第2回ギャルソンレース(代官山ヒルサイドテラス)アペリティフ365

昨年よりアペリティフ365で開催されているギャルソンレース、今年は、旧山手通りの道路を使いレースが行えることが出来ました。
会場の代官山HILLSIDE TERRACEのオーナーが尽力してくれたとのことです。昨年は曲がり角があり難易度が高かったのですが、道路を利用することにより、ほぼ直線のコースになりました。ギャルソンレースは、神楽坂、横浜日本大通りでも行われているようです。日本大通りのギャルソンレースは日本で唯一本国の公認だそうです。神楽坂も日本大通りも水を運ぶそうですが、代官山のギャルソンレースは本物のフランスビールを使います。

ビールをグラスに注ぎ、その空き瓶と栓抜きをトレイに載せ、200メートルを競走します。途中で落としても良いそうですが、落としたら拾い、レースを続けることが出来ます。ゴール時にビールが規定以上残っていることが条件です。白熱しすぎてビールもグラスも落として割ってしまう方が大勢いました。ですから、割れたグラスやビール瓶を片付ける係も大変そうでした。このように割れてしまうのも余興で、なかなか迫力あるものです。

約50人ほどの出場し、予選は12レース、準決勝が3回、決勝が1回となかなか本格的なイベントです。特に賞金もかかっているせいか、準決勝ぐらいになるとかなり白熱し、終盤は走っているぐらいのスピードが出て来ます。以外と決勝の方が安定度が高く、落ち着いて感じられます。参加者はフレンチのお店の方が多かったようですが、居酒屋のような店名からの出場者さんも居て、結構幅広い集まっているようでした。たすきを掛け店をしょってきている方も大勢いました。

決勝戦は2往復で400メートルでの競走です。慣れてきたのか、安定感のある走りでした。

一回目の内容は、こちらをご覧下さい。

第2回ギャルソンレース優勝者

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  2. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  3. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial