グリーン水素生産

エマニュエル・マクロンは、水素部門に19億の新たな後押しを発表したばかりです。水素が再生可能エネルギーと水から生成できる場合、石油やガスからも発生する可能性があります。では、水素は本当に将来の生態学的解決策になるのでしょうか?

フランスでは、2030年までに国をセクターのリーダーにするという野心を持って水素を開発するために、フランスに約90億ユーロを投資する必要があります。フランスエネルギー評議会は、水素が2050年にヨーロッパおよび世界中で使用されるエネルギーの最大25%を占める可能性があると推定している。
ノワールムティエから数キロ離れたカキ養殖業者の小屋の間に、大西洋岸に十数基の風力発電機が並んでいる。そのうちの3台は、すぐ近くにある水素プラント、つまり水から得られるエネルギーに満ちた小さな分子である二水素を動かしています。Antoine Hammondは、Lifeのオペレーションディレクター。

海水である塩水を汲み上げて、まず淡水化するのです。そして、この水を脱塩して、純水を得るのです。なぜなら、水素は水の分子H2Oから発生するからです。そして、この水分子を壊して片側の水素を回収し、酸素を発生させるというわけです。

1キロの水素を製造するごとに、8キロの酸素が大気中に放出される。化学反応は大きなタンクサイズの電気分解機で行われ、最終的には1日1トンの水素が生産される予定です。そのガスを圧縮して瓶詰めし、消費できるようにする。

この敷地は、ラ・ロッシュ・シュール・ヨンに相当する都市に、バスやゴミ収集車などすべての用途を供給することが可能です。人口5万人の都市のすべての用途を網羅。

水と再生可能なエネルギーだけで、温室効果ガスを排出しないグリーン水素を製造することが、ライフの課題である。しかし、このプロセスは高価であり、多くの電力を消費します。これから爆発的に増えるであろう需要に応えるために。そのため、水の代わりに石油で作る安価な水素を提唱する人もいます。問題は、CO2回収技術があるにもかかわらず、この方法では酸素を放出する代わりにCO2が放出されることだ。NGO「地球の友」のロボット、アンナ・レナさんは注意を呼びかける。

成熟していない、高価すぎる技術が、あらゆる用途に対応する奇跡のソリューションとして紹介されることには、警戒が必要だと思うのです。水素はエネルギー転換の中で位置づけられるが、化石産業が提示するものに比べればはるかに小さい。

高いコストと平凡な効率。フランス・ストラテジーの科学アドバイザーであるエティエンヌ・ベッカー氏は、「水素は電気を補完するものではない」という。

水素が使えるのは、脱炭素化が難しく、鉄鋼や精錬製品、肥料を作るのに電気を直接使えない一定のケースに限られる。そして、この地域は、いわば最初に植民地化する必要がある地域なのです。

水素の限界にもかかわらずフランスのエネルギー委員会によると、ヨーロッパにおけるこの分野の開発投資は、2050年までに9000億ユーロを超える可能性があるという。

グリーン水素生産 – powered by Happy Scribe

ノワールムティエから数キロ離れたカキ養殖業者の小屋の間に、大西洋岸に十数基の風力発電機が並んでいる。そのうちの3台は、すぐ近くにある水素プラント、つまり水から得られるエネルギーに満ちた小さな分子である二水素を動かしています。Antoine Hammondは、Lifeのオペレーションディレクター。

海水である塩水を汲み上げて、まず淡水化するのです。そして、この水を脱塩して、純水を得るのです。なぜなら、水素は水の分子H2Oから発生するからです。そして、この水分子を壊して片側の水素を回収し、酸素を発生させるというわけです。

1キロの水素を製造するごとに、8キロの酸素が大気中に放出される。化学反応は大きなタンクサイズの電気分解機で行われ、最終的には1日1トンの水素が生産される予定です。そのガスを圧縮して瓶詰めし、消費できるようにする。

この敷地は、ラ・ロッシュ・シュール・ヨンに相当する都市に、バスやゴミ収集車などすべての用途を供給することが可能です。人口5万人の都市のすべての用途を網羅。

水と再生可能なエネルギーだけで、温室効果ガスを排出しないグリーン水素を製造することが、ライフの課題である。しかし、このプロセスは高価であり、多くの電力を消費します。これから爆発的に増えるであろう需要に応えるために。そのため、水の代わりに石油で作る安価な水素を提唱する人もいます。問題は、CO2回収技術があるにもかかわらず、この方法では酸素を放出する代わりにCO2が放出されることだ。NGO「地球の友」のロボット、アンナ・レナさんは注意を呼びかける。

成熟していない、高価すぎる技術が、あらゆる用途に対応する奇跡のソリューションとして紹介されることには、警戒が必要だと思うのです。水素はエネルギー転換の中で位置づけられるが、化石産業が提示するものに比べればはるかに小さい。

高いコストと平凡な効率。フランス・ストラテジーの科学アドバイザーであるエティエンヌ・ベッカー氏は、「水素は電気を補完するものではない」という。

水素が使えるのは、脱炭素化が難しく、鉄鋼や精錬製品、肥料を作るのに電気を直接使えない一定のケースに限られる。そして、この地域は、いわば最初に植民地化する必要がある地域なのです。

水素の限界にもかかわらずフランスのエネルギー委員会によると、ヨーロッパにおけるこの分野の開発投資は、2050年までに9000億ユーロを超える可能性があるという。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/reportage-france/20211202-la-production-d-hydrog%C3%A8ne-vert

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks