フランスは、肉代替品のラベリングに対する新しい一斉射撃を準備します

フランス政府は月曜日、植物ベースの製品を記述するために「ステーキ」や「グリル」などの肉関連の用語を使用することに反対する新しい法令を準備していると述べた。

その最新の法令は「消費者と生産者の正当な期待に応える透明性と誠実さの問題」である、とマルク・フェスノー農業大臣は声明で述べた。

フランスの食肉サプライチェーンの農家や企業は、消費者を混乱させると主張して、「植物ベースのハンバーガー」や「ビーガンソーセージ」などの用語に長い間異議を唱えてきました。

しかし、そのような言葉を保護する2022年の法令は、国の最高行政裁判所によって停止された。

国務院は最終判決の前に欧州司法裁判所(ECJ)に指導を求めたが、パリの農業省は、裁判官の苦情を考慮して新しい言語命令をすでに準備したと述べている。

この法令は、詳細な食品表示規則と照合するために欧州委員会に提出されました。

しかし、「植物ベースのステーキ」という用語は40年以上前から使用されています」と、ビーガンとベジタリアンの代替品のメーカーを代表するプロテインズ・フランス組織の弁護士、ギヨーム・ハノタンは言いました。

フランスの新しい法令は、牛乳とは異なり、厳格な法的定義を欠いており、一般的な使用の用語で参照できる製品のラベリングに関するEU規制にまだ違反している、とハンノティンは主張した。

プロテインフランスからの苦情によって引き起こされた政府の最新の動きは、「ECJの前に進行中の手続きを魚雷する」と彼は付け加えた。

(ニュースワイヤー)

https://www.rfi.fr/en/france/20230905-france-readies-new-salvo-against-labelling-for-meat-substitutes

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1525
Enable Notifications OK No thanks