリストのフローレンス・キーファーと同居していた。二人の間には2005年と2008年に生まれたLiv-HelenとSachaという二人の娘がいます。

フランスの女優アリス・タグリオーニとは、テレビニュース「France 2」の撮影現場でのインタビューで知り合った仲間である。夫妻には2016年2月7日に生まれたスワンという娘と、2019年12月に生まれたリノという息子がいます。Cap-Ferretに家を持ち、定期的に訪れている。

 

フィルモグラフィー

2019 : ニコラ・ヴァニエ著「Donne moi des ailes」:自分自身

ディスティネーション

2010年2月、Laurent Delahousseは、「フランス語の品質に対する愛着」が評価され、Roland-Dorgelès賞の「テレビ」部門を受賞した。

2012年12月、2014年1月の2回、ジェラール・ド・ラ・テレビジョンの式典で風刺賞を受賞。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Laurent_Delahousse

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks