フランス:西インド諸島産バナナの廃棄物から作られた化粧品

バナナ産業の廃棄物から化粧品をデザインしているのは、44歳のマルティニーク人、シャーリー・ビロットさんだ。すでに日本や韓国に輸出されている「Kadalys」ブランドは、サンスクリット語で「バナナの木」を意味し、西インド諸島の豊かさと歴史を運びたいのです。

毎年、何百という製品が、化学成分や内分泌攪乱物質を含む、体の健康のために作られています。大手化粧品ブランドがしのぎを削るこの世界で、テリトリーの充実という新たな精神で立ち現れたのが、この製品です。グアドループとマルティニークのバナナ産業から出る廃棄物から抽出した天然の有効成分で製品を作る若い化粧品ブランド、カダリスは、この言葉をモットーとしています。

2012年に設立された同社は、マルティニーク出身の44歳、シャーリー・ビロットが経営している。しかし、彼は化粧品業界でキャリアを積むつもりはなかった。”私は基本的にエコノミストです。ヨーロッパで数年間、コンサルティング会社に勤めていたことがあるんです。そして、13年前に西インド諸島に戻り、生活しています。スーパーマーケットや通信販売、製薬会社向けに、西インド諸島に製品を輸入する会社を経営していました」とシャーリー・ビロットは説明する。

サンスクリット語で「バナナの木」を意味するKadalysは、まだ若い製品ですが、Made in Franceの製品が珍重される日本や韓国を中心に、国際的な展開を始めています。”美 “の伝統があるからこそ、私たちはすぐにこれらの国々に足を運んだのです。彼らは新製品が好きなのです。そして、とても好評でした。シャーリー・ビロットは、寝返りについて多くを語らない。しかし、ボディとヘア用のプレシャスオイルを中心に多彩な製品を展開し、オーストラリア、中国、そして間もなくアメリカといった新しい市場を獲得しています。

ファーマコポエイア

2009年に西インド諸島で起こった物価高に対する大規模なゼネストの後、2010年の夏、失業したばかりのシャーリー・ビロットは、植物ステロールを豊富に含む熱帯果実の脂肪部分の組成に関する記事を読んで、バナナの良さと効用を発見したのです。フィトステロールは、医療や化粧品に広く使用されている生理活性の高い抗炎症剤です。

しかし、自称「仕事中毒」の彼は、すでに薬局の存在を知っていた。「私がフランスから西インド諸島に渡ったとき、息子はアトピーで困っていました。体には本当に大きな斑点があった。皮膚科の治療が問題を悪化させた。しかし、我が家では薬局方にはとても敏感です。母に励まされて、植物性の治療薬を見つけてくれた長老たちに会いに行きました」と、グザビエ・ニールによって2017年6月に創設され、彼女の会社がインキュベートされているスタートアップ・キャンパス、ステーションFの泡のひとつでシャーリー・ビロットは言う。

バナナには、肌の老化やシワに対抗する抗酸化作用があります。また、その収れん作用は、傷に対抗するのに役立ちます。「乾癬、にきび、湿疹の治療にも使われます」と、シャーリー・ビロットは説明する。彼女は数週間の個人的な研究の結果、これらの原理を発見した。そして、環境にやさしい化粧品を開発することを思いついたのです。「これらの発見と、マルティニークで化粧品ブランドの代理店をしていた過去が重なり、頭の中でカチッと音がしたのです。

メールマガジン購読

2011年、国際開発農業研究センター(CIRAD)会長とグアドループ・マルティニーク・バナナ連合会長との偶然の出会いが、事態を加速させた。CIRADはすでにバナナに関する科学的な研究を行っています。また、バナナ連合会では、これまで捨てられたり豚にあげられたりしていたバナナの廃棄物をリサイクルする良い方法であると評価しています。

マルティニーク地方と公共投資銀行が出資する5年間の研究開発プログラムにより、分子の特定、抽出、天然有効成分の開発が可能になった。”バナナ廃棄物 “はすべて調査しました。最終的には、アンチエイジング、色素沈着、鎮静作用に関する3つの特許を登録することができました」と、シャーリー・ビヨットは説明する。現在では、フェイスケアとヘアケアを中心に17種類の製品をカタログに掲載し、アジアの大手小売グループ数社に注文を受け付けています。

マルティニークの歴史を伝える

化粧品の枠を超えて、シャーリー・ビヨットが広めたいのは、バナナとマルティニークの歴史です。バナナは、海外の島の最初の作物であり、最初の輸出品である。そして、これは偶然の産物ではありません。1736年、政府はすべての奴隷所有者に、所有する奴隷1人につき25本のバナナの木を植えることを義務付けた。バナナの木は、奴隷が自由に植えることを許された最初の植物となった。彼らの日常生活の中で、メインの植物となったのです。

バナナの木は、私たちだけでなく、南の国々にとっても大きな意味をもっているのです」。それはアフリカでもオーストラリアでも同じです。それは、失われた楽園の果実です。バナナの塊は幸運を呼ぶ。そして、最初のバナナの房は、家族で食べます。5人の従業員とともに働くシャーリー・ビロットは、「これらは、私がどこでも見つけた儀式です」と言う。

Kadalysは製品開発のために、生産者から原材料を無償で集め、加工を外注しています。”長期的には、大量の廃棄物を回収し、生産者にお金を払うことで、実業界のプロジェクトを展開することを考えています。現在、来年の工場建設のための調査を行っている最中です」と、エコサート認証を受けたこのブランドの創設者は説明する。その成功と成長の可能性を証明するように、同社は最近、ロレアルのアクセラレーターによる20のスタートアップ企業の1社に選ばれ、その発展を支援しています。

カダリスブランドを生み出した、マルティニーク出身のシャーリー・ビローさん(44歳)。カダリス
カダリスブランドを生み出した、マルティニーク出身のシャーリー・ビローさん(44歳)。カダリス

https://www.rfi.fr/fr/hebdo/20180518-cosmetiques-antilles-bananes-dechets-economie-circulaire

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks