【フランスから来たコスメブランド】L’Occitane ロクシタン

L’OCCITANEロクシタンはフランスの化粧品企業です。
1976年にプロヴァンスで生まれました。
プロヴァンスで栽培されているハーブを使った製品で有名です。
自然派の化粧品としてとても人気があります。



ロクシタングループには下記のブランドがあります。

  • L’Occitane en Provence(プロヴァンスのオクシタ)
  • ブラジルのオクシタン
  • AlconeのLimeLife
  • メルヴィータ
  • エルボリアン
  • エレミス
  • デュオラブ

 

比較的遅れているフランス企業の慈善活動に関してもフランスをリードする企業です

▶関連記事:フランスで増加している企業慈善活動

シアバターのボディークリーム

シアバターボディークリーム

上記記事でも述べられていますが、アフリカの経済を支えている製品です。

アフリカのシアバターを有名にした企業です。

シアバター100%のボディークリームは初期のロクシタンの看板商品でした。

ショップの立地も似ているイギリスのBodyShopとボディークリームの人気を二分するほどでした。おしゃれな人はL’Occitaneを選びます。当然ですが、、、

シアバターは融点が36度なので、固形ですが体温でちょうど溶けるのです。そして、人の油脂に近い性質で、肌になじみ高い保湿力と保護力になります。オレイン酸や様々な美容成分が含まれているので、天然成分だけなのに理想的なクリームなのです。

このため、色々な使い方が出来ます。一見べとつくかなと思っても使っていくと本当に良い製品です。

プレゼントに人気なハンドクリーム

 

ハンドクリーム チェリーブロッサム

そして、次に有名なのがハンドクリーム

手ごろな価格で買える上に当時高品質なちょっと高級なハンドクリームがそれほど無かったので、ちょっとしたお土産やプレゼントに若い女性に大人気となりました。もちろん自分へのご褒美としても、、、

ロクシタンの特徴は天然のアロマをベースとした香りです。この香りの種類も色々あります。昔からあって、今でも人気なのが「チェリーブロッサム」です。桜ですね。桜に香りは無いと思いますので、意図的に付けた香りだと思いますが、今でも人気です。3本セットでもらうと必ず1本入っていたりします。

最近では「ヴァーベナ」系の製品が人気です。レモンのような香りですが、もっと落ち着いた良い香りです。ヴァーベナとついた製品だけでも数種類あるとおもいます。

王道はラベンダーでしょう。プロバンスと言えばラベンダーですし、ロクシタンはよくキャンペーンでラベンダーのブーケを配っていたりとラベンダーの製品が大変多いのです。

 

いずれにハンドクリームもシアバターが主な保湿成分です。ただ、シアバター100%ではないので、とても柔らかくて塗りやすい製品です。ぜひ一度は使って観て欲しい製品ですね。

その他、スキンケア製品全般、ヘアケア製品全般、香水など多彩な製品があります。

いくつかおすすめのシリーズをご紹介します。

フレグランス

ロクシタンの香水

香水と言えばフランスですが、それはほとんどパリのブランドです。ロクシタンは原材料の地プロバンスらしく、アロマオイルに近いイメージです。

男性にも使いやすい香りで、ユニセックスで使えると思います。こちらの香水は、細長いペンのような形状の香水が多く、1回の噴霧量もあまり多くはないので、安心して使えると思います。

おすすめは、エルバヴェール
プロバンスで栽培されたハーブが使われている香水です。
ホーリーグラス、ネトル、クラリセージが使われて、落ち着いた香りです。
瞑想を誘う香りだそうです。心を清らかに澄みわたらせてくれます。

ヴァーベナもいいですね。
レモンの香りがアクセントですが、優しい品のある香りです。
ロクシタンでは人気No.1のフレグランスだそうです

スキンケア

イモーテルシリーズがおすすめです。イモーテルとは花の名前ですが、500種類もあるそうです。この中から肌に有用な成分を多く含むコルシカ島の1種類のみを使用しているそうです。肌を置くから整え、キメと弾むようなハリのある肌に導くそうです。

 

 

ロクシタンが香港証券取引所に参入

フランスでのロクシタン製品の生産は、香港の証券取引所への上場によって疑問視されていない。「私たちの強みを作るのは「フランス製」です」と経営陣は言います。ロイター/B。イップ

フランスの化粧品グループL’Occitaneは、4月26日月曜日に香港証券取引所に参入します。この金融センターに上場した最初のフランスのグループです。新興アジア諸国における美容および高級企業の関心の高まりの兆候。

1976年に設立されたプロヴァンス、ロクシタンのような美容製品グループは、レセプションが肯定的であれば、最大8億ドルを調達することを期待して香港証券取引所に参入しています。目標は、ブランドを開発し、危機にもかかわらず市場が成長し続ける世界の地域であるアジアに店舗を設立することです。これは特に中国とインドの場合です。

アジアはオクシタンの売上高の40%を占めており、ブランドは手頃な価格でありながら高級品として認識されています。世界中の1,500店舗のうちすでに470店舗あり、中国にはさらに約40店舗がオープンする予定です。

ロクシタンは2009年に7億3000万ドルの売上高を達成し、その75%はヨーロッパ外だった。世界中で4,000人の従業員を雇用しています。アジアの金融センターへのヨーロッパまたはアメリカの企業の導入は、それ自体を主張している傾向ですが、オクシタンは香港で実験を試した最初のフランスのグループです。

https://www.rfi.fr/fr/contenu/20100425-occitane-entre-bourse-hong-kong

【ロクシタン オンラインショップ】

Wikipediaフランス語版には下記のように記載されています。

ロクシタングループ

ロクシタングループ(L’Occitane International S.A.)は、2000年に設立され、オリヴィエ・バウサンによって1976年に立ち上げられたブランドL’Occitane en Provenceに由来する化粧品部門の会社です。そのグループはプロヴァンスで生まれました。本社はルクセンブルクにあり、運営本部はジュネーブにあり、香港証券取引所に上場しています。

同社は、ラベンダー、バーベナ、オリーブオイルなど、プロヴァンスで栽培されている植物の天然化粧品を専門としています。これらの製品は、その歴史的なブランド、ロクシタン・アン・プロヴァンスを通じて販売されています。そのオファーは2000年代初頭から拡大し、国際化とメルヴィータ、エルボリアン、エレミスなどのブランドの買収に拡大しています。ロクシタンはまた、約30カ国に90のスパ「ロクシタンスパ」をオープンしました。

このグループは現在、90カ国に約1,600店舗を持ち、約9,000人の従業員を雇用しています。

歴史

1976年から1992年:プロヴァンスでの設立と開発

1976年、23歳の文学学生であるオリヴィエ・バウッサンは、ローズマリー、ケイド、杉、カモミールなどのプロヴァンス植物やプロヴァンス植物のハーブからエッセンシャルオイルを蒸留しました。その後、Forcalquier、Manosque、Digneなど、彼の作品、バブルバス、シャンプーを市場で販売しています。

同年、彼は化学者のイヴ・ミルーと提携し、ブランド「ロクシタン」を創設し、今まで「オー・ド・プロヴァンス」というブランドで製品を販売していました。翌年、アルプ・ド・オート・プロヴァンス県マノスクにブランド初の店舗「Au Relais de l’Occitane」をオープンしました。1981年、プロヴァンスにも最初の「ロクシタン」工場がボルクスにオープンした。最初のパリの店は19922年にオープンした。

1992年から2001年:資本の開設と国際化の始まり

開発は主にフランチャイズを通じて行われていましたが、同社は1980年代後半に現金を使い果たしました。その後、Indosuez BankとCrédit Agricoleの子会社であるNaturalの2人の投資家に資本を開放します。その後、ナチュラルは資本の90%を取得するために4000万フランを支払います。当時、800万ユーロの売上高を達成した同社は、売上高の20%に相当する損失を記録しました。

1994年、化粧品包装で財産を稼ぎ、現在でもロクシタングループの過半数の株主であるオーストリアのライノルド・ガイガーがキャピタルに入りました。その後、彼は同社の株式4の3分の1に300万ドルを投資しますが、当初は日々の経営から離れていました。1997年になって初めて、Natural6の株式を購入した後、ガイガーは会社に完全に関わり、社長になりました。

ガイガーは今回、自社店舗のオープンに伴い、国際化への道を歩む会社を立ち上げています。1995年から1997年の間に、最初の店舗は香港、ニューヨーク、そして東京にオープンしました。ブランドの起源を高め、そのアイデンティティを維持するために、彼は元の名前「ロクシタン」に「アンプロヴァンス」を追加し、ブランドのオリヴィエ・バウッサンのアーティスティックディレクターを任命します。

2000年、ライノルド・ガイガーはルクセンブルクにロクシタン国際SAを設立し、グループの持株会社の本社となった。

2001年から2010年:多様化と慈善活動

2001年、同社はブラジルのサンパウロに最初のスパをオープンしました。化粧品ブランドCouvent des Minimesは、マネ村(アルプ・ド・オート・プロヴァンス)の旧修道院で、同じ名前を採用したスパ施設と同時に2004年に設立されました。2017年1月にFiloorga研究所に売却されました。

2008年、ロクシタンは250人の従業員を抱える中小企業であり、Melvita13ブランドの保有者であるアルデシュ社メルビタプロダクションを買収しました。

2010年から2020年:IPOと新興市場

2010年4月26日、ロクシタンは資本金の25%を売却することで、香港証券取引所に上場した最初のフランスグループになりました8。香港証券取引所でのこの紹介は、売上高の49%がアジア太平洋地域で行われているという事実によって動機づけられています。目的は、悪名度を増やし、偽造と戦うことによってアジアで追加の市場シェアを求めることであり、一部の中国企業は製品とブランドアイデンティティを引き継ぐと非難されています。

2012年、自然化粧品に特化した新しい研究開発研究所がマノスク16に発足しました。100人の研究者と専門家のチームが含まれています。ロクシタンはまた、同じ場所に新工場を買収し、生産能力を1億8000万台に増やしています。

2012年、ロクシタンは6年前に作られた韓国の小さな化粧品ブランド、エルボリアンを買収しました。翌年、グループは南米市場に初めて参入することを目的として、ブラジルに新しい子会社ロクシタンを設立しました。これにより、現地開発により、税関障壁や特定の製品の輸入禁止など、価格に対する特定の上向きの制約を回避するため、ブラジルの人口に購買力14に沿ったさまざまな製品を提供できます。それは完全に国の花とサボテンの作物からの生産を主張し、ブラジルでのみ販売されることを意図しています。

2014年、ロクシタングループは、痩身の美徳をクリームに誤って起因させ、虚偽の広告で米国で起訴を避けるために45万ドルを支払うことに同意した。声明の中で、米国競争当局である連邦取引委員会は、以前に会社と1月に締結した本契約を検証したと説明しています。グループは翻訳エラーを申し立て、罰金を支払った後に通信メディアを変更するために必要な措置を講じたと発表した。

2015年、同社は本社をルクセンブルクに移転することを選択し、税の最適化の疑いを煽った。

グループL’Occitaneは、2018年にもともと映画制作を専門とするAlconeのアメリカのスタートアップLimeLifeを買収しました。

2019年1月、ロクシタンは、英国の高級スキンケアセグメントのリーダーである英国の美容製品グループエレミスの買収を発表しました。この取引は8億ユーロに達し、ロクシタン21史上最大の買収となった。

2020年以降

2020年の初め、ロクシタングループは年間売上高16億ユーロを達成し、そのうち92.8%はフランス国外だった。90カ国に存在し、3,486ポイント販売22。10月、Covid-19パンデミックに関連する経済危機の後、グループは行政機能と本部23で300人の雇用を失ったと発表した。M&L研究所ではフランスでは60ポジションが排除され、マノスクでは54、パリでは6ポジションが廃止されています。経営陣は、雇用と自発的な出発または再分類を保護する計画を通じて、強制的な出発なしで再編を望むことができると述べています。2月末、グループはCovid-19に関連する市場の衰退により、米国子会社L’Occitane en Provenceが米国破産法25の第11章の下に置かれたと発表した。

2021年4月、ウクライナ侵攻後にロシアに課された制裁の一環として、グループは数週間前にロシアの独自のショップや電子商取引サイトを閉鎖し、ソーシャルネットワークで誘発したと宣言した後、製品のボイコットを求めた。

グループ活動

ブランド

ロクシタングループは、歴史的なブランドであるロクシタン・アン・プロヴァンス、南米版であるブラジルのロクシタンを含む6つの化粧品ブランドを結集しています。他の4つは、2008年のアルデシュ・メルヴィータ、2012年の韓国のエルボリアン、2018年のアルコーネによるアメリカンライムライフ、2019年のブリティッシュエレミスというロクシタングループが買収した企業から来ています。ロクシタンはまた、201712年にフィロルガ研究所に売却されたル・クーヴァン・デ・ミニムブランドを作成しました。

