パリの精神科医が教える「人見知りを克服する方法」とは?

タイミング悪く赤面してしまったり、人前で話すのが怖くてパニックになったり、断れなかったり…。人見知りは、しばしばハンディキャップとして経験されます。

タイミング悪く赤面してしまったり、人前で話すのが怖くてパニックになったり、断れなかったり…。人見知りは、しばしばハンディキャップとして経験されます。

スポットライトを浴びるとすぐに消えてしまうような夢を見て、どうやって自己主張すればいいのでしょうか。どうすれば、この手を差し伸べることの難しさを克服できるのでしょうか。人見知りは治るのか?

Dr Marie-Claude Gavard、パリの精神科医、サイコセラピスト、精神分析医。著書に『Mais qu’est-ce qui se passe dans ma tête?』(マラバウト社刊)がある。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/le-conseil-santé/20211201-psychologie-peut-on-dépasser-sa-timidité

 

メールマガジン購読

[ja] 心理学私たちは彼の内気さを克服できますか.mp4 – powered by Happy Scribe

Dr. Marie-Claude Gavard おはようございます。こんにちは。

あなたはパリで精神科医、心理療法士、

精神分析医として活躍していますね。

人見知りとは?

性格的特徴、感情、社会恐怖症?

だから人見知りは当たり前、もう当たり前。

教育的な意味で最もよく使われる圧力の結果で

自分自身や世界に対する見方を狂わせるものです。

そして、この人見知りを不安障害とどう区別するのか

人見知りには不安障害がある場合があり、

それは複合的なものです。

とにかく人見知りはストレスの原因になります。

ほとんどの場合、管理することが非常に困難です。

それゆえ、この恥ずかしがり屋に働きかけることが重要で

自信を取り戻し、

他者への信頼を得ることは可能です

そうでなければ常に苦しみ続けることになる。

その仕事とはどのようなものなのでしょうか。

そのためには、教育的な間違いがあったという点で、

何が起こったのかを理解する必要があります

それで、一般的に、同じようなことがよくあるので、

例えば、学校の成績に大きなプレッシャーをかけてきた親が、

不安になって、後で何もしなくなるという

批判があることがわかります。

子どもは失敗ノイローゼになるんです。

兄弟比較がある場合、双子のレベルでは

或いは兄弟で、一人を切り捨て、一人を過大評価することによって

不安や自信のなさを生み出します。

そして、子どもは、自分はいつも吸われるから、

何が起こったかを理解して

前に進むことができると考えているのです。

もちろんです。ガバード博士、ありがとうございました。

本にサインはしてくれました

マラバウト社刊の「私の頭の中はどうなっているんだろう?」

そして今日、12月1日、世界エイズデーです。

後日オープン予定

アビジャン、バマコ、ロメで動員されているこの闘争の主体者に。

より良い予防、発見、治療、サポートのために

HIV AIDSについて話すこと。

10分後に会いましょう。

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667