シャンパンの出荷量は依然として遅れており、エステートは平均25%の損失を被っていますが、シャンパン業界は社会保険料の免除を政府に求めています。このアピールは、ブルゴーニュやコニャックを筆頭に、ワイン業界全体で行われています。

シャンパーニュでは収穫が終わったばかりで、ダミアン・シャンピーはため息をついている。安堵ではなく、落胆である。シャンパーニュ地方のワイン生産者組合の事務局長は、「コロナウイルスはすべての人を死に至らしめた」と語っています。

「このような危機は、第二次世界大戦以来、経験したことがありません。国内と海外での封じ込めでは、3,000万本以上のボトルを失いましたが、これは非常に大きなものです。今日では、売上高の損失は15億ユーロにも上ると言われています」とダミアン・シャンピーは言う。

年末商戦で状況が好転することが期待されますが、スーパーでの強力なプロモーションがその期待を裏切る可能性があります。そのため、生産者は政府に訴えています。他の業界と同様に、この激動の時代を乗り切るための一時的な社会的費用の免除を希望しています」と、InterprofessionのMaxime Toubart会長は語る。シャンパーニュ地方では、年間約1億5000万ユーロの社会的費用を支払っています。

このアピールには、ワイン業界全体が参加しています。航空機に次いで、フランスの貿易収支に最も貢献しているのはワインとスピリッツです。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携
https://www.rfi.fr/fr/économie/20200916-coronavirus-le-secteur-champagne-appelle-le-gouvernement-à-l-aide