フランス・ポルトガル・スペインの水素パイプラインプロジェクトH2Medのドイツへの拡張

「H2Med」と呼ばれる、ヨーロッパでの水素の使用を開発することを目的としたパイプラインプロジェクトは、ドイツに拡張されます。これは1月22日日曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がドイツのオラフ・ショルツ首相との共同会議で発表した。二人ともパリとベルリンの和解条約60周年を祝うためにパリで会った。スペイン政府は合意に達したことを確認した。

地中海の下に位置するこの回廊は、イベリア半島からフランスと北ヨーロッパまで、再生可能エネルギーを使用したプロセスを使用して電気分解によって水から作られた緑の水素を輸送します。このインフラストラクチャは、毎年約200万トンの水素、つまり欧州連合の推定水素需要の10%を輸送すると予想されています。

2030年に稼働する予定のこのプロジェクトには、15億ユーロの費用がかかるはずです。しかし、それはドイツへの延長を数えずにした。「ヨーロッパの資金のおかげで、ポルトガル、スペイン、フランス(…)を、この水素インフラ戦略のパートナーとなるドイツに結びつけるH2Medプロジェクトを拡大することを決定しました」と、フランスの大統領がドイツのオラフ・ショルツ首相との共同記者会見で述べた。

これにより、大規模に生産されたクリーンエネルギーへのアクセスを提供することで、欧州産業の脱炭素化を加速することが可能になるはずです。しかし、このプロジェクトは懸念を提起します。グリーン水素はまだ駆け出しの技術であるため、多くの専門家はその経済的実行可能性に疑問を呈している。実際、この市場がいつ離陸し、いつそれを輸出するのに十分な量を生産することができるかは不明です。

https://www.rfi.fr/fr/%C3%A9conomie/20230123-extension-%C3%A0-l-allemagne-du-projet-de-pipeline-franco-portugais-espagnol-d-hydrog%C3%A8ne-h2med

水素、未来のエネルギー?

グリーン水素生産

水素計画:「シンプルで完全に高潔なプロセス」

緑の水素、ヨーロッパの新しい地平線

フランス:国家水素生産のための70億ユーロの計画

ドイツ:世界初の水素列車の試運転

気候:ドイツは水素で「世界ナンバーワン」になりたがっている

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 936
Enable Notifications OK No thanks