2000年代初頭から開始されたこれらの買収は、グループの多様化と国際化を目的として作られています。ライノルド・ガイガーは2013年に新聞ル・モンドに次のように語った。「5年後、「ロクシタン・アン・プロヴァンス」はグループの活動の90%ではなく60%を表したい。2013年度、グループは90カ国と2,364のブランドに存在し、売上高の92.1%が海外で実現しました。

ロクシタン・アン・プロヴァンスはグループの歴史的ブランドです。1976年に同名の会社と同時にロクシタンの名前で作成され、グループが国際化するにつれてプロヴァンスのルーツを高めることを意図しているライノルド・ガイガーの推進力の下で現在の名前を取ります。

アルデシュの会社メルヴィータは、1983年に生物学者で養蜂家であるベルナール・シュヴィリアットによって設立されました。その範囲は、もともと蜂蜜から始まるじんましん製品から設計されており、石鹸、クリーム、または花の水が含まれています。このブランドは、化粧品にできるだけ多くの天然成分を使用することで、環境への敬意を強調しています。

ロクシタングループは2008年にメルヴィータを買収した。2014年、メルヴィータは275人を雇用し、約900成分の200の参考文献を提供しました。

エルボリアンは、カトリン・ベレニとイ・ホジュンによって2006年に設立されたフランスと韓国の化粧品ブランドで、その大半は201229年にロクシタングループに買収されました。「東洋ハーブ」という用語から名前が付けられたエルボリアンは、ケアとメイクの中間にあるハイブリッド製品を作成するために、伝統的な韓国の薬局方に触発されています。買収時点では、年間売上高約250万ユーロを達成しました。

エレミスは1990年に設立されたハイエンドの英国の美容ブランドで、グレートブリテンの高級スキンケアセグメントのリーダーです。2019年にロクシタングループによって7億8500万ユーロで購入され、史上最大の買収となった。

2022年3月、ロクシタングループは、ハイエンド化粧品とスキンケアを専門とするオーストラリアのブランドGrown Alchemistを買収しました。

生産および研究開発サイト

このグループは、フランスにマノスクとラゴルチェに2つの工場を持つ子会社Laboratoires M&Lを通じて、プロヴァンスとメルヴィータのほぼすべてのロクシタン製品を製造しています。ブラジルにある3番目の工場は、ブラジルのロクシタンブランドで販売されている製品を製造しています。グループ内の他のブランドの製品の製造は下請けされています。

エコデザインイニシアチブの中で、2019年、ロクシタンはループインダストリーズと提携して、エコリフィルおよび店内補充プログラムと並行して、202531年までにリサイクルポリエチレンテレフタレート(PET)包装のみを提供するプログラムを開始します。

コミットメント

ラベンダーのエッセンスとラベンダーのエッセンシャルオイルAOCロクシタン
このグループは、いわゆる「連帯」製品32を販売し、Dons Solidairesとパートナーシップを結び、協会33に寄付することで売れ残った製品を大切にしています33。

同社は1980年代に最初の慈善活動を開始し、カーボベルデの硬質石鹸の生産者と公正なパートナーシップを結んだ。ロクシタン財団は、特にプロヴァンスと地中海盆地で生物多様性を強化し、保護するためのイニシアチブを支援しています。そのため、フランスIUCN委員会34とパートナーシップを締結しました。

20世紀後半から、新しいいわゆる「生態学的」消費者の出現は、「天然」化粧品の分野でのシアの需要の高まりにつながり、セクターの業界はフェアトレードに乗り出しました。2001年、UNIFEMはシアバターを生産するブルキナーゼの女性から調達するためにグループと契約を交渉しました。兆候として、2011年には1キロの生バターの現地価格は30セントから1.5ユーロの間で変動します。フランスでは、ブランドは200ミリリットルの生バターで17〜33ユーロを販売しています。2013年、UNDPは地元の生産者を含むロクシタンの行動を歓迎し、伝統的なスキルを維持し、その経済モデルを「アフリカで最も革新的で包括的なもの」と考えています。

スポンサーシップ

2020年、このグループはスポーツ界、特にセーリングレースに投資している。フランスの船長アルメル・トリポンによるボートL’Occitane en Provenceは、Vendée-Arctique-Les Sables-d’Olonne 2020とVendée Globe 2020-2021に参加しています。

 

Antenne France
Antenne France
Articles: 737
Enable Notifications OK No thanks